おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

JREポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめ。

JREポイントはJR東日本が提供する共通ポイントサービスです。TポイントやPontaなどのように幅広い店舗への展開ではなく、まずはJR東日本が運営している各種サービスのポイント統合から進む予定となっています。

JR東日本といえば、国内最大の交通系電子マネーであるSuica(スイカ)のポイント、ビューカードのビューサンクスポイントを始めとしてアトレ、テルミナ、ボックスヒルズ、グランデュオなどのポイントプログラムを管理しています。これらを統合してJREポイントとして共通化していっています。

今回はそんなJREポイントのお得な貯め方や使い方などをわかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

当面は商業施設系のポイントが中心

JREポイントはJR東日本グループが運営管理するポイントぷろぐらむです。

2017年3月現在の加盟店は「アトレ」「アトレヴィ」「ボックスヒル」「グランデュオ」「テルミナ」「シャポー」といったJR東が運営管理している商業施設・駅ビルのポイントとして運用されています。

2017年2月からは東北地方のエスパルなどでもJREポイントがたまるようになっています。

 

JREポイントを貯める方法

・JREポイントカードを使う
・JREポイントカード機能付きのクレジットカードを持つ

この二つの方法があります。通常のポイントカードはJREポイントがたまるアトレなどの駅ビルで発行してもらうことができます。

クレジットカード一体型のカード発行については「ビューカード公式ホームページ」から発行してもらうことができます。

ちなみに、JREポイントカード一体型のビューカードの場合、ポイント加盟店でのカード提示でたまるポイントはJREポイントになりますが、クレジットカードの利用分はビューサンクスポイントとなります。ご注意ください。

 

JREポイント以外のJR東のポイント

JREポイント以外には下記のポイントがJR東グループで運営されています。

・ビューサンクスポイント
JR東グループのクレジットカード会社であるビューカードのポイントプログラムです。同社発行のクレジットカードのお買い物などでポイントがたまります。

・Suicaポイントクラブ
JR東の交通系ICカードのSuicaの利用でたまるポイント

将来的にはこの二つのポイントもおそらくはJREポイントのほうに統合されていくのでしょうが、現状では特別なアナウンスはされていません。

 

なぜルミネがJREポイントの対象外なの?

JREポイントの加盟店を見て不思議に思うのはJR東の駅ビルとしては規模の大きなルミネがJREポイントの対象外になっています。

失礼な言い方ですが、大規模駅はルミネというイメージがあるので、ルミネが対象外になると片手落ちのような気がします。

ルミネが対象外の理由はすでにルミネは「デパート・百貨店のクレジットカードのポイント還元率・サービス比較」でも紹介したルミネビューカードで紹介したように、JREポイントが入る前からビューサンクスポイントとガッツリくっ付いていたので、JREポイントという共通ポイント化ができなかったのではないかと推測しています。

 

アトレカードならクレジット機能付きでJREポイントもたまる

JREポイントをお得にためるのに最もおすすめな方法はJREポイント加盟店の中でも最も大きな駅ビルであるアトレのクレジットカードである「アトレビューSuicaカード(クレジットカード)」を利用することでしょう。

こちらはビューカード(クレジットカード)+Suica(交通ICカード)+JREポイントカードの3つの機能が一体化したクレジットカードとなっています。アトレでのお買い物でJREポイントが通常の3倍(100円につき3ポイント)たまります。

 

JREポイントは普及するか?

2017年3月の段階においてJREポイントは決して使い勝手の良いポイントにはなっていないかもしれません。その一方でApple Payの普及でSuicaの普及は東京・関東圏にとどまらず交通系ICカードが使える多くの地域で使えるようになりました。

そうした中でSuica関連のポイントプログラムとしてJREポイントを共通ポイント化すればTポイントなどの共通ポイントプログラムにも負けない規模のポイントになるかもしれません。

ただ、当面はSuicaポイント、ビューサンクスポイントとの統合が先ですね。ちなみにこのようにグループで複数のポイントプログラムを抱えながら統合を急いでいるのは「WAON POINT(イオン)」と似ていますね。

2017年3月現在、全国的な共通ポイントとしてはTポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイントの4つがありますが、今後はWAON POINTやJREポイントが中に入ってくる可能性は十分になります。
参考:共通ポイント(Tポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイント)の比較と活用方法

お得になればいいのですが、増えすぎたら増えすぎたで管理が大変になってしまいますね……。

 

以上、JREポイントの貯め方と使い方、活用方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP