おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

dカード(一般)とdカードGOLDを徹底比較。どちらのカードがお得?

2018/11/14最終更新   クレジットカードの活用術

ドコモのクレジットカードのdカードは、共通ポイントである「dポイント」が貯まるクレジットカードです。ドコモユーザー向けと思っている方も多いでしょうが、ドコモを使っていない方でも十分な特典とメリットがあるクレジットカードとなっています。

そんなdカードにはdカード(一般カード)とdカードGOLD(ゴールドカード)の2枚のラインナップがあります。この2枚のカード、年会費に差はあるのですが、使う人によってどちらのカードを使うかでお得度に大きな違いが出てくるカードになっています。

今回は、これからdカードを作ろうかなと考えている人向けにdカードとdカードGOLDの2枚のクレジットカードのどちらを選ぶべきなのか?ということを紹介していきます。

スポンサーリンク

dカード、dカードGOLDの基本スペックを比較

まずはこの2枚のカードの基本的なスペックを比較していきたいと思います。

dカード dカードGOLD
年会費 無料
翌年度は年に1度以上利用があれば無料。なければ1,250円(税別)
1万円+税
※家族カード1枚無料
国際ブランド MasterCard、VISA
ETCカード 〇(無料)
ポイントプログラム dポイント
ポイント還元
(クレジットカード利用)
100円利用につき1ポイント 100円利用につき1ポイント
ポイント有効期限 獲得から48か月後の月末
ドコモ利用料金の還元 1% 10%
dカード ケータイ補償 1年最大1万円まで 3年最大10万円まで(年1回)
国内旅行傷害保険 × 最高5000万円
海外旅行傷害保険 × 最高1億円
航空機遅延保険 ×
ショッピング保険 年間100万円 年間300万円

 

優秀なdカード(一般カード)の強みと一般カードがおすすめな人

dカード(一般カード)も実は優秀なクレジットカードです。

ネットなどの評判ではdカードGOLDが推奨されることが多いのですが、一般カードもお勧めできるクレジットカードです。

年会費の設定(1,250円)自体はあるものの年1回以上の利用があれば無料になるため、実質的に年会費無料のカードといっても差し支えないと思います。

それでいて以下のような特典もあります。

  • ポイント還元率は1%でdポイントなので使い勝手◎
  • dカードケータイ補償がセットされる

(ほぼ)年会費無料のクレジットカードとしては魅力的です。dポイントを貯めたいだけというのであればdカードでも十分だと思います。

dカード(一般カード)公式ホームページ

 

dカードGOLDを検討する価値がある人

年会費実質無料のdカードではなく、dカードGOLDについては年会費が1万円(税別)のクレジットカードです。ただし、「赤太字」のところの特典部分を書いているように、一般カードにはない大きなメリットもあります。

条件を満たしているのであれば、一般カードよりはゴールドカードにするほうが年会費を考えたとしても「金銭的なメリット」が生まれやすいです。

 

<前提条件>

  • ドコモの携帯電話を契約している

まず、前提となるのはドコモの携帯電話/スマートフォンを利用しているということです。正直、ドコモユーザーでないのであればdカードGOLDを利用するメリットはほとんどありません。

dカードGOLDの特典は「10%還元」「ケータイ補償」の二つが大きなものなので、その二つが期待できない非ドコモユーザーの方にはその特典がないのです……。

非ドコモユーザーの方でdポイントを貯めたいというのであれば、素直にdカード(一般カード)を作っておくべきです。

ゴールドカードが欲しいという場合でも、おそらく別のゴールドカードを選ぶほうが良いと思われます。

 

<付加条件>

さらに以下の点を満たしていればいるほどお得度は上がっていきます。

  • ドコモ光(光インターネット)の契約がある(契約してもよい)
  • 家族(できれば配偶者)がドコモを利用している
  • 3年程度で機種変更をしている、ドコモの携帯保険を使っている
  • 他にゴールドカードを持っていない

dカードGOLD公式ホームページ

 

ドコモ光(光インターネット)の契約がある(契約してもよい)

dカードGOLDの特典であるドコモ料金の10%還元は、携帯電話契約だけでなく、ドコモ光も対象です。ドコモ光はフレッツ光の光コラボと呼ばれるネット契約で、NTT回線を使った光回線となります。

ドコモ契約があると割引になるだけでなく、dカードGOLDの特典で10%還元となりますのでWでお得です。

光インターネット(フレッツ光)の契約がある方なら工事費無料で転用可能でし、ドコモの契約があればフレッツ光より料金もお得です。

フレッツ光とドコモ光の違いとドコモ光のメリット、デメリット、向いている人
2018-11-14 14:36
ドコモ光は、NTTドコモが提供している光回線サービスです。光回線インターネットというとNTTのフレッツ光が有名ですが、それとは違うのでしょうか? ドコモ光はNTTドコモ利用者
リンク

 

家族(できれば配偶者)がドコモを利用している

dカードGOLDの10%還元は「カード会員」が対象になります。たとえば、夫婦でドコモの契約があったとして、dカードGOLDの利用者が夫であれば、10%還元となるのは夫の分だけです。

ただ、dカードGOLDは年会費無料で1枚の家族カードを発行可能です。家族カードでdカードGOLDを奥様分も発行すれば二人分の携帯料金が10%還元になります。

 

3年程度で機種変更をしている、ドコモの携帯保険を使っている

dカードGOLDには知られざる特典として「dカードケータイ補償」というものがあります。これは盗難や全損(水濡れを含む)で携帯電話(スマートフォン)がダメになった時に、購入(機種変更)から3年以内で10万円を限度として保険がききます。

ドコモの通常の機種購入(機種変更)保険とは別です。全く同じではないのですが、ほぼ使えるのでdカードGOLDを持てば、ドコモの方の保険はセットしなくてもよいのではないかと思います。

dカードGOLDのケータイ補償とドコモのケータイ補償の違いとメリット、デメリット
2017-12-05 17:06
ドコモのクレジットカードにdカードと呼ばれるカードがあります。このゴールドカードであるdカードGOLDにはドコモ利用者にうれしい“dカードケータイ補償”という付帯保険がセットされて
リンク

 

ゴールドカードを持っていない

これは前述の3つの条件とは違って優先順位低いです。dカードGOLDはこれまで紹介したのようなお得さがあるだけでなく、一般的なゴールドカードとしての魅力がもちろんあります。

などがあります。積極的なクレジットカード作成の動機となる方は少ないかもしれませんが、あればあれで便利です。dカードGOLDを積極的に利用する価値があると思われた方で、ゴールドカードを持っていない方にとっては良いのではないでしょうか。

dカードGOLD公式ホームページ

 

以上、dカード(一般)とdカードGOLDを比較してみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP