おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

海外在住や留学中の方向けの副業。買い物代行で海外ブランド品を在庫ゼロで売る。

2017/02/24最終更新   webサービス 仕事術 副業で収入アップ

様々な理由で海外に長期出張している、海外赴任している。あるいは海外に自宅を構えているという方、海外に長期留学しているという方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方にピッタリというか、そういう方にとって大きなアドバンテージがある副業があります。それは海外のブランド品を日本に住んでいる人からの要望に合わせて買い物するという買い物代行です。いわゆる併用輸入販売を無在庫で行うという販売方法です。

今回はそんな海外ブランド品の買い物代行サービスの活用と収益化するコツを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

海外ブランド品の買い物代行 BUYMA

海外ブランド品の買い物代行といっても、自分ひとりで全部をするというのはリスクもありますし大変です。ただ、最近ではBUYMAに代表されるオンラインショップ型のサービスも登場しているので、手軽な副業としても、あるいは本業のように海外ブランド品の買い物代行を利用している人も増えています。

BUYMAはエニグモという会社が運営しているブランド品の買い物代行の国内最大手サービスです。

海外で実際に買い付けと販売をする人(パーソナルショッパー)と、そういう海外のブランド品を買いたいという人(お客様)を結び付ける仲介的な役割を果たしています。

ファッションという分野はECサイトを含めて市場規模が高い辺大きいです。また、日本人は特にブランドが好きなところがあるため、こうした海外ブランド品を国内正規店で購入するよりも安く買える、あるいは国内未販売の商品が買えるということもあって、大きな勢いで拡大しているサイトです。

 

パーソナルショッパー(バイヤー)として海外ブランド品を売る方法

・海外のブランド店などで買える商品をリストアップ&写真・画像の確保
・BUYMAのショップにブランドアイテムを登録・販売価格の決定
・売れたらそのお店で商品を購入する
・商品の発送
・商品が到着したら代金がBUYMAより支払われる

上記を行います。ポイントは下の図のように登録して「売れたら買う」ということでOKということです。なので、通常のネットショップのように商品を仕入れておく必要が無いのです。売れたら買って送るだけでよいので、初期投資がほとんど必要ありません。

代金の回収についても、BUYMAでは購入希望者からあらかじめ代金分をBUYMAが預かっているため、商品の配送が完了すれば間違いなく入金されるため、回収リスクもありません。

登録費用などはなく、販売時の5~7%(税別)が手数料としてかかるだけです。売値はショッパーが自由に決めてかまいません。

 

関税は購入者負担なのでバイヤーは気にしなくていい

海外から物品を国内に配送する時にかかる税金が関税です。

関税というのは輸入品に対して日本に持ち込まれたときに課せられる税金のことです。この関税は事前にいくらということが分かりにくいうえ、制度がややこしいです。ただし、BUYMAの場合、関税は購入者負担となりますので、買い物代行をする売り手はさほど神経質に考える必要はありません。

 

海外在住という強みが活かせるサービス

今回は海外在住者向けの副業と書いたように、海外に住んでいる方にとってBUYMAは高いアドバンテージがるサービスとなっています。その理由を説明していきます。

 

国内正規店は為替を考慮しても大抵高い

まずは、日本国内に正規店があるブランドは為替レートを考慮しても価格が海外正規店と比較して高いことが多いです。特に為替レートを考えても日本独自の上乗せ価格となっていることが多いです。
こうした価格差が存在するということはその価格差分の「儲けの源泉」があるわけです。海外のお店で直接購入できるというのは大きなメリットです。

 

日本未販売の商品がある

ブランドによっては日本未販売という商品もあります。こうした商品もBUYMAでは人気が高い商品となります。こうした商品を買い付けできるというのも現地に住んでいるからといえますね。

 

偽物をつかむリスクが少ない

BUYMAでは、ショッパーの方が海外の通販サイトなどを利用して商品を仕入れているというようなケースもあるようです。こうしたケースで心配なのは偽物をつかんでしまうリスクです。

海外在住でそれらのブランドの直営店で直接購入できるという立場の方ならこうした偽物をつかむリスクはほぼないでしょう。

 

優良なバイヤーとして信用してもらいやすい

上記のようにBUYMAでは国内に住んでいながら、海外通販サイトなどを使って転売している人も少なくないようです。そういう人とは違って、必ず正規店で購入するバイヤーでかつ、商品についての相談にも乗ることができるという人であれば信用されやすいはずです。

 

BUYMAに向いている人

と、ここまでバイマを紹介してきましたが、向いている人、向いていない人もいると思います。

  1. ファッション・ブランドに興味がある
  2. パソコンでの作業にそれなりになれている
  3. お店でお買い物できるレベルの言語力がある

このあたりは最低限必要になってくるはずです。ビジネスとして考えるのであればファッションの知識が無くてもやっていけると思いますが、やはりファッションが好きじゃないと、お店をめぐって商品を調べたりするということに対するやる気も変わってくるでしょう。

また、パソコンのスキルもそれほど高くなくてもかまいませんが、出品する時には写真のアップロードや商品紹介などを入力する必要があります。

最後は言語力・コミュニケーション力です。お店で買い付けをするわけですから店員さんとのコミュニケーションは必要になります。商品の入荷状況や新作入荷時期なども知っておいた方が強みになります。

 

以上、海外在住や留学中の方向けの副業の海外ブランド買い付け代行について紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP