おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

iDeCoや企業型確定拠出年金におけるおすすめの資金配分の考え方

nenkiniDeCo(個人型確定拠出年金)は制度上様々なメリットがあることについて「個人型確定拠出年金のメリット、デメリット」で紹介しました。

その一方で考えなくてはならないのは、iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めるのはいいけど、いったい掛金をどんな投資(運用)の回していけばいいのでしょうか?

今回はiDeCo(や、企業型確定拠出年金)の運用方針について紹介します。確定拠出年金では掛け金を何で運用するのかを自分で選択する必要があります。でも、投資の経験もないし、一喜一憂するのは嫌だから定期預金でいいかな、なんて考えていませんか?今回は確定拠出年金における資金の配分方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

本記事は個人的な投資観が含まれております。投資への考え方は人それぞれですし、年齢などによっても変わってくることがあるかと思います。あくまでも一つの意見として参考にしていただければと思います。

 

iDeCo、企業型確定拠出年金は複利効果を活かそう!

まず、確定拠出年金において元本保証商品(定期預金等)への配分は基本的に不要だと考えています。確定拠出年金は超長期で運用するものです。そのため、長期運用による「メリット」を有効に活用するべきだと思います。

その大きなメリットは「税効果」と「長期運用による複利効果」です。この2つが組み合わさることで確定拠出年金の運用メリットは大きく上昇します。

確定拠出年金では、運用成果に対する税金は途中で発生しません。そのため、利回りは普通に証券会社で投資をするよりも上昇します。株や投資信託の配当金や分配金には20.315%の税金がかかります。

確定拠出年金の口座では、この利益に対する税金がかからないことで、実質的な利回りが上昇します。この効果は長期で運用することにより複利効果が働き劇的に大きくなります。

仮に、年利3%で30年間運用したとします。

確定拠出年金以外の場合利回りは税金がかかるので2.39%にまで低下します。一方で確定拠出年金の場合は3.0%のままです。

実際に積立をしていく確定拠出年金でどれくらいの差が出るかを試し見ましょう。これは「個人年金や学資保険、養老保険の利回り計算の方法」でも紹介したエクセルのFV関数を使えば簡単です。

30年間、毎月26000円の積立をしていったとしましょう。運用利回りは3%と仮定します。

税金あり:=FV(0.03/12,360,-26000)=15,189,037円
税金なし:=FV(0.0239/12,360,-26000)=13,665,588円

このようになります。同じ利回りでも税金の有無だけでもこんなに大きく変わるわけです。複利効果については「金融知識として知っておきたい複利の考え方」でもまとめているのでこちらもぜひご一読ください。

 

iDeCoでの定期預金は一部を除きあまり重要でない

こうした複利を活かすという意味ではほぼ利回りがゼロの定期預金はほぼお勧めできないといえそうです。2019年現在はマイナス金利政策の影響でほとんど金利が付かないからです……。

定期預金だとせっかくの「長期運用×非課税による複利効果」を活かせません。

20代~40代の方であれば定期預金はやめておきましょう。

定期預金は普通の貯金として貯めておけば十分です。その一方で50代以降の方で、かつ個人型確定拠出年金の場合なら定期預金もアリです。これは運用を考えるのではなく、掛け金拠出による所得控除(給料の税金が安くなる効果)だけを期待するというものです。

貯蓄型の保険商品もありますが、定期預金と似たり寄ったりです。

こちらについては「定年前(50歳代)の人でも個人型確定拠出年金を上手に活用する方法」でも紹介しいています。ただし、企業型確定拠出年金の場合はそもそも個人負担はしていないので、50代の方でも運用に回すほうが良いでしょう。

 

基本的に運用資産は「投資信託」

確定拠出年金の掛け金の配分先は「預金」「保険」「投資信託」の3つがあるはずです。預金や保険がダメという事であれば投資信託くらいしか選択肢がないというが現状かと思います。

投資信託などの投資は短期では値動きリスクがありますが、超長期になればその変動幅は終息する傾向があります。また、確定拠出年金の場合は一度に投資をするのではなく、毎月コツコツと積立投資をしていく形になります。

そのため、投資の時間分散が図られることになり、さらにリスクは小さくなります。また、確定拠出年金の場合は毎月定額を投資する「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資方法になり、平均取得価格を引き下げやすい投資法となります。

1年、2年といった短期では損も出ることはあるかもしれませんが、確定拠出年金はどうせ20年、30年と長期で運用するものですから短期的な値動きは気にしないというのも一つです。

 

iDeCo/企業型確定拠出年金における投資信託の選び方

確定拠出年金では投資信託は「日本株式」「日本債券」「海外株式」「海外債券」「不動産(REIT)」「バランス」という区分があります。また、それぞれで「パッシブ(インデックス)」と「アクティブ」という種類もあるでしょう。

簡単に説明します。投資対象については読んだ通りなので飛ばすとして、パッシブ(インデックスファンド)は「市場平均のリターンを目指す」というものです。国内株式ならTOPIXや日経平均などに連動するように動くことを目標とします。

一方でアクティブは「市場平均以上のリターンを目指す」というものです。ここだけ読むとアクティブの方がよいと思うかもしれませんが、あくまでも目指すだけなのでパッシブ以下の成績に終わることも多々ありますし、なんといっても費用(手数料)が高いというデメリットがあります。
(参考:アクティブファンドとインデックスファンドの違い

そのため、年金という運用資産であれば「パッシブファンド(インデックスファンド)」が基本的にお勧めです。

 

確定拠出年金におけるアセットアロケーション(資産配分)

長期投資におけるリスクとリターンを決定づける要素は「アセットアロケーション」であるといわれています。アセットアロケーションというのは資産配分のことです。

国内株、国内債券、世界株、新興国株、REIT(不動産)といったように異なる資産クラス(アセットクラス)を組み合わせることで期待リターンはそのままにリスク(変動率)を下げることができるとされています。

じゃあ、どんな割合なの?ということですが、これは過去の様々なデータを組み合わせて最適な配分を考える必要があります。たとえば以下のような感じです。

 

ハイリスク型の確定拠出年金の資産配分パターン

国内株式と外国株式を1:1の割合。

ある程度リスクを取る配分パターンです。金融評論家の山崎氏が年金積立金管理運用独立行政法人の2007年運用データをもとに期待収益率7.45%とした時の配分例です(2008年時)。リスクはある程度高いので、長期投資が前提となる若い方や積極的にリスクをとってでも年金を増やしたいという方におすすめ。

ただし、相場が大きく崩れてしまうような時、たとえばリーマンショックのようなことが起こった場合には大きく資産が毀損するリスクがあるということは覚えておきましょう。

 

ミドルリスク型の確定拠出年金の資産配分パターン

ミドルリスク型のアセットアロケーションとして、私たちの年金の運用パターンを利用させてもらいましょう。厚生年金・国民年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用パターンです。国内債券67%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式9%、現金(定期預金)5%となっています。

国民の年金を運用しているわけなので、保守的な設定となっています。

 

元本重視型の確定拠出年金の資産配分パターン

最後に、もうすぐ定年(年金受取までの期間が短い)という方は、投資信託重視ではなく、定期預金重視でも良いでしょう。8割以上を定期預金として良いかと思います。

運用期間が短い場合は変動リスクはそれなりに大きくなるので年金原資を慎重に運用するスタイルにしましょう。

 

ロボアドバイザーを使って配分割合を知る

本来の使い方とはちょっと違いますが、ロボアドバイザーという資産運用ツールを使ってポートフォリオを構築するのも手です。

ロボアド(ロボアドバイザー)は「ロボアド(ロボアドバイザー)を利用した資産運用の特徴とサービス比較」でも紹介しましたが、投資信託等の資産配分をあなたの投資スタンスに応じて最適に配分してくれる金融ツールです。2016年ごろから個人投資家向けに提供されるようになりました。

ファンドラップや投信積み立てのように、基本的には自社で投資をする人向けのサービスですが、カブドットコム証券が提供するFUND MEのようにツールだけを無料で提供している証券会社もあります。

こちらで診断をすれば「国内株に○%」「先進国株に×%」「新興国株に□%」といったように最適な資産配分を教えてくれます。これを参考に個人型確定拠出年金の配分割合を考えるというのも一つの手です。

ロボアド活用の場合だと、安全志向・ミドルリスク志向・ハイリスクハイリターン志向といったように、あなたがとっても良いと考えるリスクの大きさに応じて配分割合を買えてくれるので安定投資をしたい人から、積極的に増やしたい人まで活用できそうです。

>>カブドットコム証券公式ホームページはこちら

 

運用開始後は年に1度程度のリバランスを

iDeCoや企業型確定拠出年金については、いつでも配分変更やスイッチングが可能です。

iDeCoや企業型確定拠出年金の運用資産を見直したいときの配分変更とスイッチング
2014-12-19 14:59
iDeCoや企業型確定拠出年金は、自分の年金資産をどのように運用するかは加入者である自分自身が行う必要があります。中長期的な運用資産の見直しについては大きく「配分変更」と「スイッチ
リンク

年に1度程度は時間をとって、年金の運用状況をチェックして配分割合の見直しを行っていきましょう。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP