おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

FX取引はゼロサムゲーム?

2013/12/24最終更新   外為投資 資産運用のライフハック

ゼロサムゲームという言葉をご存知でしょうか?ゼロサムとは足したらゼロになるゲームという意味で、投資の世界においてゼロサムという場合は、投資(売買)によって利益を得た人と、それにより損をした人の合計額が等しくなる世界を指します。FX取引は基本的に「ゼロサムゲーム」です。
つまり、誰かが儲かれば別の誰かが損をしていることになるのです。

スポンサーリンク

ゼロサムゲームとは何か?

そもそもゼロサムゲームというのはどのようなものなのでしょうか?「ゼロサムゲームとは」などの参考サイトを読んでもらってもいいですが簡単に説明します。

AさんとBさんがいるとします。この人たちがそれぞれ10万円を持ってジャンケンをします。負けた人は買った人に1万円を支払うというゲームがあるとします。このゲームを10回続けます。

さて、このゲームの場合、誰が勝ったか負けたかにかかわらず、2人の持つお金の総和は20万円で変わりありません。Aさんが全勝した場合、Aさん20万円、Bさん0万円。Aさん6勝Bさん4勝の場合、Aさん12万円、Bさん8万円。どんな場合であっても二人の合計額は20万円になります。

上の例だと当たり前なのですが、こういったゲームのことを「ゼロサムゲーム」と言います。

FXはゼロサムゲームなのか?

結論から言うと、FXに限らず為替取引はゼロサムゲームです。あなたが為替取引をする場合、必ず「相手方」が存在しています。そして為替取引というものが通貨間の相対的な価値を決める性質である以上、儲けと損を合わせるとゼロサムになります。
(一方の株式投資は非ゼロサムです。時価総額が上がることで「新たな価値が創造され」、逆に時価総額が下がることで「価値が減少します」)

たとえばあなたが1ドルを80円で買うということは、それを1ドル80円で売った別の人がいるわけです。

投資で見る以上FX取引は非効率・不要なのか?

ゼロサム=誰かがもうかれば、誰かが損をするから不毛である、害悪である」というのは早合点です。
為替取引というのは、実際のところ様々な思惑により取引されています。単なる運用ではなく、実需筋による売買(貿易などによる為替取引など)もあります。

こうしたとき、為替取引がたとえ投資目的であっても行われていることで市場には「流動性」が生まれます。この流動性は適切な価格で取引するために重要な要素でもあります。(適正な流動性がないと市場に流動性リスクが生じることになるため。)
そのため、FX取引などで為替取引が行われていること自体は、経済全体から見ると悪いこととは言えません。

ただし、FXを為替差益を得るために取引するというのは、ギャンブルとほぼ同じ意味合いとなります。流行のバイナリーオプションなどはよりそのギャンブルとしての意味合いが強くなっていますね。バイナリーオプションの説明については長くなるので、詳しく知りたい方は「こちら」をご覧ください。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP