おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

リスクヘッジに便利なインバース型ETF

今年(2012年)の4月にあたらしく上場したETF(上場投信)の一種である「インバース型ETF」。直近このETFの取引高が急増しています。このETFの特徴は「インバース:逆」という意味のとおり、株価が上昇すると下落し、株価が下落すると上昇するという特徴があります。今回はこのインバースETFのまとめと投資への活用について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

インバース型ETFとは?

現在、日本国内では「日経平均インバース・インデックス連動型ETF(銘柄コード:1571)」と「TOPIXベア上場投信(銘柄コード:1569)」という二種類のインバース型ETFが上場しています。

それぞれベンチマークは日経平均(日経225)とTOPIXとなっておりますが、このETFは「ベンチマークと逆方向に動くこと」を目的に組成されています。

たとえば、日経平均インバースETFの場合、日経平均が1%値上がりした場合は、1%値下がる。逆に1%値下がりした場合は1%値上がりする。といったように逆に動くように作られています。

以前から、このインバース型の「投資信託」 はありました(ブルベアファンドなど)。
しかしながら、ETFとして登場したのは歓迎すべきことだと考えています。このインバース型ETFの登場により従来までは信用取引や先物取引・オプション取引を使ってでしかできなかった、リスクヘッジ取引が可能になるのです。

 

インバースETFで現物株のリスクヘッジができる?

ある現物株を保有しているとします。このとき、インバース型ETFを保有すれば仮に相場全体が下落したことによる、現物株の下落リスクをETFによってヘッジ(回避)することができます。

従来はこのようなリスクヘッジを行いたいという場合には、信用取引で日経平均のETFを空売りするといった手法しかありませんでしたが、それには信用取引口座が必要でした。また、空売りの場合「貸株料」などの付帯するコストも発生します。
(参考:信用取引のコストは手数料より金利・貸株料

現物株式に投資をするのと同じようにリスクヘッジができるというのはインバースETFの大きなメリットであるといえます。

 

インバースETFは「ズレ」が生じることも

なお、インバース型ETFへの投資に当たっては、その「ズレ」に注意が必要です。これらのETFは100%連動することは仕組上できません。
そのため、仮に日経平均が3%下落した時、日経平均インバースETFは3%上昇するかといわれると必ずしもそうならないという点に注意が必要です。
たとえば、2.8%とか2.9%といったように100%の連動をすることはないのです。

ごく短期であれば、その差は小さいかもしれませんが、仮に0.2%の差が10営業日続けばそれだけで最大2%の差が生まれるリスクがあるわけです。
ですからインバースETFをヘッジ目的に投資をする場合、中長期の運用ではなくごく短期の運用がおすすめとなります。

参考サイト
ETF投資講座

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP