おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Suicaを持っていないけどApple Payに登録したい人はモバイルSuicaの登録でOK

mobilesuicaApple Payの提供が開始されました。交通系ICカードでは唯一Suicaが対応しており、手帳型のiPhoneケースにSuicaなどを入れて電車やバスに乗っていた人たちもこれで解放されることになります。

その一方で対応しているのはSuicaのみで、PASMOや地方の交通系ICカードは非対応です。じゃあ、わざわざSuicaカードを作る必要があるのか?と言われればそうではありません。JR東日本が提供している「モバイルSuicaアプリ」を利用すればSuicaを持っていなくてもApple PayでSuica払いができるようになります。

スポンサーリンク

まずは環境を整えよう

まずはiPhone7/7PlusのOSをアップデートしてiOS10.1以上にする必要があります。アップデートしないとつけませんよ。ちなみに、このアップデートをすると、カメラのシャッター音を消すというバグ技が使えなくなるのでご注意ください。

 

モバイルSuicaアプリとは?

iOSをアップデートしたら、Suicaアプリをダウンロードします。

App StoreにApple Payスタートと同時に追加されたアプリです。
以下のモバイルSuicaアプリで登録を行えば、新規にSuicaを作ることができます。カードタイプのSuicaは500円のデポジット(保証金)が必要になりますが、モバイルSuicaの場合は無料です。

 

モバイルSuicaアプリで登録をする

Suicaアプリを起動すると「Suica発行」というボタンがありますので、こちらで登録をします。無記名式SuicaとMy Suica(記名式)の二つがあります。サクッと作るなら無記名式が簡単です。

登録をしてチャージ金額を決めると、Apple Payのロゴボタンが表示されるのでタップします。SuicaがWalletアプリに登録されて利用できるようになります。

なお、そのままの状態だとゼロ円の残高なので利用できません。チャージをするにはApple Payに登録したクレジットカードでチャージをする必要があります。ちなみにチャージをするときや定期券、特急券の購入の際にはモバイルSuica会員登録が必要になります。

 

このように比較的簡単な手順でSuicaを発行することができiPhoneに登録もできます。

ちなみにSuicaなど交通系ICカードは基本的に全国相互利用ができるようになっています。地方の方でiPhoneを使って電車やバスを利用したという方はこちらの方法も活用してみてください。

ただ、それぞれの交通系ICカードではポイントサービスなどの違いがあります。都内でも「SuicaとPASMOの比較」で紹介したように、利用方法や乗る電車などでもらえるポイントが変わってきます。

たとえば、福岡だとnimocaという電子マネーで西鉄電車(バス)を利用するとポイントがたまりますが、Suicaを使うとポイントはつきません。この辺りも総合的に考えてiPhone(Apple Pay)を使うか、使わないかを考えてみるのもよいかもしれません。

 

以上、Suicaカードを持っていない人向けのApple PayでもSuica利用方法を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP