おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ポイント運用 by 楽天PointClubの仕組み。楽天ポイントをポイントのまま運用可能

楽天市場(楽天ポイント)がまた新しいポイント利用サービスを開始しました。その名も「ポイント運用 by 楽天PointClub」です。楽天ポイントを使って投資ができるサービスですね。

楽天ポイントを使った投資については、楽天証券を通じて「投資信託ポイント投資サービス」というものをスタートさせていますが、これとは別物です。

こちらは、ポイントのまま運用できるサービスとなっており、楽天ポイントを使ったポイント投資サービスは2種類が併存するという形になります。

今回はこのポイント運用 by 楽天PointClubの内容と、従来からある投資信託ポイント投資サービスの違いを比較していきます。

スポンサーリンク

ポイント運用 by 楽天PointClubのしくみ

ポイント運用の仕組みは「dポイント投資」と似ています。ためている楽天ポイントを使って、投資をしたり、またポイントに戻したりすることができる疑似的運用サービスです。

投資コースがアクティブ、バランスの2つであるという点や、ポイントをポイントのまま運用し、売却(引出)をすればポイントとして戻ってくる点も同じですね。

運用によってポイントが増えることもあれば、損をしてしまうこともあります。

 

楽天ポイント運用は何に投資をするの?

運用するポイントは「楽天ポイント(通常ポイント)」です。期間限定ポイントや他社ポイントから交換したポイントは投資できません。

投資をする場合は「アクティブコース」と「バランスコース」を選んで投資をします。

名前からわかる通り、アクティブコースは株式比率が高め(株70:債券30)のハイリスクハイリターンタイプで、バランスコースは債券比率がやや高め(株30:債券70)のミドルリスクミドルリターンタイプです。

具体的には以下のファンドに投資をするのと同じ値動きをします。

  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)
  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)

 

ポイント運用のタイミングと実際の投資、価格変更

ポイント運用の開始と運用についてのタイミングは公式サイトの図がわかりやすいです。

まずは買付ですね。

注文を受け付けした翌日の22時から運用が開始されます。そしてその翌営業日の22時に価格(基準価額)が変更されます。

一方でポイントを引き出す(売却する)場合は以下のようになります。

運用しているポイントは買付と同じように翌営業日に引き出される形になります。ポイント数変動後のタイミングになりますので、引出をしたときのポイントと実際に受け取れるポイントには差が出る場合がります。

 

楽天ポイント運用と投資信託ポイント投資サービスの違い

続いて、同じ楽天ポイントで投資ができる投資信託ポイント投資サービスとの違いを比較していきます。

楽天ポイント運用 投資信託ポイント投資
購入対象 2種類
(アクティブ or バランス)
楽天証券で扱うすべての投資信託の中から選ぶことができる
楽天証券の口座 不要 必要
購入の条件等 100ポイント単位 1ポイント単位
※ただし、投信の最低購入価額は100円なので不足分は現金が必要
利用可能なポイント 通常ポイントのみ 通常ポイントのみ
投資に使えるポイント上限 各コース3万ポイントまで 上限なし
売却時のポイントの扱い 楽天ポイント 現金
利益に対する税金 一時所得 株式等の譲渡所得

大きな違いとして挙げられるのは、楽天証券口座が不要であるという点と、利益が出た際も一時所得扱いになると考えられるので税負担が小さくて済むという点があります。

基本的に比較対象の「投資信託ポイント投資」は普通に投資信託に投資するときの一部としてポイントも使えるよといった性質のもので、投資経験者向けのサービスです。

一方の「ポイント運用 by 楽天PointClub」はポイントをポイントのままで運用する形になります。投資対象は少なくても、わかりやすさを重視しています。

そういった意味で投資ライト層向けのサービスといえそうです。

 

ポイント投資としてはdポイント投資に近い

記事冒頭でも書きましたが、ポイント運用 by 楽天PointClubは同じポイント運用サービスの「dポイント投資」にかなり近いです。

dポイント投資サービスとは?dポイントで資産運用をするメリット、デメリット
2018-05-17 00:38
共通ポイントカードの「dポイント」が新たなポイント活用サービスを開始しました。ロボアド(ロボットアドバイザー)運用のお金のデザインと共同でポイント運用(ポイント投資)のサービスを開
リンク

ただし、ポイント投資できる金額に上限があったり、即時出金(ポイント引出)ができないといったように使い勝手でいえば、dポイント投資の方が上ですね。

ただ、こうしたポイント投資(ポイント運用)に関しては、貯めているポイントによる影響の方が大きいので、楽天ポイントを貯めている人、dポイントを貯めている人で利用するサービスも変わってくるかと思います。

 

いずれにしても、投資初心者・投資未経験者の方が投資を始めるにはよいサービスだと思います。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP