おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ドコモ口座とドコモのVISAプリペイドカードの活用術やメリット、デメリット

ドコモ口座というのは、インターネット上での決済・送金サービス(電子マネー)です。プリペイド(事前支払い)型のバーチャル口座でドコモユーザーであれば無料で利用することができます。ドコモユーザー間なら自由な送金ができるほか、お買い物(VISAプリペイドカード)にもに利用することができます。

今回はそんなドコモのドコモ口座やVISAプリペイドなどの新決済手段と従来からあるdカード(クレジットカード)との違いなどをわかりやすくまとめていきます。

スポンサーリンク

ドコモ口座とは何か?

電子マネーの一種でドコモユーザーなら無料で利用することができます。
ドコモ口座に入金されたお金は、ドコモの通話料などの支払いはもちろん、ドコモユーザー同士による送金、お買い物などに利用することができるようになっています。

 

携帯電話料金の支払いに充てることができる

ドコモ口座に貯まっているお金はドコモの携帯電話料金の支払いに充当することができます。

 

ドコモ口座利用者同士でお金のやり取りができる

相手の電話番号と名前だけでお金を送金することができます。ドコモ口座からの出金であれば手数料は無料です。相手もドコモ口座を持っている必要がありますが、受け取り後でもドコモ口座の開設はすぐにできます。

 

お買い物に利用する

ドコモ口座内のお金を使ってショッピングに利用することができます。利用方法としてはドコモのケータイ払い(ケータイ払いプラス)か、バーチャルプリペイドカードを利用した支払い(オンラインショッピングのみ)となります。

 

ドコモケータイ払い・ケータイ払いプラス対応

ドコモのネット決済であるケータイ払い、ケータイ払いプラスに対応しているお店でのお買い物ならドコモ口座内のマネーをそのまま支払いに充てることができます。
ケータイ払い、ケータイ払いプラスについては「dケータイ払いプラスの活用術。ポイントやキャンペーン、利用限度額のまとめ」もご参照ください。

 

VISAプリペイド(バーチャルプリペイドカード)でネットショッピング

ドコモ口座のVISAプリペイドはVISA加盟店のネットショップでクレジットカードと同じようにお買い物ができるサービスです。ドコモ口座に入金した範囲内で利用可能です。また、後払い設定をすれば入金なしでも利用可能(最大2万円)です。
この後払いが可能というのは大変ユニークで面白いところですね。

 

ドコモ口座の始め方

ドコモ口座を使えるのはドコモユーザーのみとなっています。また、法人契約など一部の方は利用できません。利用条件については下記にまとめます。

  • 携帯の契約種別がFOMAかXi
  • 個人名義
  • iモードまたはspモードの契約をしている
  • iモードまたはspモードr対応のFOMA端末、Xi端末を利用している
  • ドコモメール、spモードメールの利用が可能

 

ドコモ口座の開設

口座開設はdメニューまたは、ドコモ口座アプリ(スマホアプリ)から行えます。口座開設できる人なら数分で口座開設は完了するはずです。

 

入金する

ドコモ口座への入金は、コンビニから入金するかネットバンキングで入金するという方法が中心でしょう。他にも他のドコモ口座利用者から送金されたお金を入金するという方法もあります。

 

コンビニ入金

ドコモ口座のアプリ上(dメニュー上)でコンビニから入金を選択して金額を設定して、支払いをするコンビニを決めます。すると各コンビニ用の決済用の番号などが表示されるので、画面メモなどで保存しておき、コンビニに持って行きレジで支払いをすると入金できます。

 

ネットバンキングで入金

ネットバンキングでの振込についてはドコモ口座のアプリ上(dメニュー上)でインターネットバンキングを選択して入金額を決定します。実際の支払いはPay-easy(ペイジー)を利用します。ペイジーについては「ペイジー(Pay-easy)でネットバンクやATMから公共料金・税金の支払いができる」も参考にしてみてください。

 

これで、ドコモ口座に入金がされた状態になりますので利用できるようになります。

 

ドコモ口座を利用するメリット

正直言って、ドコモ口座をあえて利用するメリットはあまり大きくないというのが個人的に利用してみた感想です。使ってみてよいかもと思える部分はVISAプリペイドカードにおいて後払いが可能という点でしょうか。

 

審査ナシ

バーチャルプリペイドカード全般に言えることですが、ドコモのケースでも審査はありません。
クレジットカードは審査に通らない……という方や、過去に金融事故を起こしてしまってクレジットカードを作ることができないという人にとって、クレジットカードとほぼ同じように利用できるカードを作れるというのはメリットでしょう。
関連:クレジット・ローンの事故情報・ブラックリストはいつ消える?確認は?

 

後払いが可能

通常のバーチャルプリペイドカード(Vプリカなど)は当然先払いです。ネットショッピングなどの利用だとどうしても「端数」が出てくることがあり、その消費方法も考える必要があります。
参考:バーチャルプリペイドカードで端数を使い切る方法

一方のドコモ口座のVISAプリペイドカードは、一定の範囲で後払いが可能です。

 

ドコモ口座を利用するデメリット

デメリットというか使いにくいところはいくつもあります。

 

1)入金が面倒

コンビニ払いにしても銀行振り込みにしてもチャージが少し面倒でした。せめてクレジットカードを使ったオンラインチャージには対応してほしかったというのが感想です。

 

2)あえてVISAプリペイドを使いたいという気持ちにならない

1000円あたり1円がドコモ口座にキャッシュバックされる仕組みになっています。ただよくよく考えると還元率は0.1%です。ポイント還元といった仕組みで言えば、同じドコモのクレジットカードであるdカードでも1%なのでその1/10と考えるとショボイです。
参考:dカードgold(DCMX gold)はドコモユーザーにメリットいっぱいのクレジットカード

また、VISAプリペイドカードの利用で手数料がかかるというのも少しいただけないです。
ワンタイムプラン 【発行手数料】毎月1回目無料。2回目以降は100円/回(税抜)
定額パックプラン 【月額使用料】200円(税抜)/月

※ワンタイムカードは効期間が10日と短く設定されており、使い捨てと考えてください。レギュラーカードの有効期間は3年と長く、継続して利用したい方向けです。

ただ、定額パックプランなら年間で2400円(税別)のコストがかかるわけです。前述の通りあえて使う必要があるのかなぁ……。という気持ちになります。

 

2016年11月にはdポイントカードと一体となったプリペイドカードとしてdカードプリペイド(MasterCard)が登場しています。また、せっかくの共通ポイントとして活用している「dポイント」との連携があまりないというのもいかがなものかと思います。

クレジットカードとしての審査が無い。というところをメリットにドコモ口座のVisaプリペイドカードを利用しようと思っているのであれば、dカードプリペイドの方がメリットが大きそうです。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP