おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

テーマ株の探し方!SBI証券なら簡単にテーマ株や関連銘柄が探せる。S株Now!の活用法

「アベノミクス」「AI(人工知能)」「フィンテック」「IoT」「インバウンド」といったように、今話題のテーマ・キーワードによってあらわされることが多いです。こうしたテーマによって将来の業績アップが期待されるということによって株価が上昇することがあります。

そんなテーマ株ですが、自分で探すのは結構大変です。その会社がどんな事業・サービスを展開しているのか?それぞれのテーマによって業績にプラスになるのか?ということを調べる必要があるからです。

そんなテーマ株探しに役立つSBI証券のS株Now!について今回紹介したいと思います。

SBI証券公式ホームページ

スポンサーリンク

テーマ株とは?関連株とは?

テーマ株や○○関連銘柄というのは、ある特定のサービスや産業において核となる技術やサービスに関連している銘柄のことを指します。

冒頭でも書いたように、様々なキーワードで連想されることが多く、「○○関連銘柄」といったように表現されることも多いです。

テーマ株投資は、今後○○が流行するということで、ワーッと盛り上がって買いを集めて株価が大きく上昇することがあります。

一相場を築くようなケースもありますが、中には期待先行、材料先行、連想買いに近いところもありますので、持続しないようなケースもあります。

 

テーマ株を簡単に探せて、少額で分散投資ができるS株Now!

SBI証券が2017年9月にサービスを開始した「S株Now!」というものがあります。

これはSBI証券が提示するいくつかの「テーマ」の中でそれぞれの関連銘柄10銘柄に小額で分散投資をすることができるというサービスになっています。

たとえば、2017年10月3日現在では以下のようなテーマ株が公開されています。ちなみに、こちらは毎月変更されるようです。過去のテーマ株も確認することができます。

  • リチウムイオン電池部材・部品関連株
  • 有機EL部材・部品関連株
  • インバウンド関連株
  • 選挙関連株
  • AIスピーカー関連株
  • 電気自動車関連株
  • 人工知能関連株
  • 国際優良株関連株
  • iPhone関連株
  • IoT関連株
  • 自動運転関連株
  • バイオテクノロジー関連株
  • 民泊関連株
  • 半導体製造装置関連株
  • eスポーツ関連株
  • 5G関連株
  • 防衛関連株
  • ロボット関連株
  • フィンテック関連株
  • 子育て支援関連株
  • 情報セキュリティ関連株
  • ビッグデータ関連株
  • MR関連株
  • 宇宙開発関連株
  • ブロックチェーン関連株
  • 人材関連株
  • アウトドア関連株
  • スポーツ関連株
  • スマホゲーム関連株
  • 設備投資関連株

 

テーマ株を構成する10銘柄に分散投資ができる

S株Now!では上記のような○○関連株にたいして10銘柄をピックアップしており、その10銘柄に対して10万円、20万円、30万円の資金で分散投資をすることができるようになっています。

普通に10銘柄を購入するととても10万円では足りないのですが、SBI証券は「S株」という単元未満株取引を提供しています。この仕組みを利用することで、各銘柄を1株単位で組み合わせることで、小額からの投資を可能にしているわけです。

単元未満株取引(プチ株、S株、ワン株)のメリット・デメリットと「ミニ株」や「るいとう」との違い
2013-04-25 15:37
ネット証券各社においてプチ株、S株、ワン株といった名称の「単元未満株取引」という取引が利用可能になっています。これは名前の通り単元株数未満の株を売買できるサービスです。少額から株式
リンク

 

投資目的じゃなくても活用できるテーマ株探し

S株Now!のサービスはSBI証券に口座を開設すれば無料で利用できます。実際に投資はしなくても、上記のテーマ株としてピックアップされている銘柄を調べることができます。

たとえば、新型iPhoneXの販売もあって話題になっているiPhone関連銘柄を見てみると

  • 村田製作所
  • アルプス電気
  • 日本航空電子工業
  • TDK
  • フォスター電機
  • 太陽誘電
  • SMK
  • ソフトバンクグループ
  • ソニー
  • ローム

といった企業が登録されています。こんな感じで、自分が今後注目したいテーマ株に関係しそうな銘柄を探すときにもかなり役立ちそうなサービスです。

 

手数料はS株扱いなので現物株より少し高い

S株Now!を利用した投資は10万円、20万円、30万円の3コースの中から特定のテーマ株を選択してまとめ買いをすることができます。

手数料は売買金額の0.5%となります。通常の株取引の手数料は0.1%程度ということを考えると少しだけ手数料が割高ということになります。

ただ、売り買いで考えたら1%になりますが、テーマ株関連の投資信託を買うよりは低コストで買えそうです。また、情報だけ見ることもできるので、テーマ株の中身(銘柄)を見て、ピックアップした銘柄を単品買いすることだってできます。

 

証券会社の情報ツールは無料で賢く活用しよう

今回のS株Now!はSBI証券に口座を開設すれば無料で利用可能です。

今回のツールもそうですが、証券会社では様々な情報ツールと投資家である私たちに提供してくれています。こうした情報は投資はもちろんですが、日々の生活や仕事なんかにも役立てることができます。

ぜひとも賢い投資家・消費者としてこうした情報やツールは上手に活用しましょう。

ネット証券最大手のSBI証券の特徴と評判。安定感抜群の総合ネット証券会社
2017-07-20 14:49
ネット証券の中でも口座開設数ナンバーワンの証券会社がSBI証券です。利用者が多いということはそれだけ支持されているということ。当ブログでもSBI証券については様々なサービスや特徴を
リンク

SBI証券公式ホームページ

 

余談ですが、証券会社が無料で提供してくれるツールとして、以下の記事で紹介したような日経テレコンとかも役立ちます。

日経新聞の記事や過去記事の検索ができる日経テレコン活用法
2011-07-25 15:38
経済系の新聞といえば日経新聞(日本経済新聞)がとても代表的な新聞ですね。日経新聞は電子版もありますが、無料で読めるのはダイジェストだけです。全文を読むためには電子版として4,200
リンク
スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP