おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2016年10月から社会保険の年収の壁が106万円の壁に変更。パートの働き方はどうするのがお得?

kabe2016年10月よりパートタイム労働者、アルバイトといった短時間労働者に対する厚生年金(社会保険)適用基準が緩和されました。

これにより、パート主婦の社会保険の壁と言われていた年収130万円の壁が106万円の壁へと変更されることになります。

厳密には、年収130万円の壁は残り続けているのですが、およそ30万人弱の方に影響が及ぶと言われる、年収106万円の壁についてまとめていきます。

スポンサーリンク

新しい社会保険の加入ルール

現在の社会保険の加入ルールは3/4ルールとも言われており、企業に勤める人は一般的には「週30時間労働、15日以上労働」といった条件を満たした人が対象となっています。

また、主婦のようにご主人の社会保険の扶養に入っている方の扶養基準は「年収130万円」となっています。

このルールのうち、大企業に勤めているパート職員に対する「社会保険加入の3/4ルール」が2016年の10月から緩和されます。

  1. 週の労働時間が20時間以上
  2. 賃金月額が月8.8万円(年106万円以上)
  3. 1年以上の使用されることが見込まれる
  4. 従業員501名以上の勤務先で働いている
    ※ただし、学生は除外する。

上記の新ルールによって、ご主人の扶養以下で働いているパートタイム労働者にとってかなりの影響が出ることが予想されます。

派遣社員の場合、働いている会社が501名以上でも派遣元の会社が500名以下であれば対象外となります。

ただし、2017年4月以降は従業員が500名以下の会社であっても従業員の過半数で組織する労働組合の同意、もしくは従業員の過半数を代表する者などの同意を得て、年金機構に申出をすることによって、上記同様のルールとすることが可能です。

 

独身のパートやアルバイト従業員の方には朗報

まず、この規制緩和は独身のパートやアルバイトの方にとっては朗報とも言える内容です。

日本は国民皆保険制度をとっているため、20歳以上の方はいずれかの健康保険(+年金)に加入しています。

  1. 国民健康保険+国民年金
  2. 健康保険+厚生年金

のどちらかですね。

今回の社会保険の緩和によって、(1)から(2)になるのであれば、お得です。なぜなら(2)の社会保険は保険料の半分を会社が負担してくれるからです。

この他、国民健康保険にはない「傷病手当金」などの万が一の場合の給与補償の仕組みなどもあります。それぞれの違いについては以下の記事をご覧ください。

意外と知らない国民年金と厚生年金の違い
2014-10-28 17:32
意外と知らない方が多い項目として挙げられるものに公的年金制度が挙げられます。国民年金(基礎年金)や厚生年金といった公的年金制度は私たちの老後の備えとなるだけでなく、障害を負った時や
リンク
国保(国民健康保険)と健保(社会保険の健康保険)の違いと、お得さの比較
2016-11-21 07:54
日本は国民皆保険制度が取られており、すべての国民はなんらかの公的医療保険制度に加入しており医療費の自己負担が低く抑えられています。保険証を持っていけばどこでも保険医療を受けることが
リンク

 

パートの社会保険加入によって手取りの逆転現象がおこる

一方で社会保険への加入条件が引き下げられたことでマイナスの影響を受ける可能性があるのは、サラリーマンを配偶者に持つパート主婦(主夫)の方々です。

これまで年収130万円以下、かつ社会保険への加入条件を満たしていない方は、配偶者の社会保険の扶養に入ることができました。いわゆる「第3号被保険者」と呼ばれます。

年金の第3号被保険者制度の問題点とその廃止議論についてのまとめ
2016-08-15 17:53
年金制度においていわゆる専業主婦や一定の収入以下のパート主婦は「第3号被保険者」という被保険者に区分されます。この第3号被保険者制度は専業主婦優遇であるとして廃止や改正の動きもあり
リンク

第3号被保険者は「健康保険料が不要」であり「国民年金保険料も実質的に免除」されています。つまり、健康保険料や年金保険料が無料なのです。

なのに、106万円の壁へと変更され、社会保険に加入すると第3号被保険者から第2号被保険者となり、健康保険料+厚生年金保険料の負担が生じることになるわけです。

いくら保険料を半分会社が持つとはいっても、これまで無料だったのに、負担が増えることになります

ざっくりとした試算ですが、年収が110万円程度のケースで社会保険に加入した場合、約15万円ほどの保険料負担が生じます。

つまり、110万円分働いた人の手取りは110-15=95万円程度になるわけですが、100万円分しか働かなかった人は100万円が手元に残るわけで手取り収入の逆転現象が起こってしまいます。

これまでは130万円が一つの壁だったわけですが、その壁が106万円にまで迫ってきたというわけです。

 

必ずしも悪いという話ではない

ただし、社会保険への加入は100%損かというとそういうことではありません。

社会保険に加入することによって将来受け取れる年金額は増加することになります。年収110万円で厚生年金に加入した場合、1年加入で受け取れる年金は7000円(年額)ほど増加する試算となります。

また、社会保険だからこその特典もあります。出産・育児などの出産手当金、病気や怪我で働けなくなったときも一定期間は社会保険から手当金(傷病手当金)が給付されるなど保障も強化されます。

従来の130万円の壁はあくまでも「夫の社会保険の扶養から外れる」という壁であり、超えた場合でも勤務先の社会保険に加入させてもらえない場合は単純な負担増のみでしたが、社会保険への加入となるとメリットもあります。

 

106万円の壁で主婦のパートはどうするべきか?

年収106万円を境に所得の逆転現象が発生することになります。これに対してパート職員として働く人(特に主婦の方)はどう対応するべきなのでしょうか?

 

1) 社会保険に加入して働く

社会保険への加入は悪いことだけではありません。

社会保険に加入することで老後の年金に加え、社会保障の充実といったプラスの側面もあります。

これを機会に思い切って労働時間を延ばすというのも一つの方法かもしれません。年収の逆転現象はおおよそですが、年収130万円程度で消滅します。

 

2)労働時間(給料)を減らす

どうしても社会保険に入りたくないという場合は労働時間をへらして月額8.8万円未満の給料に変更するという方法があります。

 

3) 企業規模が500名以下の企業に転職する

500名以下の企業であれば従来同様の扱いとなりますので、106万円以上の収入を得ても社会保険への加入義務はないのでこれまで同様に、夫の扶養に入りながら働くことができます。

ただし、中小企業も今後対象になる可能性は十分あるかと思います。

 

4)ダブルワークをする

このルールは企業が自社の社会保険に加入させるルールです。

ですから、A社で6万円、B社で4万円という働き方の場合は、どちらの会社でも社会保険に加入させる義務はないので、配偶者の扶養に入ることが可能です。

ただし、A社+B社の年間の収入が130万円を超えてしまった場合には、社会保険上の扶養から外れてしまい、もっと負担が増えることになります。

ダブルワークをして、社保加入から逃れる場合は、月の収入が10.8万円を超えないようにご注意ください。

今は、比較的「人不足」の状況ですので、現在の仕事のシフトを減らして、別の会社で働くというのは社会保険料の負担から逃れる方法としては極めて有効です。

>>タウンワークで短時間労働の仕事を探す

 

前述のように社会保険への加入は負担が増加しますが、良い面もあります。

手取り減少は嫌だから働き方を変えるというのも一つ。逆にこれを機会により多く働くという道を探すなど、ご自身の働き方というものを再考する機会にしても良いかと思います。

以上、2016年10月から社会保険の年収の壁が106万円の壁に変更されるというお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP