PayPayボーナス運用が始まる!S&P500にPayPayアプリから手軽に投資

PayPayボーナス運用というサービスが2020年4月16日にスタートしました。スマホ決済サービス(QRコード決済)のPayPay残高の一つである「PayPayボーナス」を使って、アプリ内で疑似的に投資体験ができるサービスとなっています。

リアルタイムで投資・引出が可能となっており、米国株投資に手軽に取り組むことができるようになっています。

こちらではそんなPayPayボーナス運用サービスについてその特徴や活用方法、注意点などを紹介していきます。

スポンサーリンク

PayPayボーナス運用とは?

PayPayボーナスを利用したポイント運用(疑似的にポイントを運用して、その運用結果に応じてポイント数が変動するサービス)となっています。

などと同じようなサービスになります。ただ、厳密には「ポイント」ではなくPayPay残高となります。

なお、PayPay残高には「PayPay残高の4つの種類」で紹介したように4つの種類がありますが、この中でも「PayPayボーナス」のみとなっています。他の種類の残高は投資できません。

このPayPayボーナスは、PayPayで決済をしたときに還元される残高なので他社のポイントとほぼ同じような概念ですね。

ちなみにサービスの提供は1000円から米国株投資ができることで知られている「One Tap Buy」が提供しています。

 

PayPayボーナス運用の始め方

PayPayのアプリから始めることができます。ホーム画面に「ボーナス運用」というアイコンが追加されているので、それをタップして規約に同意したら始めることができます。

証券口座は不要ですぐに開始することができます。

 

PayPayボーナス運用の仕組み

PayPayボーナスを「チャレンジコース」「スタンダードコース」のどちらかに振り分けて運用します。

・チャレンジコース
ハイリスク・ハイリターンタイプの運用となります。Direxion Daily S&P 500 Bull 3X Shares(SPXL)というETFに連動するようになっています。こちらはS&P500という株価指数の3倍幅で変動するように作られています。

・スタンダードコース
SPDR S&P 500(SPY)に連動します。こちらはS&P500に等倍(1倍)で変動するようになっています。

運用はリアルタイムとなっていて、米国取引時間外でも変動しています。ちょっとびっくりですが、内部的にOne Tap Buyという証券会社の米国株取引サービスを利用しているおり、同社が提示している取引価格で、24時間売買することができます。

 

PayPayボーナス運用は始めるべき?

ポイント運用をする特別なメリットがあるというわけではありません。

ただ、S&P500に手軽に投資できるというのは面白いサービスだと思います。日本時間でもリアルタイムに変動するようになっているので、運用をする面白みはあると思います。

ただ、PayPayボーナスはそれ自体がやや貯めにくいです。2020年4月からは基本のポイント還元率が0.5%に低下しています。ポイントアップの条件を達成するのはかなり厳しい内容となっているので、PayPayボーナスをたっぷり貯められる方というのはかなり限られそうです。

スマホ決済のPayPayの使い方と評判。メリット、デメリットを紹介
2020-04-02 09:37
スマートフォン決済サービスのPayPay(ペイペイ)はYahoo!JAPANとソフトバンクが共同出資している決済サービスです。 QRコードを読み込むことで決済ができるサービス
リンク

運用するポイントが少ないとどうしようもないですから、PayPayヘビーユーザー向けですかね。

 

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP