おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

<2017年>dポイントが恒例のポイント交換レート25%UPキャンペーン実施確定

ドコモの共通ポイントカードとしてリニューアルされたdポイント。ローソンなどの加盟店でも増え、一部オンラインショッピングでも使えるためかなり使い勝手が向上しています。

そんなdポイントは旧ドコモポイント時代から実施している特大キャンペーンがあります。それがポイント交換レート25%アップキャンペーンです。例年実施されているイベントで、dポイントにポイント交換できるポイントが通常よりも25%アップするという超魅力的なキャンペーンです。

等価交換が可能なポイントなら1000円のポイントが1250円に増量というキャンペーンになっています。今回はそんな魅力的なdポイントの増量キャンペーンの特徴と期限などについてわかりやすくまとめていきます。

2017年は10月1日~スタートとなります。

スポンサーリンク

そもそもdポイントとは?

dポイントは共通ポイントとして様々な企業のポイントと交換ができるうえ、ドコモ以外にもローソンや高島屋などのお店でも利用することができるようになっています。

オンラインでも利用できるお店は増えており、「ドコモのケータイ払い」などが可能なネットショップではオンラインショッピングの決済代金としても利用できます。

もちろん、ドコモのスマートフォン購入費用などにも充当することができます。dポイントについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

dポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめ。
2016-04-07 10:10
ドコモの共通ポイントであるdポイントは2015年12月にスタートした新しい共通ポイントです。共通ポイントとしては先駆けて、Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイントなどのポイント
リンク

 

dポイント、ポイント交換増量キャンペーンとは?

dポイント(旧ドコモポイント)が毎年実施しているポイント交換の増量キャンペーンです。2016年までは毎年8月スタートでしたが、2017年は8月になってもアナウンスがなかったので、共通ポイントになって使えるお店が増えたから、厳しくなってやめたのかな?と思っていましたが、季節がずれて2017年10月スタートで今年も実施されます。

 

dポイント25%増量となるポイントプログラム

クレジットカードや銀行、電力会社、ガス会社、ポイントサイトといった具合で様々なポイントが対象になっています。

 

クレジットカードのポイント

かなりの数のクレジットカード会社が対象になっています。それなりにポイントを貯めている方も多いと思いますので、dポイント交換であればかなりお得になりそうです。

  • 三井住友カード(ワールドプレゼント
  • JCBカード(OkiDokiポイント
  • MUFGカード(グローバルポイント)
  • オリコカード(オリコポイント)
  • ライフカード(ライフサンクスポイント)
  • イオンカード(ときめきポイント)
  • セゾンカード(永久不滅ポイント
  • DCカード
  • NTTグループカード
  • ポケットカード
  • セディナカード
  • ジャックスカード
  • アプラスカード

 

銀行のポイント

最近は銀行でもポイントが貯まるようになっているところも増えていますね。三菱東京UFJ銀行はデビットカードなどでもポイントが貯まるようになっています。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 近畿大阪銀行
  • 池田泉州銀行
  • 十六銀行
  • 大垣共立銀行

 

電力会社・ガス会社のポイント

電力会社やガス会社(都市ガス)も最近は電力自由化、都市ガス自由化を受けてポイントを用意するところが増えてきましたね。そうしたポイントも今回対象になっています。

  • 中部電力
  • 中国電力
  • 関西電力
  • 北陸電力
  • 四国電力
  • 東北電力
  • 東京ガス
  • 東邦ガス

 

その他ネット系のポイント

プロバイダー系やいわゆるポイントサイトなどのポイントも交換対象となっています。ポイントサイトなどはかなりのまとまったポイントを貯めている方もいらっしゃるかと思いますので、そういう方にとっては大変うれしいキャンペーンですね。
参考:ポイントサイトとは何か?

  • gooポイント
  • So-netポイント
  • ネットマイル
  • ポイントタウン
  • ドットマネー
  • Gポイント

 

ポイント増量キャンペーンはお得か?

少なくとも、等価交換ができるようなサイトであれば間違いなくお得だと思います。「5000円の価値のポイント→ポイント交換で7500円分の価値があるdポイントになる」というわけですから。単純にポイント資産が25%増することになります。

 

そもそもレートが悪い交換はあまりお得でないケースも

注意したいのはそもそもの交換レートがあまりよくないサービスです。

たとえば、100ポイント(100円相当)→80dポイント(80円相当)というように最初から交換レートが悪い場合があります。この場合25%増量となっても0.8×1.25=1.00となり、ポイントの価値は増えません(100円相当→80円相当が100円相当になるだけ)。

もともとの交換レートが100%(等価交換)のポイント交換で活用するべきですね。

 

ボーナス分のdポイントは「期間限定ポイント」

等価交換できるポイントがあるなら今回のキャンペーンは活用するべきでしょう。

単純に25%分の資産アップにつながるからです。dポイントはそこまで使っていないという人も、ローソンで利用できるので使い道がそこまで悪いということはありません。

今回のポイントキャンペーンで注意したいのがボーナス分のdポイントが「期間・用途限定dポイント」として提供されるといことです。

ポイント交換による増量分は1か月ちょっとの期間限定のポイントとなります。

  • ローソン
  • 高島屋
  • ジョーシン
  • ノジマオンライン
  • 無印良品ネットストア

といったいろいろな場所で使えるので、百貨店や家電製品で欲しいものがあれば消化自体は難しくありませんが、そういうものがない場合は消化に困る可能性があります。その点だけは注意したいところですね。

 

以上、dポイントがポイント交換レートを25%UPキャンペーンを実施中。2016年10月19日申込までというキャンペーンのご紹介でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP