おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

空港のラウンジが使えるプライオリティパスの活用方法と利用の注意点

priority-passプライオリティパス(Priority Pass)とは世界最大の空港ラウンジ利用の有料会員サービスです。会員になることでプライオリティパスが契約している空港のラウンジサービスを提供しています。提携しているラウンジは全世界で850か所以上となっています。

個別でも加入することはできますが、日本においてはクレジットカードの付帯サービスの一つとしてプライオリティパスの利用権利を提供していることが多いのが特徴です。

今回はそんなプライオリティパスを100%お得に活用するための利用方法や利用における注意点などをまとめていきます。

スポンサーリンク

プライオリティパスには3つの会員種類がある

まず、プライオリティパスは「スタンダード会員(99USドル)」「スタンダード・プラス会員(249USドル)」「プレステージ会員(399USドル)」の3種類の会員資格がありますが、ラウンジを無料で利用できるのは「スタンダードプラス会員」「プレステージ会員」となります。

日本のクレジットカード会社の特典として加入できるのは最上級の「プレステージ会員」であることが多いのですが、そうでないケースもあります。

普通に考えると正規料金で加入するのはかなり勇気のいる価格かと思います。実際、正規料金で加入している人はほとんどいないはずで、実際のところはプライオリティパスを無料で利用できるクレジットカードなどを通じて登録している人が中心です。

 

プライオリティパスの活用方法、メリット

国際線の主要な空港には、航空会社が自社のビジネスクラスやファーストクラスを利用する人、あるいは上級会員向けにラウンジを用意しています。

通常はこうした特別なお客様向けに提供しているサービスなのですが、プライオリティパスを持っていればこうした航空会社のラウンジを無料(一部会員は有料)で利用することができます。

国内線のクレジットカード会社のゴールドカード等で入場できるラウンジとは異なり、国際線の空港ラウンジについて、ソフトドリンク、軽食、アルコール類の提供、シャワーの利用といったように施設サービス的にも豪華です。

国際線の場合は空港での待ち時間も長いものですが、こうした待ち時間をラウンジでゆったりと過ごすことができるというのが大きなメリットといえそうです。

 

使えるラウンジはスマホアプリで検索できる

プライオリティパスが利用できるラウンジ、利用できないラウンジがあります。詳細な情報はスマートフォン向けのアプリが用意されているのでこちらで調べることができます。

 

Priority Pass

Priority Pass
無料
posted with アプリーチ

プライオリティパスのデメリットや注意点

一方でプライオリティパスにも注意点はいくつかあります。

 

国内線では使えない

国内線にはそもそもプライオリティパスが利用できるラウンジが設置されているところはありません。国内線にもANAの「ANA LOUNGE」やJALの「サクララウンジ」といったように航空会社のラウンジはありますが、これらはプライオリティパスの対象外です。

そのため、プライオリティパスが力を発揮できるのは主に海外旅行や海外出張のような形で国際線を利用する場合です。

なお、国内の国内線でプライオリティパスが利用できる空港は下記の通りです。

・成田空港
・関西国際空港
・中部国際空港
・福岡空港

最近は羽田空港発の国際線もありますけど、羽田空港にはプライオリティパスで入場可能なラウンジがありません。そう考えると、海外での空港での利用が中心になりそうですね。

 

同伴者は有料となるケースがほとんど

プライオリティパスの提示で無料になるのは基本的に本人のみとなります。

同伴者については基本的に有料で2000円~3000円/人という形で設定されていることがほとんどです。よっぽど時間が余っているといったようなケースやラウンジのグレードにもよると思いますが、2000円、3000円を出してまで入る価値があるかなと思います。

一人の旅行や出張ならいいですけど、友達や家族と一緒に海外旅行や出張に行ったときに、「じゃあ僕はラウンジ行ってくるわ」とはなかなか言えないですよね。

皆がラウンジを利用できるならいいんですけどね……。

そうした意味で、海外旅行は家族旅行が中心といった方は海外によく行くという方でも活躍の機会が少ないかもしれませんね。

 

海外旅行にたくさん行く人はお得だけど……

上記の通り、プライオリティパスは海外旅行や海外出張によくいって飛行機によく乗るという人にとってはメリットが大きいといえますが、逆にそれ以外の人にとってはあまりメリットのあるサービスとはいえなさそうです。

通常価格399USドルが無料で作れるというとすごくお得な気もしますが、結局そこまで使わないのであればそんな価値はありません。表面的な価値よりも、実際にラウンジを使うかどうかの実質的なお得さで判断するべきだと思います。

以下でも紹介しますが、プライオリティパスが付帯するクレジットカードの年会費は最低でも1万円~となります。もちろん、そのほかの特典等にベネフィットを感じているならそれはそれでいいと思いますが、プライオリティパス単体のためにカードに入会しようと考えている方は、その実質的な特典をどれだけ活用できるかも考えるべきです。

 

プライオリティパスを無料で会員登録できるクレジットカード

上記のプライオリティパスを無料で発行できるクレジットカードは下記の通りです。なお、入手にあたって、インビテーション(招待)が必要で直接申し込みができないクレジットカードについてはs除外しております。

 

楽天プレミアムカード

年会費10,000円(税別)という最も年会費が安くプライオリティパスを手に入れることができます。ローコストでプライオリティパスがほしいという方にお勧めです。なお、楽天プレミアムカードには最高5000万円の海外旅行傷害保険も自動付帯しています。

ちなみに、楽天プレミアムカードのさらに上位カードである「楽天ブラックカード」のプライオリティパスについては同伴者2名まで無料になる特典がついているそうです。ただし、楽天ブラックカードは直接の申し込みは出来ず、インビテーション制(招待制)となっています。

>>楽天プレミアムカード公式ホームページ

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード

年会費は20,000円(税別)。家族で海外旅行に行くという方におすすめです。家族会員に対しても無料でプライオリティパスの発行が可能です。

家族カードも1枚までは無料。2枚目以降は1名当たり3,000円(税別)となります。なお、高校を卒業していれば自分の子供に対しても家族カードを発行可能です。ファミリーで海外旅行に行くという方にとってはうれしいカードですね。

また、本カードには自動付帯の海外旅行傷害保険以外にも、航空機の遅延や手荷物トラブルなどを保証する航空機遅延保険もセットされています。

>>MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード公式ホームページ

 

ANA VISAプレミアムカード

年会費80,000円(税別)。ANAカードのVISAプレミアムカードです。プライオリティパスが付帯するだけでなく、プライオリティパスでは利用することができない、国内線の「ANA LOUNGE」もANA便搭乗時に限り利用することができます。
年会費は高いですけど、国内線の航空会社のラウンジも利用したいという方にはおすすめ。

>>ANA VISAプレミアムカード公式ホームページ

 

JAL JCBプラチナカード

年会費31,000円(税別)。プライオリティパスは利用できますが、ANA VISAプレミアムカードとは異なり、JALの国内線ラウンジである「サクララウンジ」の利用はできません。その分年会費は安いですね。

>>JAL JCBプラチナカード公式ホームページ

 

JCBプラチナ法人カード

年会費30,000円(税別)。企業や個人事業主向けのカードです。特に仕事で海外に出張するときなどは、そのまま使ったお金を経理処理できるので便利です。家族カード(追加カード)も発行可能ですが、プライオリティパスの特典は代表カード(1枚)のみとなります。

>>JCBプラチナ法人カード公式ホームページ

 

以上、空港のラウンジが使えるプライオリティパスの活用方法と利用の注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP