おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

プラチナカードというワンランク上のクレジットカード。年収等の取得条件やサービス内容のまとめ

platinumクレジットカードをあえてランキング付けするとすれば、「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」という順でランク(格)が上がっていくと考えることができます。ただ、あくまでもその格付けはカード会社の中での格付けであって、実際の年収等の取得条件や年会費、サービス内容等はカード会社によって全く異なるというのが現状です。

今回はゴールドカードよりもワンランク上のカードである「プラチナカード」についてその特徴や定義、手に入れるための条件やサービス内容、人気のプラチナカードなどについてわかりやすく紹介していきます。

スポンサーリンク

プラチナカードとは?プラチナカードの定義

プラチナカードというのは金(Gold)よりも高価とされる白金(Platinum)という言葉からもわかる通りゴールドカードよりもより上位のクレジットカードにつけられることが多いカードの名称です。

カード会社によっては最上級とされるブラックカードを発行しない会社の方が多いため、それぞれのクレジットカード会社が発行するカードの中でも最上級のステータスカードであることも多いです。

プラチナカードを厳密には定義できませんが、いわゆるゴールドカードの特典に加えて、「コンシェルジュサービス」「レストラン等のグルメサービス」などが付帯することが多いです。
また、すべてではありませんが、取得するためのはインビテーション(招待)が必要か、特定の条件を満たしていないと申し込みができないカードもあります。

このように、限られた人だけが持てるという特別感のあるカードが多いのも特徴です。

 

プラチナカードと審査、入手方法

前述の通り、所定の条件を満たした人にだけインビテーション(招待)のような形で作りませんか?という提案するタイプのカードと、誰でも申し込みはできるというカードがあります。

前者は条件を満たす必要がありますが、後者であれば申し込みは誰でもできるわけです。ただし、審査基準として考えるとやはり厳しく設定しているカード会社も多いので、一定以上の属性やそのカード会社でクレヒスを積むなどの実績が必要になるケースもあります。

何か欲しいプラチナカードがあるのであれば、まずは、そのカードの下位カード(ゴールドカードなど)を取得して使い続けるというのが入手までの第1歩といえます。

クレヒス(クレジットヒストリー)については「クレジットヒストリー(クレヒス)の重要性と信用情報」の記事で詳しく紹介しているのでこちらもご参照ください。

 

プラチナカードにおける代表的なサービス

プラチナカードといっても様々なカードがあり、それぞれでサービス内容が異なるため、一概にこういうサービスがあるとは言えませんが、一般的に提供されることが多いサービスをまとめます。

 

コンシェルジュサービス

コンシェルジュとは総合世話係などとも訳される通り、プラチナカード会員からの要望などに対応してくれるサービスのことです。レストランやホテル、旅行券などの手配、贈り物・ギフトなどの用意などいろいろな要望に応えてくれます。

ゴールドカード以下のカードでは航空券予約などの一部の手配に限られていたり、利用に手数料がかかったりするケースが多いですが、プラチナカードのコンシェルジュサービスになると基本的には払っている年会費の中で対応してくれることが多いです。

コンシェルジュサービスについてはカード会社によっても対応が異なることが多いです。一概には言えませんが、アメリカンエキスプレスやJCBのコンシェルジュデスクは評価が高いようです。

 

グルメ系のサービスが充実

プラチナカードになると飲食系のサービスが充実してきます。「クレジットカードの特典で2名以上で1名コース料理が無料になるサービスの紹介と比較」でも紹介したような2名以上でコース料理を頼めば1名無料になるサービスなどは多くのプラチナカードで提供されています。ゴールドカードではアメックスゴールドを除き、こうしたサービスの提供はないのでプラチナカード以上のサービスといえそうです。

 

ホテル系のサービスが充実

プラチナカードになってくるとホテル・宿泊系の優待などがセットされることがあります。

 

空港ラウンジが国際空港も使えるようになる

多くのプラチナカードには「プライオリティパス」と呼ばれる国内空港の国際線ラウンジ人や海外の空港でのラウンジを無料で利用できる会員に無料でなれることが多いです。
もちろん、国内線空港のゴールドカードラウンジも利用できますよ。

 

人気のプラチナカードを徹底比較

各方面で人気のプラチナカードを比較していきます。

 

JCBゴールド・ザ・プレミア

日本を代表するカード会社JCBのプロパープラチナカード。JCBゴールドカードを2年以上100万円以上利用すると切り替えが可能になるプラチナカードです。JCBゴールドからのステップアップカードです。さらに、JCBゴールド・ザ・プレミアの上位カードとしてJCB the Classがあるので、それを目指す方にもお勧めです。

取得条件がやや厳しいですが年会費が安く、さらに年間利用額によっては年会費をさらに5000円ダウンさせることも可能なスペックの高いプラチナカードです(なお、人によっては上位のJCB the Classをプラチナカードとする方もいらっしゃいます)

カードフェイス自体はゴールドカードっぽいのでプラチナカードっぽさがほしいという人には向いていないかもしれませんが、年会費の安さの割にサービス内容は充実しているのでコスパ重視の方にもおすすめです。

年会費:15,000円(税別)

>>JCBゴールドカード公式ホームページはこちら

 

三井住友VISAプラチナカード

こちらも日本を代表するカード会社である三井住友カードのプロパープラチナカードです。以前はインビテーション(招待)のみでしたが、現在は直接申し込みも可能です。ただし、三井住友カードに実績がない方はまずは「三井住友VISAゴールドカード」からの実績づくりをおすすめします。

年に1度メンバーズセレクションといってプレゼントがもらえるなどの特典もあります。

年会費:50,000円(税別)

>>三井住友VISAゴールドカード公式ホームページはこちら

 

アメリカンエキスプレスプラチナカード

年会費が他のプラチナカードよりも抜けているカードです。直接の申し込みはできず、インビテーション(招待)によるカード取得が中心となります。年会費が高いだけあって、大手ホテルチェーンの上級会員資格も同時に付与されるなど特典も充実しています。

T&Eカード(Travel and Entertainment)として知られるだけあって旅行系には特に強いです。様々な国内外の有名ホテルに優待価格や特典付き、無償アップグレードで泊まれるなどの特典あがあります。

年会費は高額ですが、海外やリゾートに行くことが多いという富裕層の方にはメリットのあるカードといえるかもしれません。取得するにはまずは「アメックスゴールドカード」で実績を作ることが重要です。

年会費:130,000円(税別)

>>アメリカンエキスプレスカード公式ホームページはこちら

 

エポスプラチナカード

マルイのカードで知られるエポスカードのプラチナカードです。エポスカードは一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの3種類があります。エポスカードは利用実績を積むことで「年会費無料のゴールドカード」を持てることで有名ですが、さらにステップアップすればプラチナカードのインビテーション(招待)ももらえます。
ただしプラチナは年会費無料ではありません。ポイント還元などの実利面が充実しているカードで、ポイント還元率は使い方次第で2%を超えるなど魅力があります。

年会費:18,519円(税別)

>>エポスカード公式ホームページはこちら

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード

銀行系のMUFGカードのプラチナカードです。直接申し込み可能で手軽な年会費でもてるプラチナカードです。コスパの高さがウリで、家族カードに対してもプライオリティパスを発行できるなど家族で海外に行くことが多いというご家族にもおすすめです。

直接の申込が可能なのでプライオリティパス目当てで取得される方も多いカードですね。

年会費:20,000円(税別)

>>MUFGカードプラチナ公式ホームページはこちら

 

楽天ブラックカード

楽天カードの最上級カードです。ブラックカードと名前がついておりカードフェイスも黒ですが、カード券面には思いっきり「Platinum」と書かれているのでプラチナカードということで紹介します。直接の申し込みはできず、楽天カードからのインビテーション(招待)のみで取得できます。

インビテーションの基準も明らかではありませんが、招待数も少ないとされ、かなり希少なプラチナカードとなっています。

楽天市場での買い物でポイントがたまりやすくなる特典のほか、プライオリティパスが同伴者2名まで可能という充実した内容も特徴的です。ほしい方は楽天カードを取得して地味ですがクレヒスを積んでいきましょう。

年会費:30,000円(税別)

>>楽天カード公式ホームページはこちら

 

プラチナカードの年会費のモトは取れるのか?

プラチナカードは年会費2万円~5万円くらいの間が中心となります。この年会費の元が取れるかどうか?といわれると、使い方次第としかいえません。

そもそも、プラチナカードの多くのは「プライオリティパス」が付帯しています。これは「空港のラウンジが使えるプライオリティパスの活用方法と利用の注意点」の記事でも書きましたが正規料金は通常399ドル(約4万円)します。元を取れるかどうか?でいえばプライオリティパスの権利が無料というだけでも多くのカードでモトが取れます。

とはいっても最終的に本当に得かどうかは有料のラウンジをどれだけ無料で使うことができたかです。そういう意味で考えると、プラチナカード以上のカードは海外旅行や海外出張、あるいは国内でもリゾートホテルやシティホテルへの宿泊、有名レストランでの食事などがあるかどうか?によってずいぶんと差が出てくることになるでしょう。

 

以上、プラチナカードというワンランク上のクレジットカード。年収等の取得条件やサービス内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP