おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

スマホ決済のPayPayの使い方と評判。メリット、デメリットを紹介

スマートフォン決済サービスのPayPay(ペイペイ)はYahoo!JAPANとソフトバンクが共同出資している決済サービスです。

QRコードを読み込むことで決済ができるサービスで、近年様々な会社が取り組みを進めていますね。そうした中でもPayPayはサービス開始が2018年10月と、どちらかというと後発組になりますが、Yahoo!JAPAN×ソフトバンクの強力な資金力でバラマキともいえる方法で普及を促進しています。

そうした還元施策も奏功しており、加盟店、利用者ともに急激に伸ばしているスマホ決済サービスとなっています。

今回はそんなスマホ決済のPayPayの使い方や評判、メリット、デメリットなどについて紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそもスマホ決済・コード決済とは?

スマートフォンにアプリをインストールし、そのアプリを通じて店舗でQRコードを読み込む、またはレジでQRコードを読み取ってもらうことで決済を行うサービスです。

  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • d払い
  • origami Pay
  • Amazon Pay

こうしたQRコード決済サービスについて上記のように色々な種類があります。こうしたコード決済はお店側がほとんど投資しなくても導入できるという点で、中国を中心に普及してきました。

“キャッシュレス推進”の元で、日本でも普及の兆しを見せています。

スマホ決済・コード決済の仕組みとサービスの比較
2019-10-07 04:06
スマホ決済・コード決済というモバイル決済をご存知でしょうか? 従来のモバイルを利用した決済手段としては、おサイフケータイや、Apple Pay、Google Payなどがよく
リンク

 

PayPayの特徴と仕組み、利用の仕方

PayPayは冒頭でも紹介したように、Yahoo!JAPAN×ソフトバンクによるスマホ決済サービスです。

お持ちのスマートフォンにアプリをダウンロードし、SMS認証、支払い情報を登録するだけでスタートすることができます。

  • お店での決済
  • PayPay残高の送金

の機能があります。お店での支払いだけでなく、利用者同士でお金(PayPay残高)のやり取りをすることもできるわけですね。

 

PayPayの利用登録

まずは、アプリをインストールしましょう。そのうえで、携帯番号+パスワードで登録をするか、Yahoo JAPAN IDを使って登録することもできます。なお、PayPayを活用するにはYahooIDとの連携があったほうが使い勝手がいいです(登録はPayPayのアプリからでも可能です)。

現在はキャンペーン中ではじめてのPayPayチャージでもれなく1,000円分のPayPay残高がもれなくプレゼントとされます。5000円分のチャージで6000円分のお買い物ができることになります。

PayPay公式ホームページ(iOS)

PayPay公式ホームページ(Android)

 

PayPayでの支払い方法

大きく3つあります。

  • チャージ済みのPayPay残高から支払う
  • Yahoo!マネーからの支払い
  • 登録したクレジットカードから直接支払い

順番に説明していきます。

 

1)チャージ済みのPayPay残高から支払う

事前に銀行口座やクレジットカードなどを使ってPayPayにチャージをします。Suica、楽天Edyといった電子マネーと同じ感じですね。

銀行口座からのチャージはYahoo!ID(Yahoo!ウォレット)に登録している銀行口座からのチャージとなります。登録はすぐにできます。また、「ヤフーカード」からのチャージも可能です。

ただ、銀行口座経由でもヤフーカード経由でもポイント還元は同じですので、どちらでも構いません。クレジットカード作成は時間がかかるので、銀行口座からのチャージでも全く問題ありません。

最初にも書きましたが初回チャージは5,000円以上だと1,000円分のPayPay残高がもれなくプレゼントされるので、1回目は5,000円以上のチャージをお勧めします。

 

2)Yahoo!マネーからの支払い(2019年9月にPayPayuに統合)

Yahoo!マネーはヤフーで利用できる電子マネーです。いままでYahoo!マネーを使っている人にとっては便利かもしれませんが、これまで使ってこなかった人があえて、Yahoo!マネーを選択する意味はあまりないような気がします。

Yahoo!マネーのメリット、デメリット、活用方法のまとめ(PayPayにサービス移行)
2019-10-03 01:29
Yahoo!Japanが提供する新たな電子マネーがYahoo!マネーです。Yahoo!Japanが提供しているYahooショッピング、LOHACO(ロハコ)、ヤフオクなどで利用可能
リンク

→2019年9月30日にYahoo!マネーはPayPay残高へと引き継がれました。PayPayアプリを通じて統合を行ってください。

 

3)登録したクレジットカードから直接支払い

PayPayでは、あらかじめクレジットカード、ブランドプリペイドカード、デビットカードを紐づけしておくことで、それらのカードを使って直接決済することも可能です。

  • VISAブランド
  • MasterCardブランド
  • JCBブランド(ヤフーカードのみ)

に対応しています。

ただ、ヤフーカード以外のクレジットカードの場合、PayPayのポイント還元がゼロとなってしまうのでおすすめはできません。

 

PayPayのポイント還元

PayPayのポイント還元は支払い方法によって変わります。
※2019年10月以降分

  • チャージ済みのPayPay残高からの利用:1.5%
  • ヤフーカード決済:1.5%(ヤフーカード分のポイント還元を含む)
  • 他社クレジット決済:還元なし

なお、上記のポイント還元上限は15,000円/月となっています。

クレジットカードの一般的なポイント還元率(0.5%~1.0%程度)と比較しても還元率が高いですね。また、上記の基本の還元の他に、PayPayチャンスとして、毎月変わる還元施策があります。

 

毎月実施、いつもどこかで「ワクワクペイペイ」

月替わりで実施される、特定のお店やサービスでPayPayを使うことで還元が受けられます。

  • スーパーでのPayPay利用で10%還元
  • ○○のお店でのお買い物で××プレゼント
  • 自販機でのPayPay利用で○○円還元

といったように、月替わりで色々なイベントが行われます。

 

国のキャッシュレス・ポイント還元事業ももちろん対象

2019年10月からの消費税増税による国の施策である消費者還元事業の対象です。

また、この還元事業に合わせてPayPayでは、消費者還元事業対象店舗での決済で最大10%が還元されるキャンペーンも実施します。

 

PayPayを使った送金も可能

お友達などPayPayユーザーに送金をすることができます。送金できるのはPayPay残高です。

なお、PayPay残高は「チャージした分(PayPayライト)」「ボーナスポイント等(PayPayボーナス)」に分かれています。普通に買い物で使うときはどちらも関係ないのですが、友達への送金に関しては「PayPayライト」のみ利用できます。

 

あえてPayPayを使うメリットは何?

すでにクレジットカードや電子マネー、おサイフケータイ、ApplePayなどを利用していて、わざわざアプリを使って決済するPayPayを使うメリットを感じない方も多いかもしれません。

一つは、キャンペーンやポイント還元が既存のクレジットカードや電子マネーを大きく凌駕するという点です。ポイント還元率も高く、ワクワクペイペイのような特典、キャンペーンは魅力的です。

もう一つのメリットは、特に地方で感じることが多いのですが、街の小さな飲食店などでのQRコード決済が広がりを見せているということがあります。

クレジットカードや電子マネーの場合はどうしても決済端末が必要になります。最近では「モバイル決済サービス」も使えるようになり、低コストでクレジットカードや電子マネー決済を導入できるようになってはいるものの、ネット回線は必要です。

QRコードだけを掲げればいいPayPayなどのスマホ決済だけが使える小さなお店というものもジワリと浸透してきており、キャッシュレスの広がりが見てきています。

 

PayPayにデメリットはないの?

デメリットといえば、支払にかかる時間はタッチ式の電子マネーなどと比較してかかります。

特にQRコード読み取りはアプリを起動、お店の用意したコードを読み取る、金額を入力、お店の方に見せるといったような流れが必要になります。

また、加盟店に広がりが見えるとはいっても、クレジットカードほどの広がりを見せているわけではなく、PayPayだけがあればどこでも支払いが可能というものではありません。

あくまでも、決済手段としてはクレジットカードや電子マネーなどの他のキャッシュレス決済と併用するサブ的な役割になると思います。

 

まとめ

PayPayはうまいなーって思いますね。ユーザーに対して極端な還元をすることで、まずは利用者側を増やす。利用者が増えれば、店舗側も導入に前向きになりますよね。

実際に、2019年10月1日にPayPayが発表したところによると、登録ユーザー数は2018年12月6日に100万人、2019年2月24日に500万人、2019年8月7日に1000万人へと推移。

利用できる加盟店は150万カ所となり、登録ユーザーと加盟店の増加に比例して増加した決済回数は累計1.7億回を突破したと発表しています。

サービス開始からわずか1年でここまで成長しています。加盟店の数も順調に増加していますので、お手持ちのスマホで利用できるような状況だけでも作っておくと、何かあった時にお得に決済できたりするはずです。

PayPay公式ホームページ(iOS)

PayPay公式ホームページ(Android)

 

以上、スマホ決済サービスのPayPayについて紹介しました。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP