おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

USJ(ユニバーサルスタジオ)のスポンサーラウンジを活用。アトラクションの待ち時間を大幅短縮

2017/08/22最終更新   レジャー、遊びで得をする 節約術

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)ではアトラクションは○○協賛といった具合でスポンサーがついていることがあります。そうしたスポンサー付きのアトラクションにおいてはそのスポンサーのサービスを利用していると、スポンサーラウンジが利用できる場合があります。

専用のラウンジで休憩できるほか、そのスポンサーが提供しているアトラクションのエクスプレスパスや優先案内などが利用できる場合があります。

普通に買うとかなりお高い、エクスプレスパスを買わずに待ち時間を大幅に短縮できるのはかなり大きなメリットです。ラウンジの使用条件等をまとめていますのでUSJを100%遊びつくす参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

各アトラクションごとのスポンサー

まずは、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)におけるアトラクションごとの協賛を見ていきましょう。

アトラクション名 協賛企業
ジュラシックパーク・ザライド アート引越センター
ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド 大和ハウス工業
セサミストリート4Dムービーマジック
エルモのリトルドライブ
エディオン
ミニオン・ハチャメチャ・ライド 日本航空(JAL)
ザ・フライングダイナソー JCB
バックドラフト JTB
ターミネーター2:3D NEC
スヌーピーのグレートレース 日本生命
スペース・ファンタジー・ザ・ライド NTTドコモ

以上のようにいくつかのアトラクションでは、企業がコーポレート・マーケティング・パートナーズとしてプロモーションを行っています。

こうしたアトラクションの協賛を行っている企業では、それぞれがUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の施設内に「ラウンジ」を設けており、自社サービス利用者等を招待しているケースがあります。

 

スポンサーラウンジを使うとどうなる?

スポンサーラウンジを利用すると施設内にあるラウンジで休憩することができます。
サービス内容は各ラウンジによって異なりますが、ソファ等でゆっくりと休憩することができるほか、ソフトドリンク等のサービスがあります。

冷暖房が効いたお部屋で疲れた体を休ませることができるというのは至福の一時といえるのではないでしょうか。特に真夏や真冬といった外にいるのは厳しい時期にはうれしいです。

そしてこのスポンサーラウンジの最大のメリットは「スポンサーのアトラクションに優先搭乗ができる」ということです。

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)では優先搭乗ができる「エクスプレスパス」というチケットを販売していますが、このチケット自体が結構お高いんですよね……。

たとえば、7つのアトラクションに優先搭乗ができるエクスプレスパスは一人当たり最大で18,800円(税込)です。4人家族で行くなら75,200円!1つのアトラクションあたり1万円以上出すということになります。

人気のアトラクションの場合は100分、場合によっては200分待ちということもありますので、待ち時間の苦痛と金額との兼ね合いということになるのでしょうが、いかんせん高いです。

ただ、スポンサーラウンジを利用すれば、それぞれがスポンサーになっているアトラクションに限りますが、最優先搭乗が可能です。人気のアトラクションでいえば、数千円~1万円ほどの価値があるということになるわけです。

 

USJのスポンサーラウンジはどうやったら使えるの?

基本的にはそれぞれの会社のサービス利用者向け、ポイント特典(ポイント交換)、懸賞などとして提供される場合があります。
スポンサーラウンジの利用が公開されているケースもあれば非公開というケースもあります。

以下では、私が実際に試したり、確実な情報として発信されている企業のスポンサーラウンジの情報についてまとめます。

 

JCB(ザ・フライング・ダイナソー)

大手クレジットカード会社のJCBでは、自社のクレジットカード会員のうち、一定のプレミアムカード所有者向けにユニバーサルスタジオジャパンのラウンジ利用券を提供しています。

ラウンジでは30分の休憩+ザ・フライング・ダイナソーへの最優先搭乗が可能となっています。

 

USJのJCBラウンジを利用するための条件

現在、確認できているクレジットカードは以下の券種です。

  • JCB the Class(JCBザクラス)
  • ANA JCBカードプレミアム
  • JAL JCBカード・プラチナ
  • JCBプラチナ法人カード

上記カードを持っている方は、年1回に限り、ラウンジ利用券を請求・利用することができます

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の中でも屈指の人気を誇る、ザ・フライング・ダイナソーに優先搭乗ができます(同伴者も可能)。混雑日には200分待ちといった3時間以上も待たないといけないということもあるアトラクションであるということを考えると優先搭乗ができるのは大変ありがたい話です!

エクスプレスパスよりも優先され、搭乗口まで直接案内の上、最も最前列でザ・フライング・ダイナソーを体験できるというプレミアムな体験が可能となっています。

JCBのラウンジを利用したい方は、プラチナカードデスクに連絡の上、事前予約が必要になります。なお、利用時にクレジットカードの確認がされるので転売はできません。

ラウンジへの入り口はザ・フライング・ダイナソーの出口を逆走する形になります。

 

ハードルはやや高いけど、対象カードを持っているなら利用価値大!

JCBのプラチナカード類は年会費としては3万円程度~というやや高めの年会費が必要なクレジットカードとなっています。

そのため、JCBラウンジのためだけにカードを作るというのはあまりお勧めできる話ではありません。もっとも、JCBは国内唯一の国際ブランドのクレジットカード会社として日本国内を中心に様々なサービスを展開しています。

同じ関西圏であれば先日紹介した「JCBラウンジ京都」などもその一つですね。

他にもJCBはディズニーのオフィシャルスポンサーでもあり、JCBの最高峰のクレジットカード「JCB the Class(ザクラス)」ならディズニーでも同種のラウンジが利用できます。
最も手ごろにカードを作りたいなら、まずはJCBゴールドカード(年会費1万円)からスタートして、インビテーションが来るのを待つというのが近道といえそうです。

JCBゴールドカード公式ホームページ

 

NTTドコモラウンジ(スペース・ファンタジー・ザ・ライド)

NTTドコモはスペースファンタジーのスポンサーとなっており、ラウンジを利用すると休憩に加えて、ドコモがスポンサーとなっている「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」への優先搭乗が可能となります。

 

ドコモラウンジの利用条件

こちらはドコモの共通ポイントのdポイントクラブの会員で、「シルバーステージ」以上の方なら申し込み+抽選で当選したら利用できます。

ドコモ利用者でなくてもdポイントカードを持っており「dポイントクラブ」に登録(無料)をしていれば利用できますが、シルバーステージ以上という条件があるので、非ドコモユーザーの方は少し厳しいかもしれません。

dポイントクラブのステージ振り分けは以下の通りです。

レギュラーステージ ブロンズステージ シルバーステージ ゴールドステージ
ステージ判定基準 6カ月間のdポイント数
・12月~5月
・6月~11月
600ポイント未満 600ポイント以上 3,000ポイント以上 1万ポイント以上
ドコモの利用期間 10年未満 10年以上 15年以上
dカード dカード保有 dカード gold保有

応募は、シルバーステージ以上の方だけが応募できるd POINT Clubの「プレミアムクーポン」のページから申し込み可能です。

  1. ドコモを15年以上利用している
  2. 半年間のdポイント獲得が3000ポイント以上
  3. dカードgoldを保有している

といういづれかの条件を満たすている必要があります。

 

ドコモラウンジの抽選

抽選はスタジオパス(入場券・ペア)とドコモラウンジ利用券の2種類があります。
当然ですが、スタジオパスのほうは競争が激しいのでなかなか当選しませんが、ドコモラウンジのほうは「毎週、2週間後のご利用に対してご応募いただけます。」という条件付きのため当選確率はやや高めです(実感値)。

言い換えれば、USJに行くなら2週間前に抽選に参加することをお勧めします。

 

一番単純な方法はdカードgoldを作ること

ユニバーサルスタジオジャパンのドコモラウンジを利用したいのであれば、dカードgoldを所有するのが一番手軽です。

dカードgoldはドコモユーザーにメリットいっぱいのクレジットカード
2015-12-25 18:02
NTTドコモの携帯電話や光インターネットサービスを利用している人はドコモのクレジットカード「dカード」がオススメ。特に家族契約や光インターネット契約もパックにしている方は上位クレジ
リンク

年会費(1万円+税)は必要になりますが、ドコモ利用料金の10%相当がポイントバックされますので、ドコモの料金として月1万円くらい払っている方はポイント分だけでも年会費の元を取れます。

あと、dカードgoldをお持ちの方は家族カードも1枚無料で発行でき、家族もゴールド会員になれます。ということは抽選口数が2倍!になりますので、こちらも活用しましょう。ちなみに、私は過去2回利用して、どちらも当選したので、当選確率はかなり高いと思います。

dカードgold公式ホームページ

 

JALラウンジ(ミニオン・ハチャメチャ・ライド)

JALラウンジも他のスポンサーラウンジと同様に休憩が可能です。
JALがスポンサーとなっているのはミニオン・ハチャメチャ・ライドでこちらもUSJの中では最大級に人気の高いアトラクションとなっています。

ただ、こちらのラウンジでは、ミニオン・ハチャメチャ・ライドへの直接的な優先搭乗ではなく、「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」、「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」、「ジョーズ」の三つのアトラクションの中から一つを優先搭乗できるエクスプレスパスがもらえるようになっています。ミニオンにも搭乗できますが、他のアトラクションにも乗れるので汎用性が高いですね。

 

JALラウンジの利用条件

こちらの条件はかなり厳しく、JALをよく利用する人向けのステータスにおけるJMB(JALマイレージバンク)における「JMBダイヤモンド」または「JGCプレミア」という条件を満たしている人が利用できるベネフィットとなっています。
いわゆる上級会員の中でもほぼ最上位の会員ステータスの人に開放されています。

この会員ステータスの方は事前予約等は不要で、ステータスカードをスタッフに提示すればOKです。ただ、JMBダイヤモンドやJGCプレミアは相当JALに乗っていないと獲得できないステータスなので、普通の人にとってはあまり現実的ではないです。

JALラウンジが使える、もう一つ利用方法は、JALのツアーを利用するという方法があります。「JALで行く ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの旅」というパックツアー(1人でも利用可能)であれば、JALラウンジの利用券が付帯しているケースがあります。こうしたプランなら上級会員でなくても利用可能です。

>>ユニバーサルスタジオジャパンのJALパックツアーページ

 

その他のスポンサーラウンジ

その他のスポンサーラウンジは少し手短に紹介したいと思います。

 

ニッセイラウンジ(スヌーピーのグレートレース)

日本生命で生命保険等を契約している方向けに提供されることが多いようです。営業担当のセールスレディや担当者などにラウンジが使えないかを確認してみましょう。契約者向けのサービスです。

私はニッセイの契約はないので、詳細不明なところもありますが、USJのパークチケットも割引価格で手に入るようなケースもあるようです。

 

JTBラウンジ(バックドラフト)

JTBのツアー利用でラウンジ利用券がセットになっていることが多いです。アトラクションのバックドラフトへの優先搭乗ができるようです。ただ、バックドラフトはUSJの中でもそもそもの待ち時間が短いアトラクションなので利用価値はちょっと低いかもしれません。

 

大和ハウス専用ラウンジ(ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド)

ダイワハウスの会員であるPREMIST CLUB会員向けの懸賞キャンペーンでUSJチケットとセットでプレゼントといった企画に利用されているようです。イベント・キャンペーン次第ですね。

 

エディオンラウンジ(セサミストリート4Dムービーマジック)

エディオンでの販促キャンペーン等でUSJチケットと一緒にプレゼントというケースが多いようです。

 

NEC(ターミネーター2:3D)

こちらはあまり情報がありません。NEC関連の福利厚生関連で少し情報がありますので、外部の人に渡すというよりも従業員やその家族、あるいは取引先などへのプレゼントといったあたりで利用されているのかもしれません。

 

まとめ。上手にラウンジを利用してUSJを100%楽しもう

以上、USJで利用できる各種アトラクションのスポンサーラウンジについて紹介しました。
全員が全員利用できるというわけではありませんが、もしも自分が条件に該当するようであれば事前にラウンジの利用について確認しておくようにしましょう。

これだけでもユニバーサルスタジオジャパンをもっと効率的に楽しむことができるはずですよ。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP