おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

病気や怪我で会社を4日以上休む時は傷病手当金を忘れずに申請しよう

2017/07/21最終更新   節税・税金のライフハック

病気や怪我などに対する備えとして、民間の保険会社が提供している医療保険などへの加入を検討されている方も多いかもしれません。治療費はもちろんですが、長期の療養によって仕事を休むと有給も限りがありますので収入が途絶えるリスクがあります。

しかし、実は会社員(サラリーマン)の場合は仕事を休んだ、会社からのお給料が支払われないとしても収入が大きく途絶えることはありません。加入している健康保険から「傷病手当金」と呼ばれる給付がされるからです。

こちらの傷病手当金は申請が必要になりますので、病気やケガで3日以上会社を休む方は傷病手金の制度を活用しましょう

スポンサーリンク

傷病手当金とは何か?

病気や怪我で会社を休んでも利用できる有給休暇はそんなに沢山ない。という方でも心配する必要はありません。

会社員が加入する健康保険には「傷病手当金」という制度があります。これは病気や怪我で仕事を休んで給料がなくなった(または減額された)際に、一定の範囲内での「所得補償」をしてくれる制度です。

取得条件も決して難しくはなく、「病気やケガで仕事を3日間連続して休んだあとの4日目から」支給されるというお金です。

この後は最長で1年6ヶ月間の間は所得補償を給付してもらうことができます。
なお、傷病手当金による給付金額は日給(健康保険による標準報酬日額)の2/3となります。全く同じ給料水準というわけにはなりませんが、万が一長期間働けなくなった時でもかなりの間の長期所得補償となります。

※この傷病手当金は「協会けんぽ」による制度をベースに説明しています。大企業などが独自に行っている企業健康保険では、この保障内容がさらに拡充されている場合もあります。詳しくは勤務先の健保組合にご確認ください。

サラリーマンなら知っておきたい標準報酬月額とは?
2015-03-19 09:25
標準報酬月額(標報)ってご存知ですか?サラリーマンなど社会保険に加入している方ならぜひとも抑えておきたい数字がこの「標準報酬月額(標報)」です。厚生年金や健康保険などにおいて「基準
リンク

 

社会保険にさえ加入し条件を満たせば受け取れる

「いや、うちの会社は零細企業だから・・・」という場合も心配ありません。

対象者は社会保険(健康保険)に加入していれば利用できます。ちなみに正社員ではなく、パートやアルバイトであっても社会保険に加入さえていれば利用できます。

ちなみに、傷病手当金は会社が支払うわけではなく、健康保険組合(協会けんぽ)から支払われることになります。手当金に対して会社は支払いませんので、勤め先の負担を心配する必要はありません。

労災などの場合は、勤務先にも影響が出ることがあるので労災隠しなどをする問題が後を絶ちませんが、傷病手当金の場合は勤務先への負担はありません。申請のための書類を書いてもらうなどの手間はありますが、普通は協力的に対応してくれるはずです。

 

傷病手当金を受け取るには?

単に休めばもらえるというわけではなく、一定の条件を満たす必要があります。

  1. 業務外でおきた怪我・病気であること(業務内の場合は労災が適用)
  2. 就労不能であることを医師が証明すること
  3. 療養の為の休みであること(自宅療養でもかまいません)
  4. 4日以上の連続して休んでいること
  5. 休んでいる間の給料が傷病手当金の額より小さいこと

 

傷病手当金<支給される給料
傷病手当金は給付されません。

傷病手当金>支給される給料
傷病手当金は支給されている給料との差額分給付されます。ゼロなら標準報酬日額の2/3の満額が給付されます。

そのため、長期の療養となりそうな場合は、勤務先と相談の上、早めに手続きをすることをお勧めします。

 

傷病手当金を上手に活用するには?

病気やケガでちょっと長く治療することになりそうだという場合、傷病手当金を意識した通院や有休の消化を考えましょう。

 

1)病院には早めにかかる

傷病手当金の認定は医師による診断が必要です。病院にかかる前が就業不能だったかどうかは判断されませんので、手当金が支給されるのは病院にかかった日からになります。

 

2)有給は3日だけ使う

有給休暇は待期期間である3日分を利用しましょう。4日目からは傷病手当金の給付を受けるようにすれば無駄な有給消化をせずに済みます(有給が出た日にひついては傷病手当金が支給されない可能性があるため)。

 

経営者の場合も傷病手当金は利用できるの?

会社の社長や役員のような使用者の場合はどうなのでしょうか?
実は役員であっても社会保険に加入していれば傷病手当金は利用できます。

ただし、前述のように「傷病手当金>支給される給料」である必要があります。役員の給料(報酬)は、定時定額で定額給付のケースが多いはずで、報酬を出す場合は支給対象となりません。

減額した場合は損金不算入として税務上の問題が生じる可能性があります。病気やけがによる休職などが伴う場合は「臨時改定事由」に該当しますので、税理士とも相談の上、適切な措置(臨時株主総会の開催など)を行ってください。

 

自営業者・フリーランスと傷病手当金

自営業の場合、社会保険ではなく「国民健康保険」に加入しているかと思います。国民健康保険の場合はこの傷病手当金制度がありませんので、残念ながら利用できません。

サラリーマンの場合は、急に働けなくなっても有給などのがあるのですぐに経済的に困るということはありませんが、自営業・フリーランスなどの場合は自分が働かない=収入減というケースも多いはずです。

こうした働き方をしている人こそ、傷病手当金は必要なのですが、現行の制度では何も給付されません。

 

自営業者やフリーランスは自分で備える必要がある

損害保険等の「所得補償保険」はこうした傷病手当金のように病気やケガで働けなくなった時の収入の減少をカバーしてくれる民間の保険(損害保険)となっています。

こちらの保険に加入すれば、そうした病気やけがのリスクに備えることは可能です。

名前は似ているけど別物?収入保障保険と所得補償保険+就業不能保険の違いを比較
2017-07-21 11:08
保険の中には名前が似ているけど、実際の補償内容が全く違うというものもあります。代表格といえるのが生命保険の「収入保障保険」と損害保険の「所得補償保険(就業不能保険)」ではないでしょ
リンク

 

まとめ。公的な制度はしっかりと自分から知る努力をしよう

今回は傷病手当金について紹介しましたが、こうした制度は会社が教えてくれるケースもありますが、自分自身で動かないと教えてくれないような職場もあります。

特に中小企業、零細企業の場合はその傾向が強いです(経営者自身が制度をしらないなんてことも!)。

知っている、知らない、手続きする、しないで何万円、何十万円という単位でもらえるお金が変わってくることもありますので、制度を理解して十分に活用しましょう。

 

以上、病気や怪我で会社を4日以上休む時は傷病手当金を忘れずに申請しようというお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP