日経平均やTOPIXに投資をする方法。日経平均はどこで買える?

株式投資をしたことがない方でも「日経平均株価」や「Topix(トピックス)」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?毎日ニュースなどで「本日の株式相場は~~」といった感じで放送されているやつです。

よく受ける質問で、こうした日経平均やTOPIXに直接投資はできないのか?というお話を聞くことがあります。

スポンサーリンク

日経平均やTOPIXはあくまでも「指数」

まず、日経平均株価やTOPIXというのは一体何なのでしょうか?

日経平均株価
東京証券取引所の第1部市場に上場している銘柄の中から、日本経済新聞社が規模や業種、流動性など様々な項目から225銘柄を選んでおり、その225銘柄の平均値です。

TOPIX(トピックス)
TOPIX(東証株価指数)とは、日本の株式市場の代表的な株価指数です。東京証券取引所の第1部に上場している全銘柄を対象として、東京証券取引所が公開している株価指数です。TOkyo stock Price IndeXの略称です

上の説明およびリンク先を見ていただいたら分かるのですが、日経平均もトピックスもそれぞれ、市場で取引されている株価の平均値ということです。つまり、直接そうした日経平均が取引されているわけではないのです。

なので、日経平均株価やTOPIXなどを直接購入することはできません。

では、こうした株価指数に対して投資をすることはできないのでしょうか?いいえ、いくつかの方法があります。

 

インデックスファンドに投資をする

インデックスファンドとは、株価指数に連動するように作られている投資信託です。こうした投資信託を購入すれば日経平均やTOPIX、あるいはNYダウといった株価指数に間接的に投資をすることができます。

一番手軽に投資しやすい手段と思います。銀行または証券会社で投資できます。ちなみに、日経平均やTOPIXに連動する投資信託(インデックスファンド)は色々な商品が取り扱われています。

日経平均株価に連動するおすすめの投資信託(インデックスファンド)
2020-09-23 09:16
投資信託を選ぶときの最大のポイントは手数料です。特に株価指数などに連動するタイプのインデックスファンドの場合、手数料(特に信託報酬)の差が投資結果に対しても大きく影響することになり
リンク
TOPIXに連動するおすすめの投資信託(インデックスファンド)
2017-03-30 20:34
TOPIX(東証株価指数)は投資信託のベンチマークの中でも代表的な存在です。Tokyo Stock Price Indexの略で東証一部上場銘柄のすべてを対象に東証が公開している株
リンク

基本的には販売手数料が無料で、信託報酬(投資信託の維持コスト)が低く設定されているものを選ぶといいでしょう。

銀行や証券会社の窓口などではコスト高のインデックスファンドを扱っているケースもあるので、ネット証券で買うのがおすすめです。

 

ETFで投資をする

ETF(上場投資信託)は、日経平均やTOPIXなどの株価指数に連動するように“リアルタイム”で変動する商品です。個別株と同じように証券取引所に上場していてリアルタイム売買ができます。

インデックスファンドよりも機動的な売買ができる点が魅力ですが、インデックスファンドよりは乖離(指数の動きとの差)が生じやすいです。デイトレードや短期売買ならETFのほうが向いています。

ETFと投資信託(インデックスファンド)、株式の違いを分かりやすく解説
2017-09-26 12:37
投資初心者の方にとっても比較的、投資をしやすい金融商品である投資信託。投資信託は、投資家から集めたお金(資金)を運用会社が代わりに投資・運用をしてくれる金融商品(仕組み)です。そん
リンク

 

日経平均連動ETF

  • 1320: ダイワ上場投信-日経225
  • 1321: 日経225連動型上場投資信託
  • 1330: 上場インデックスファンド225
  • 1329: iシェアーズ・コア 日経225 ETF
  • 1346: MAXIS 日経225上場投信
  • 1578: 上場インデックスファンド日経225(ミニ)
  • 1369: One ETF 日経225
  • 1397: SMAM 日経225上場投信
  • 2525: NZAM 上場投信 日経225

 

TOPIX連動ETF

  • 1305: ダイワ上場投信-トピックス
  • 1306: TOPIX連動型上場投資信託
  • 1308: 上場インデックスファンドTOPIX
  • 1348: MAXIS トピックス上場投信
  • 1473: One ETF トピックス
  • 1475: iシェアーズ・コア TOPIX ETF
  • 2524: ダイワ上場投信-日経225

 

先物取引・オプション取引を使う

最後の方法は先物取引・オプション取引を使うというものです。

先物取引やオプション取引は「デリバティブ(金融派生商品)」と呼ばれる取引で、「将来の価格」について現在取引をすることができる投資です。

やや専門性が高くなるので投資中級者~上級者向けの投資商品といえます。

以下の参考サイトに先物取引、オプション取引の仕組みなどが説明されていますので、もっと詳しく知りたいという方はリンク先をご参照下さい。

参考サイト
先物取引とは
オプション取引とは

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP