おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

パートの妻が勤務先の社会保険に加入するメリットとデメリット

comparison夫は会社員をやりながら、妻はパートに出る。共働きが増えている現状でこうした働き方はごく一般的なものとなっています。そのような妻がパート(アルバイト)として働くというときに問題になるものの一つが「社会保険に入るかどうか?」というものがあります。

社会保険に加入をすると保険料負担により手取りが減少するというデメリットがある一方で保障や将来の年金収入の増加といったプラスの面もあります。どのような働き方を選択するべきかをぜひ考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

妻のパートで社会保険に加入するのは損?

サラリーマンの妻で夫の社会保険上の扶養に入っている場合でもも「年間の収入が130万円を超える場合」や「勤務先の社会保険加入の条件を満たした場合」には夫の社会保険上の扶養から外れることになります。

今回はこのケースのうち、勤務先に社会保険が整備されており、自分の働き方次第で社会保険への加入が選べる場合を前提として、社会保険に加入すべきかどうかについてまとめていきたいと思います。

なお、いわゆる130万円の壁によって妻は勤務先の社会保険でなく、国民健康保険+国民年金(第1号被保険者)となるケースについては話が別です。こちらのケースについては「主婦が働くときの103万円、130万円(106万円)の壁の存在」をご覧ください。

 

パートの妻が社会保険加入のデメリット

まず、社会保険に妻が加入する場合のデメリットとしては実質的な収入の減少(手取りの減少)が挙げられます。

夫が社会保険に加入しており、社会保険上の扶養にある場合、妻は健康保険料に加え、国民年金の第3号被保険者として年金保険料も事実上免除されることになります。

一方で社会保険に加入した場合はこのような特典はなくなり、健康保険料の自己負担分に加えて厚生年金保険料の自己負担分も負担する必要が出てきます。
結果的に見れば、手取りの収入は下がります。

年収によっても差はありますが、仮に年収150万円程度の場合、社会保険に加入することでおおよそ20万円程度の保険料負担が生じることになります。

 

妻が社会保険に加入することによるメリット

手取りがおおよそ20万円減少するとして、社会保険に加入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

・傷病手当金(病気や怪我で仕事ができないときの給料補償)
・厚生年金加入により、将来の受け取り年金額がアップ
・確定拠出年金をはじめとした公的な年金への加入ができる
・産休・育児休暇等の際に収入が保証される

上記のようなメリットが挙げられます。

パートであっても社会保険に加入していれば傷病手当金のような補償を受けることができるというのは大きいでしょう。
また、厚生年金として国民年金の上乗せとなる年金や税制上のメリットが大きい確定拠出年金などに加入できるというのも、第3号被保険者(専業主婦)にはないメリットと言えます。

 

結局、妻は社会保険に加入すべき?

社会保険への加入は万が一の病気や怪我、子供の出産や育児、年金の受給といった面でプラスとなる面もあります。

加入すべきかどうか?という部分はやはりパートとしてというよりも将来的なキャリアをどう考えるかによって変わってくるかと思います。

前述の通り年収150万円弱程度の年収であれば社会保険料として発生する年間20万円程度の保険料をカバーできるほどのメリットがあるとは言えないと考えます。

一方で、年間200万円、300万円といった程度のある程度の収入でフルタイムを働くことを目指すというのであれば社会保険に加入すメリットも産まれてくるのではないかと考えられます。

2016年10月からは社会保険への加入基準が緩和され、大手企業で勤務しているより多くのパート・アルバイトで働いている方が社会保険への加入義務が生じることになるかと思います。
(参考: 2016年から社会保険の年収の壁が106万円の壁に変更される

 

ちなみに、夫がサラリーマンというケースで最悪なパートとしての働き方は、社会保険に加入できない会社で年収130万円以上働くといものです。夫の社会保険の扶養から外れるので国民健康保険料+国民年金保険料の負担が全額自己負担という形で乗っかってくることになります。

 

以上、パートの妻が勤務先の社会保険に加入するメリットとデメリットをまとめました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP