おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

若い人ほど資産運用を始めたほうがいい理由

投資や資産運用という話を20代の方が聞いても、まだそんな余裕はないから、後回しと回答する方が多いようです。しかしながら、資産運用を始めるのであれば実は一番有利なのは時間を味方にすることができる「若い人」ほど有利です。今回は、なぜ若者ほど資産運用に有利なのか理由を解説していきます。

スポンサーリンク

最大の魅力は「時間を味方にできること」

若いうちに投資・資産運用を始める魅力は「時間」を味方にできることです。たとえば、60歳以後のためのお金をためるのに、20歳の方なら40年間もの時間があるわけです。
一方、30歳の方なら30年、40歳の方なら20年、50歳の方なら10年しか時間がありません。

資産を殖やす(利殖)という意味で、「時間」は非常に有効な要素のひとつです。複利という言葉はご存知の方も多いかと思います。複利というのは、利息が利息を生むという考え方です。
たとえば、100万円の資金を年5%で運用する場合、1年後は105万円になります。さらにその翌年は、利息で増えた5万円部分も5%で運用できるので、110.25万円となります。
借金の場合は「雪だるま式」なんていう風に悪い意味で使われすが、資産運用の面は逆に強い味方になってくれるわけです。

 

複利効果と時間の関係

まず、複利効果というものが実際にどれほどのインパクトがあるのかを具体的な例を元に計算していきます。たとえば、先ほどの例どおり、100万円を年5%の利率で資産を複利運用した場合を考えてみます。

5年:1,276,282円 (27.62%)
10年:1,628,895円 (62.88%)
15年:2,078,928円 (107.8%)
20年:2,653,298円 (165.3%)
30年:4,321,942円 (332.1%)
40年:7,039,989円 (603.9%)

上記のように計算できます。数字だけみてもわかりにくいかと思いますが、グラフをごらんいただくと指数的に増加しているのがわかるかと思います。当初の100万円が40年後には700万円超にまで増大しているわけです。
倍率にするとおよそ6倍というわけです。

逆に、運用の年数が短い場合は複利効果はさほど得られません。たとえば、先ほど、40歳の方の場合20年しかないと書きましたが、40歳の方が100万円を20年年利5%で運用しても60歳までに265万円にしかならないわけです。

ちょっと乱暴ですが、60歳まで資産運用をするとして、20歳のときの100万円が30歳、40歳、50歳の方で最終的に同じ金額になるにはいくら用意しなければならないのか?ということを表にしてみました。
なお、運用利率は3%で運用した場合と5%、10%の3パターンを計算してみました。

運用利率3% 運用利率5% 運用利率10%
20歳(運用40年) 100万円 100万円 100万円
30歳(30年) 134万円 162万円 259万円
40歳(20年) 180万円 265万円 672万円
50歳(10年) 242万円 431万円 1744万円

つまり、20歳ではじめる100万円の資産運用というのは、年利5%で運用できる場合、40歳で資産運用を始める人の265万円に相当する。ということなのです。

これはかなり大きなアドバンテージといえるでしょう。

 

毎月積み立て投資(預金)をした場合の複利効果

最初の例は、100万円という資金を運用するケースを説明しましたが、そんなお金はない。という方もいらっしゃるかと思います。でも、月々1万円、2万円といった金額を積み立てしていくことはでるのではないでしょうか?

たとえば、毎月1万円を積み立てて、それを60歳まで運用していくというケースを考えてみましょう。こちらの場合も20歳、30歳、40歳、50歳でそれぞれスタートした場合を見ていきましょう。(年利計算は5%)

20歳スタートの場合:1522万円
30歳スタートの場合:837万円
40歳スタートの場合:416万円
50歳スタートの場合:158万円

こちらも大きな差がでましたね。ちなみに月々の積み立て金額を増やしたい場合は単純にその割合だけ増やせばOKです。仮に月3万円なら、20歳スタートで4566万円になる計算です。

それぞれ始める時期が10年違うだけです。つまり、積み立てをした金額の差はそれぞれ120万円です。しかしながら、20歳スタートの1522万円と30歳スタートの837万円とでは「685万円」もの差が生まれているわけです。

これってものすごい差だと思いませんか?

 

複利効果が期待できる運用商品

さて、具体的に複利効果が期待できるような運用商品をいくつか紹介していきます。リンク先はそれぞれの商品を紹介している外部サイトになります。

・積立預金(積立定期預金)
月々の積み立てという意味ではおすすめの商品です。金利も複利で運用される商品も多いです。ただし、金利的な面ではほとんど期待できません。複利効果は運用する金利が高いほど大きくなり、低いほど小さくなります。そのため、利回りの低すぎる定期預金はおすすめできません。
>>積立預金について

・積立投信(投資信託の積立投資)
投資信託の積立投資です。投資信託の積立は月々1000円程度~はじめることができます。リスク管理のためにも一つの投資信託に全部の資金を積み立てるよりも複数の投資信託に分散して投資をすることをお勧めします。
>>投資信託の積立投資について

・株式の積立投資(るいとう)
個別の株式を毎月一定額で積立ながら投資をするというものです。個別株式に投資をすることになるので、投資信託よりもリスクは大きいですが、リターンも大きくなりやすい傾向があります。ただし、銘柄選択などはしっかりと行うようにしてください。また、「積立投資」であることから、短期的視点ではなく、長期的な視点での銘柄選びが重要です。
また、複数の銘柄を分散して積立するなどリスク管理もしっかり行いましょう。
>>株式の累積投資(るいとう)について

・外貨MMF
円ではなく、外貨で運用する上での積立には最適な投資だと思います。利息は自動的に再投資されるようになっているので、複利効果を発揮します。積立が可能となっている証券会社も多いので積立投資にも最適です。
>>外貨MMFについて

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP