おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ネット回線・光回線をネットや家電量販店で申し込みする時の注意点

ネット回線・光回線の申し込みをしようとすると○○円のキャッシュバックといったようなキャンペーンが目につくことが多いですね。特にインターネットの回線サービスは極端です。

同じ光回線の契約であっても、キャンペーン内容やキャッシュバックの金額などに大きな差があるケースも少なくありません。また、キャンペーンが適用される条件も違うことが多く非常に複雑怪奇です。今回は光回線やネット回線を新しく申し込みをするとき、どこから申し込みをするべきなのか?また、その時のキャンペーンについての注意点もまとめていきます。

スポンサーリンク

同じ光回線でも販売ルートは多数ある

たとえば、光インターネット(光回線)だけをみてもNTTのフレッツ光、NTTの光コラボであるドコモ光、SoftBank光、、OCN光といったサービス、独自の光回線であるauひかりやNURO光など様々な光回線サービスがあります。

また、これらの光回線サービスは直販されるだけでなく、販売代理店を経由して販売されることがあります。それぞれで実は色々な違いがあります。

 

販売代理店が違うと何が違うの?

販売代理店が違っても回線自体の品質は同じです。A社経由で加入したauひかりも、B社経由で加入したauひかりも、あるいは代理店を介さずに直接 auひかりと契約したという場合でも同じ回線を提供しています。

販売チャネルごとの特徴などを簡単にまとめてみました。

ちなみに、どこから申し込みをしても月額料金や回線の品質は同じです。

締め日と給料日 特徴 強み 弱み
直接申込 光インターネットサービスを行っている会社に直接申し込みをすることです。たとえば、auひかりなら運営しているKDDIに直接申し込みをするということになります。 信頼度は高いうえ、オプション等の選択は自由です。 キャッシュバック等のキャンペーンは最低レベルとなています。
携帯電話のショップ ドコモ光、auひかり、SoftBank光などは携帯ショップでも申し込みできます。 特になし。 実はただの販売代理店。
家電量販店 ヤマダ電機やヨドバシカメラの中などで募集されている光インターネット契約。 家電の割引などのキャンペーンと併用が可能で、キャッシュバックが早い オプション縛りなどが多いケースもある。キャンペーン額も決して高くないことも。
電話営業 自宅や会社などに電話してきて、光インターネットにしませんか?と営業 特になし。 正直信用度が低すぎる。悪質なケースもあるので、電話営業は避けたい。
ネット申し込み(代理店) インターネットで各種インターネット回線を販売する代理店。 キャッシュバック金額は大きい。 代理店によってキャンペーンの内容が様々。同じインターネット回線でも代理店による差が大きい。

まず、候補から外すべきところは、自宅に電話をかけてくる販売業者さんと、携帯ショップでしょうか。電話営業の業者は正直、その会社がどんな会社なのか分からないということがネックです。

また、携帯キャリアのショップ(ドコモショップやauショップ、SoftBankショップなど)でもそれぞれの光インターネットの販売をしていますが、これらのショップでは携帯販売のついで(抱きかかえ)でも売れてしまうため、キャッシュバック等の特典があまり良くないです。

そうなってくると選択肢に入るのが、

1)公式サイトからの入会
2)家電量販店
3)ネット代理店

という3つになります。実はそれぞれで特徴があるので、この段階でどれを選ぶか決まる人も多いかもしれません。

 

公式サイトから入会がお勧めな人

色々比較するのが面倒な方。ネット回線や光インターネット契約をすることでキャッシュバックのような特典よりも”損をしないこと”を重視したい人はこちらがいいかもしれません。

また、スタンダードな契約ができるため、「無知や不注意を収益源とするビジネスモデル。引っかからない賢い消費者になる方法」で紹介した騙しに近いようなオプション契約が少ないのが特徴です。いいかえると、公式サイト以外からの入会はある程度、見る目や不要なオプションを適切なタイミングで解約するといった手間も必要になります。

 

家電量販店からの入会がお勧めな人

家電量販店からの入会の特徴は、その場で買う商品が安くなるということですね。
大型家電やパソコンなどの購入と同時に入会すればキャッシュバック等でその場で安く商品が買えます。

キャンペーンのキャッシュバック額というところだけをみると、ネット代理店と比較して金額が小さいというケースもありますが、キャッシュバックのタイミングが早いというのは大きなメリットです。

一方でキャッシュバックの対象となるにはオプションてんこ盛りという契約内容になっていることも少なくありません。このあたりの契約内容や解約などのタイミングは忘れないようにしましょう。

 

ネット代理店からの入会がお勧めな人

キャッシュバック等のキャンペーンが最も充実しているのはネットから加入できる代理店でしょう。とにかくネット回線、光インターネットへの加入で得をしたいというのであればネット代理店経由が一番です。

その一方で同じネットで募集をしている代理店であってもキャッシュバックキャンペーン等の内容が違ったり、キャンペーン条件が異なります。そのため、ネット代理店経由で光インターネットの契約をするときは

1)どの回線にするか比較する
2)どの代理店経由で加入するのがお得かを比較する

という二段構えで契約する必要があります。少し面倒ですね……。

 

キャンペーンの適用条件には要注意

光回線の加入によるキャッシュバック等のキャンペーンを利用するためにはいくつかの条件がもうけられているケースがあります。そうした条件に関する注意点をまとめます。

一つは「オプションや月額サービスへの加入条件」、もうひとつは「キャッシュバック等のキャンペーンの申請方法」です。

 

オプションや月額サービスへの加入条件

特に家電量販店経由やネット代理店経由でネット回線・光インターネットの契約をするときに注意が必要なのが、それぞれの紹介のところでも挙げていますがオプションへの加入条件です。

「キャッシュバックを受けるには○○、××のオプションと月額サービスの○○テレビへの加入が必要です。それぞれ○ヶ月間は加入していただきます。それ以降は解約していただいてもいいですが、解約できるのは×カ月後からです。」

こんな感じで光回線などを契約する時にキャッシュバックがもらえる条件としてオプションや有料月額サービスへの加入が必要なケースが多いです。

それぞれへの加入によるオプション料等を支払ってもお得なケースが多いのですが、解約は自分でする必要があるので、それを忘れてしまうと、使いもしないオプション料を支払うことにもなりかねません。

 

キャッシュバック等のキャンペーンの申請方法

これはネットの販売代理店経由でのキャンペーンに多いケースです。

悪い例としてはキャッシュバックは半年後です。さらにキャッシュバックを受けるには契約書類が届いてから一定期間後に書面で申請書を提出すること。といったようにわざと複雑にしているケースもあります。

これは申請忘れを狙ったものということは明らかです。この点も要注意です。

 

以上、ネット回線・光回線をネットや家電量販店で申し込みする時の注意点をまとめてみました。光回線を検討している方はご注意くださいね。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP