おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クラウド会計のfreeeとMFクラウドを徹底比較<個人確定申告・2017年最新版>

個人事業主やフリーランス、副業サラリーマンなどにとって、2月は確定申告のシーズンとなります。確定申告というのは前年の1月~12月の一年間における収入と支出を計算して、税務署に申告し所得税を確定するという作業になります(ついでに所得税を申告するとデータが市区町村にも贈られるので住民税も決まります)。

そんな確定申告において近年人気急上昇なのがクラウド会計ソフトです。専用ソフトをインストールすることなく、パソコンのブラウザ上で経理書類の作成が可能で、確定申告にも大いに役立ちます。

今回はクラウド会計の中でもシェアの高いfreeeとMFクラウドの2つのクラウド会計を徹底比較していきます。

スポンサーリンク

クラウド会計とは?

クラウド会計については「フリーランス、サラリーマンの副業で活用したいクラウド会計のメリット、デメリット」でも詳しく記事にしましたが、パソコンやスマートフォンを利用して比較的簡単に経理書類の作成をすることができるツールです。

  • クレジットカードやネットバンキングなどの情報の自動収集・自動記帳
  • レシートの読み取りと自動記帳

といったような入力補助機能が用意されているため、現金取引が少ない人は煩雑な会計処理(入力作業)などの多くが自動化されるというメリットがあります。

  • 銀行振り込み、クレジットカードによる決済が多い人
  • 自宅や事務所など複数のPCで作業すること多い人
  • 複雑な会計処理が多くない人
  • 簿記や経理に詳しくない人

上記のような人には特に向いていると言えるでしょう。

 

freeeとMFクラウドを徹底比較

さて、そんなクラウド会計について日本ではfreeeとMFクラウドという2つのソフトが代表的です。私も個人の確定申告に使わせてもらっています。

今回は法人用ではなく、個人用(個人事業・フリーランス・副業サラリーマンや主婦)のケースとさせていただきます。

 

総合的な評価

まず、全体的な評価と利用者の評判をまとめてみましょう。freeeもMFクラウドもどちらもクラウド会計としての機能は充実しており、極論どちらを選んでもそう大差はないです。一方でインターフェイスの特徴やデータの取り込みについて違いがあります。

このあたりは向き不向きになってきますので、みなさんの諸事情に合わせて選ばれるとよいでしょう。

 

インターフェイスの比較。初心者はfreeeが使いやすい?

インターフェイスはfreeeとMFクラウドで考え方が違うようです。freeeは会計についての知識がない人でも使えるようにという考えからか、借方・貸方といったような簿記の専門用語をできるだけ出さずに使えるように工夫されています。そのため、簿記会計の知識がない人でも使いやすいかもしれません。

一方のMFクラウドは従来の会計ソフトのようなインターフェイスを採用しています。もちろん、会計知識が無くても利用できるようにはなっていますが、これまで別の会計ソフトを使ってきたという人にとってはMFクラウドの方がなじみ深いかと思います。

 

取引データの取り込みと自動入力機能の比較

freeeもMFクラウドもどちらも銀行、クレジットカードの取引情報を自動取得して、ソフト上に入力することが可能です。

こちらの対応についてはMFクラウドの方が優れています。freeeは銀行とクレジットカードへの対応となっていますが、MFクラウドは「Paypal」「POSレジ」「ネット通販サイト」も対応しています。

お店を経営している方も取引データの自動取り込みが可能となっています。 アスクルやAmazon、たのめーるといった業務用でも利用することが多い、ネット通販の取引データも自動取り込み可能です。

 

その他の項目の比較
freee MFクラウド
サポート体制 メール・チャット メール・チャット
ブラウザ対応 PC・タブレット・スマホ(+アプリ) PC・タブレット・スマホ(+アプリ)
他社ソフトからの引越
レポート出力

freee、MFクラウドともにメールとチャットによるサポート体制があります。ブラウザへの対応やレポート出力なども対応しています。このあたりは比較にはならないですね。

いずれも、スマートフォンアプリ(分析アプリ)を用意しており、収支状況、キャッシュフローなどの財務状況を確認できるようになっています。

 

料金面の比較
freee MFクラウド
利用料金 スタータープラン
月額:980円
年額:9800円
※30日間は無料お試し可能
フリープラン :無料(月に15仕訳まで)
ベーシックプラン
月額:800円
年額:9800円
※30日間はお試し無料

月額料金の比較についてはややMFクラウドの方が安いですね。月間15件の仕訳で足りるケースがどれほどあるかはわかりませんが、MFクラウドは15件の仕訳までならずっと無料にできるわけですね。

いずれにしても、どちらも30日間は無料なので、最終的な使い勝手は実際に試してみてから判断することをお勧めします。

>>freee公式ホームページはこちら

>>MFクラウド公式ホームページはこちら

 

以上、2大クラウド会計ソフトを比較してみました。

スポンサーリンク

同じカテゴリーの人気記事

おすすめ記事

 

関連記事

 

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP