おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

個人型確定拠出年金(iDeCo)とNISAの違いを比較

chosa2014年1月からスタートしたNISA(小額投資非課税制度)。にわかに注目が集まっておりNISA口座開設数は順調に増えているそうですが、将来のための投資、老後のための投資という場合には、NISA以外にも個人でできる対策として「個人型確定拠出年金(iDeCo)」という選択肢もあります。

個人型確定拠出年金は2017年1月よりも利用可能な人が拡充して注目を集めています。

どちらも投資と運用に関する税制上の優遇措置のある制度ですが、それぞれで違いも大きいです。今回はこの個人型確定拠出年金(iDeCo)と小額投資非課税制度(NISA)についてそれぞれのメリット、デメリットを考え、自分にあった投資方法を考えていきます。

スポンサーリンク

確定拠出年金とNISAの制度の簡単なまとめ

まずそれぞれの制度について簡単にまとめます。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)

年金の一つです。個人で加入することが出来ます。ただし、専業主婦、公務員、企業年金がある会社員は利用することが出来ません(2017年以降は加入可能へ「2017年からの個人型確定拠出年金(iDeCo)の変更点のまとめ」)

掛け金は月単位で5000円~68000円の間で自由に決めることが出来ます。運用方針は自分で決め、支払った年金保険料+運用益が年金原資となります。運用益は非課税となる上、年金の掛け金は全額所得控除されます。

 

NISA

小額投資非課税制度。年120万円(年100万円から拡大)までの投資による譲渡益、配当金などが最長5年間非課税となります。いつでも売却可能ですが、非課税枠は一度使うと回復しません。
未成年に対しては「ジュニアNISA」という類似制度があります

 

個人型確定拠出年金とNISAを比較した際のそれぞれの強み、弱み

それでは、具体的に確定拠出年金とNISAのそれぞれの強みと弱みを見ていきましょう。どちらにも強み、弱みがあります。運用方針や投資資金の性格などを考えてどちらを利用するかを決めると良いと思います。

 

個人型確定拠出年金の強みと弱み

最大の強みはその節税メリットです。「個人型確定拠出年金のメリット、デメリット」でも書いていますが、掛け金は全額所得控除されます。そのため、確定拠出年金の掛け金を払うと所得税や住民税などの税金が安くなるわけです。

この節税効果は高所得者(税率が高い人)ほど高くなります。

なお、年金や一時金として受け取るときは税金がかかりますが、税制上の優遇を受けることができますので、実質的には所得税・住民税を節税することができます。

また、運用における運用益の非課税についてもNISAは最長5年であるのに対して確定拠出年金の場合は超長期で運用できるということです。今30歳のかたなら30年間非課税で運用できます。複利効果を考えるとそのメリットはかなり大きいです。

また、これは一部の方に対するメリットになりますが、確定拠出年金の財産は強く保護されます。万が一自己破産などを行った場合でも年金資産は保護されます。リスクの高い仕事をしている方(起業家の方)などにとってはかなり有利な運用法補といえるでしょう、

一方の弱みは、あくまでも年金なので、それ以外の用途に利用できないということ。途中でお金が必要になっても60歳になるまで現金化するといったことができないという点です。

確定拠出年金(401k)についてのより具体的なメリット、デメリットについては「個人型確定拠出年金のメリット・デメリット」でまとめていますので気になる方はこちらの記事もぜひご覧ください。

 

NISAの強みと弱み

NISAの最大の強みは、様々な投資商品が選べると言うこと。確定拠出年金でも多数の商品を選べますが、投資信託が中心です。NISA口座の場合は個別株へ投資や外国株投資も可能です。こうした投資の自由度の高さはNISAの方に強みがあります。

また、いつでも売却して現金化できるという点も魅力と言えます。

ちなみに、NISA口座で売買するのに適している投資商品については別エントリー「NISA口座で買うべき投資商品の選び方」でまとめているのでこちらもぜひご一読ください。

一方で非課税枠は使い切りとなるので、何度も売買することは出来ないという点。非課税期間が5年しかないため、超長期での運用は出来ないという点が弱みと言えるでしょう。

ある程度、運用期間がきまっている投資にはいつでも売却可能なNISAは魅力的といえそうです。たとえば、子供の学費や住宅購入の頭金、自動車購入費用といったようなものですね。

NISAについてのまとめは「10分でわかるNISAの仕組みと活用方法。NISAとは何か?」でも詳しく行っているのでこちらもぜひ参考にしてください。

 

個人型確定拠出年金とNISAとの比較一覧

それぞれの大きな違いとなる部分を表でまとめてみました。

個人型確定拠出年金
(iDeCo)
少額投資非課税制度
(NISA)
投資対象商品 投資信託
定期預金
保険
投資信託
ETF
個別株式
投資可能期間 60歳まで
ただし、運用だけなら10年の延長が可能
年齢にかかわらず、2023年まで(予定)
運用は2028年まで
投資上限額 毎月5,000円~68,000円
ただし、加入している公的年金・企業年金によって上限額は異なる
年間で120万円まで
総額で600万円
節税メリット 掛け金が所得控除(所得税・住民税節税)
運用益は非課税
※1受け取り時に所得税や住民税がかかる
運用で得た利益が非課税
投資商品の売却 いつでも可能で、他の投資商品への乗り換えも可能 自由に売却できるが、売却しても非課税枠は復活しない
資金の引き出し 60歳までできない。もっとも遅い人で65歳から※2 いつでも可能。ただし、売却した場合の非課税枠は回復しない。

※1:受け取り時は退職所得(一時金)または公的年金控除(年金方式)が受けられるため、掛け金控除による節税効果の方が大きいのが一般的です。

※2:50歳をこえてから確定拠出年金を始めた場合は受給可能時期が遅れます。

 

個人型確定拠出年金とNISAの使い分け

老後資金として投資をしたいというのであれば節税メリットに優れる確定拠出年金がお勧めです。運用益非課税に加え、掛け金も所得控除することができるので、二重の節税効果があります。

一方で、目標が決まった投資をするというのであればNISAの方が優れていると言えるでしょう。たとえば、10年後の子供の教育資金のため、5年後の海外旅行のためといったように老後資金以外の用途で運用したお金を使うと言うのであれば個人型確定拠出年金は不向きです。

 

1)長期の運用は個人型確定拠出年金。早く始めるほうがお得

まず、老後の資産という意味では個人型確定拠出年金は有利です。また、掛け金を払っている期間に応じて、老後の一時金を受け取るときの所得控除(退職所得控除)が大きくなるので、なるべく早くから始めたほうがお得になります。

また、掛け金が所得控除されるため、所得税や住民税が安くなるというのも見逃せません。掛け金の金額は現在の収入や家計の状況によっても変わってくると思いますが、余裕のある範囲でまずは始めて見るのが大切かと思います。

なお、個人型確定拠出年金をスタートするのであれば、運営管理機関手数料が無料のSBI証券か楽天証券で始めるのがおすすめです。

SBI証券の個人型確定拠出年金公式ホームページ

楽天証券の個人型確定拠出年金公式ホームページ

なお、個人型確定拠出年金について詳しくは以下の記事でも証券会社(運営管理機関)について比較しておりますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。

個人型確定拠出年金(iDeCO)のおすすめ証券会社を徹底比較。iDeCoは手数料と商品で比較
2016-09-12 23:13
2017年1月より利用可能な範囲も広がる個人型確定拠出年金。制度自体は節税メリットなどが強い制度ですが、正直言って利用できる証券会社といえばSBI証券だけという状況でした(他は手数
リンク

 

2)NISAは余裕資金の運用で

一方のNISAは所得控除などの税制上の優遇はありません。
そのため、現在投資や運用に回している資金をつかう=余裕資金の運用という形で活用するようにしましょう。

NISA口座における証券会社選びについては、以下の記事もご参照いただければと思います。
証券会社によってはNISA向けに様々な特典(NISA口座で売買手数料無料など)も用意しているようです。

証券会社のNISA口座の選び方・比較
2013-10-03 15:53
2014年からスタートした少額投資非課税制度(NISA)。NISAを利用するには証券会社が銀行にNISA口座を開設する必要があります。ところがNISA口座は一人1口座までと決められ
リンク

NISA口座は一人一口座までとなっております。

 

以上、確定拠出年金とNISAの比較でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP