おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

dケータイ払いプラスとドコモケータイ払いの活用術。ポイントやキャンペーン、利用限度額のまとめ

dケータイ払いプラスとは、2015年12月にドコモが始めた決済サービス(決済代行サービス)の一つです。dアカウントを通じて行う決済手段でネットショッピングなどにおいて商品代金をドコモの携帯料金と合算したり、ドコモ口座、dポイント、クレジットカードなどを通じて支払うことができるサービスとなっています。

ドコモの携帯電話を持っている人向けのサービスと思われるかもしれませんが、共通ポイントとしてのアカウントであるdポイントを使っている人(dアカウントがある人)であれば利用可能です。

また、ドコモでは名前が似ている決済サービスにドコモケータイ払いというものも用意ししています。今回はこの二つの決済方法の比較と、それぞれの活用方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ドコモ ケータイ払いとdケータイ払いプラスの違い

ドコモのケータイ払いは表題のとおり2つのサービスがあります。まずはその違いを抑えましょう。
名前は似ていますが、実際は結構相違点が多いです。

ドコモ ケータイ払い dケータイ払いプラス
利用可能な人 ドコモの携帯電話を利用している人
(spモードまたはiモード契約のある方)
dアカウントを保有している人
ドコモの携帯の利用有無は問わない
決済手段 ドコモの携帯電話料金に合算
ドコモ口座払い
携帯電話料金合算
ドコモ口座払い
dポイント
クレジットカード(VISA、Master)
利用限度額 1万円/3万円/5万円の範囲内
※未成年は1万円まで
電話料金合算払いは同左
それ以外の決済手段の場合は制限なし
ポイント付与 購入金額に対して付与される場合がある。※キャンペーン等で付与される場合あり 購入金額に応じて付与
通常は100円につき1ポイント
※土曜日は5倍ポイント
対象店舗 ドコモケータイ払い対象店舗 dケータイ払いプラス対象店舗

ドコモケータイ払いは使ってもあまりお得じゃないですけど、dケータイ払いプラスの場合は実はかなりお得な決済手段となっています。

ただし、ドコモケータイ払いについては時々キャンペーン等でお得なキャッシュバック、ポイントバックなども行うので、こうしたものは見逃せません。

ちなみに加盟店はそれぞれで全く別となっているのでご注意ください。

 

ドコモ ケータイ払いのメリット

ドコモユーザー限定の決済サービスです。対応している店舗やネットショップなどで支払いを携帯電話料金に合算する形で行えます。

上限金額は1万円~5万円となっており、小額といえば小額です。
ポイントは付与される場合もあれば、付与されないケースもあります。これは加盟店(利用可能なショップ)によって異なるようです。

メリットはやはりクレジットカードが不要だということでしょうか。その一方でポイントバックなどの特典は後述するdケータイ払いプラスと比較して弱いです。

 

dケータイ払いプラスのメリット

 

dケータイ払いプラスはdアカウントと連携して支払いが可能な決済サービスです。ドコモの場合は携帯料金との合算して支払い、dアカウントに登録しているクレジットカード、dポイントによる支払いったようにドコモケータイ払いによりも豊富な支払方法があります。

クレジットカードを登録していればカード払いもできるわけですが、以下で挙げるようにポイントの二重取りのようなメリットがあります。

 

1)クレジットカードと重複してポイントを貯めることができる

dケータイ払いプラスではクレジットカードによる支払いが可能です。

このdケータイ払いプラスのポイント付与はあくまでもdアカウントに紐づけられたポイントサービスです。そのため、dケータイ払いプラスを使って、登録したらdカード(クレジットカード)でお買い物をしたとしましょう。

その場合は、dケータイ払いプラスのポイント(100円につき1ポイント)と、dカード(クレジットカード)のポイント(1%相当)を二重に貯めることができるわけです。ポイントの二重取りが容易にできるわけです。

なお、携帯電話料金と合算して支払いをするという場合でも、ドコモの携帯電話料金の支払いをクレジットカード払いにしていればその時にクレジットカードのポイントが貯まるので二重にポイントが貯まることに違いはないです。

 

2)土曜日5倍やスーパァ~チャンスのようにポイント倍付イベントが多い

dケータイ払いプラスではポイントキャンペーンを行うことが多いです。

恒常的なイベントとしては土曜日の利用はポイント5倍というもの。5倍というと5%還元なのでかなり大きいですよね。

さらに、dポイントは不定期ですが、スーパァ~チャンスというポイントアップ祭りも行っています。
たとえば、2017年1月末までは、dケータイ払いプラスの対象店舗でのお買い物でポイント付与が最大20倍(20%還元)となる冬のスーパァ~チャンスというイベントを実施しています。

dポイントはこうしたイベントが多いもの大変魅力です。

 

3)期間限定・用途限定ポイントも使える。

dケータイ払いプラスでは、ドコモの期間限定・用途限定のdポイントも使えます。限定dポイントはキャンペーン等で付与されるポイントですが、利用期限が通常のdポイントよりも短いので消費に困りますが、dポイント払いプラスの加盟店で使えば、あっさり消費可能です。

ただし、dポイント払いすると、ポイント利用分についてはポイント付与の対象外となります。上記のスーパァ~チャンスなどでポイント付与率が高い時はポイント払いではなく、クレジットカード払いや携帯電話料金との合算といった支払い方法がお勧めです。

 

dケータイ払いプラスの加盟店

いくらお得とはいっても買いたいお店で使えないと意味がないです。

  • ABC-MARTオンラインストア (靴)
  • DHCオンラインショップ (化粧品・健康食品)
  • GAME CITY (ゲーム)
  • JINS (眼鏡)
  • メルカリ (フリマアプリ)
  • minne (ハンドメイドマーケット)
  • ムビチケ (映画の前売りチケット)
  • 無印良品 (ファッション・家具・雑貨)
  • nissen (総合通販)
  • ノジマオンライン (家電量販店)
  • ONWARD CROSSET (ファッション)
  • PLAZA (輸入雑貨)
  • らでぃっしゅぼーや (野菜等の宅配)
  • ショップジャパン (総合通販)
  • スポーツゼビオ (スポーツ用品)
  • ソニーストア (sony製品)
  • タワーレコード (CD)
  • ヴィクトリアゴルフオンラインストア (ゴルフ用品)

上記は一部ですが、かなり多くのお店がdケータイ払いプラスに参加しています。

 

まとめ。

dポイントはすでに共通ポイントとなっています。一方でライバルのTポイントなどと比較すると加盟店の数が少ないのがネックです。そうしたポイントも上記のように多くのネットショップで使えるようになっているというのは大きなメリットだと思います。

dポイントを上手に活用しましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP