おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

海外旅行で使える海外プリペイドカードの比較と選び方、活用のポイント

prepaid海外旅行などに行く時、気になるものの一つが、海外でのお金の使い方。現金、クレジットカード、トラベラーズチェックなど様々な決済手段がありますが、近年注目を集めているものの一つが「海外専用プリペイドカード」です。

事前に入金した範囲内で海外での現金引き出しや買い物の支払いなどに利用することができます。

今回はそんな海外専用プリペイドカードの特徴やサービスを提供している会社のサービス内容の比較、おすすめの使い方などを紹介していきます。

スポンサーリンク

海外専用プリペイドカードとは何か?

海外専用プリペイドカードとは、事前にお金をチャージしておき、それを現地でお金(現地通貨)として引き出したり、クレジットカードが使えるお店ならクレジットカード払いと同じように決済することができるカードです。

世界的なクレジットカードによる決済システムを提供しているVISAやMasterCardなどのブランドと提携しており、これらが使えるお店なら、「あらかじめチャージした金額の範囲内」でお買い物をすることができます。

 

海外専用プリペイドカードのメリット

海外プリペイドカードを利用するメリットはセキュリティ面やコスト面で主に強みがあります。具体的には以下のような点があります。

  • 現金と違って盗難などのリスクが低い
  • 為替手数料が銀行や空港、両替所よりも安い
  • 現金(外貨)が必要な場合は引き出しが可能
  • 日本からの送金にも使える

こんな感じですね。

 

現金と違って盗難などのリスクが低い

多額の現金を持ち歩くのは治安・安全面からも怖いですし、通貨によってはかなりかさばることもあります。プリペイドカードであればカード一枚ですし、かさばりません。

また、盗難被害時にも使われるのはチャージ分だけですし、各プリペイドカードでは一定の補償制度もありますので、現金を持ち歩くよりも安心です。

 

為替手数料が銀行や空港、両替所よりも安い

為替手数料(円をドルやユーロ、現地通貨に交換する費用)は結構高いです。

空港の店頭だと手数料はだいたい3%くらいかかります。マイナー通貨だともっと手数料率は高くなることがあります。

海外旅行・海外出張の外貨両替レート手数料を徹底比較
2019-08-30 18:08
海外旅行や海外出張に行くときにどうしても準備しておかないといけないのが現地で利用する外貨です。ただし、外貨両替といってもその方法もいろいろありますし、そもそも外貨としてのキャッシュ
リンク

一方、海外専用プリペイドカードの場合は、カードによって差はあるものの、かなり手数料を抑えることが可能となっています。詳細は後述します。

 

現金(外貨)が必要な場合は引き出しが可能

カード決済だけじゃなくて、現金を使うこともあるでしょ?

という場合もあると思いますが、海外専用プリペイドカードは現地のATMでの外貨出金にも対応しているのが一般的です。チャージした範囲内であればATMで外貨を調達できるのも魅力です。

 

日本からの送金にも使える

これは海外専用プリペイドカードによって対応、非対応の差がありますが、一部の海外専用プリペイドカードの場合は、インターネットを利用して日本からの送金にも対応しています。

子どもにプリペイドカードを持たせて、必要な分を日本から保護者が送金するといった使い方もできます。

 

それってクレジットカードでも同じことできない?

でも、海外で現地通貨を引き出したり(海外キャッシング)や、カード払いをするの(海外ショッピング)って普通に外国でクレジットカードを使って支払いをするのとどう違うの?という疑問もあるかもしれません。

そのとおりで、クレジットカードでもほぼ同じことが可能です。実際、旅行時の保険や補償、あるいはサービス面ではクレジットカードの方が優れている面も多いです。

ただ、海外決済用プリペイドカードにはクレジットカードとはまた違ったメリットがあります。

 

1)使いすぎを予防することができる

クレジットカードだと海外旅行に多いのが「使いすぎてしまう」ということがあります。後払いという性質上、海外旅行でお金を使いすぎて、日本に帰ってから請求額を見てびっくり……といったことがあるかもしれません。

プリペイドカードならそうした心配はありません。事前にチャージしていおいた金額での利用になりますので、利用可能額が決まっています。

 

2)未成年者でも利用することができる・審査がない

クレジットカードは後払いなので原則として審査があります。その審査には年齢制限があり、一般に18歳以上(高校生除く)が最低年齢となっています。

そのため、中学生、高校生といった未成年はクレジットカードを作ることはできません。また、「クレジット・ローンの事故情報・ブラックリストはいつ消える?確認は?」でも紹介したように、過去にクレジットカード等で遅延や未払いなどを起こしている人も作ることはできません。

一方の海外専用プリペイドカードは先払いなので審査の必要が無いため、上記のようなケースでもカードを作ることができます。最低で13歳くらいから利用が可能となっているので、中学生でも活用することができます。

自分自身の海外旅行や海外出張はもちろん、子供の海外留学や海外旅行などにも活用できるのが海外プリペイドカードで、近年多くの人に利用されています。

 

おすすめの海外プリペイドカードを徹底比較!

海外専用プリペイドカードは今はかなりの種類が登場しています。

為替手数料が安いもの、保護者監督機能が強化されたもの、あるいは法人やビジネスでの資金管理や決済機能が強化されたものなど様々です。

以下では人気の高いおすすめの海外プリペイドカードを徹底的に比較していきます。

 

マネパカードは外貨両替コストを抑えたい人に最適

大手為替取引業者であるマネーパートナーズが発行しています。有利な為替レートで両替ができる(為替手数料が安い)というのが大きな強み。また、同社でFX取引をしている人はFX取引口座からマネパカードに外貨をチャージすることもできるというのも大きな魅力です。

MasterCardと提携しているので、マスターカードが使えるお店ならクレジットカードと同じようにカード決済も可能です。また、現地のATMでも出金が可能です。

カードで商品を購入した場合にはクレジットカードと同様にショッピング保険が付帯するのも嬉しい。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨を一枚のカードで保有できます。海外旅行に行く時にできるだけ、お得に外貨両替をしたいというニーズに一番応えられるカードです。

コストにも優れています。米ドルをチャージする時にかかる為替手数料は1ドルあたり80銭です。1ドル110円とすると手数料率は0.72%となります。クレジットカードを使って海外ショッピング時の為替手数料は1.6%くらいなので、半分以下のコストにできます。

海外プリペイドカードとしては最もお勧めできるカードです。

Manepa Card公式ホームページ

  • チャージ時の通貨:外貨
  • 年会費:無料
  • 為替手数料:80銭(米ドル1通貨あたり)
  • 適用される為替レート:チャージ時のレート
  • 返金時の取り扱い:残高(外貨)を日本円に両替して返金
  • 最短発行:2週間程度

 

MoneyT Globalは企業などの出張管理用や子どもの海外旅行時におすすめ

MoneyT Globalはアプラスが運営する海外プリペイドカードサービス。世界各地のトラベルデスクで現地対応ができるのも強みです。

両替手数料などのコストを抑えるということよりも、利用を管理したいという人に向いています。個人というよりも海外の出張や経費を管理したい会社(法人)向けといえそうな海外プリペイドカードです。

海外のVISA加盟店での利用やPLUSマークのある海外ATMで現地通貨として引き出しが可能です。為替レートは利用時(現地で利用したタイミング)のレートが適用されます。

 

利用履歴の管理や会社単位のアカウント作成が可能

利用履歴をメールで確認できるため、家族にメールが行くようにしておけば安否確認にもなるというのもお勧めのポイントです。代理人による入金・管理が可能なので、子供の海外旅行や留学時などにも便利です。

また、会社単位のアカウントも作ることが可能で、海外出張が多い企業の経費管理用に導入するケースも多いようです。

なお、発行までにやや時間がかかるので早めに申し込みをしておくことをお勧めします。

MoneyT Global公式ホームページはこちら

  • チャージ時の通貨:日本円
  • 年会費:無料
  • 為替手数料:5%(利用時の為替レートに対して)
  • 適用される為替レート:買い物時や現地ATMで現地通貨出金時
  • 返金時の取り扱い:残高(日本円・払戻手数料500円)
  • 最短発行:2週間程度

 

マルチカレンシーキャッシュパスポート

お好きな通貨にチャージして海外で便利に使える! 世界210以上の国や地域のMasterCard対応ATMや MasterCard加盟店でご利用いただける安心の 海外専用トラベルプリペイドカードです。。

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの9つの通貨を一枚のカードで保有、管理できます。

日本からのチャージも可能なので、たとえば海外留学や海外旅行などに行っているお子様の留学費用、旅行資金の送金などにも利用できます。

  • チャージ時の通貨:円または外貨
  • 年会費:無料(1年間利用が無ければ月150円)
  • 為替手数料:4%(利用時の為替レートに対して)
  • 適用される為替レート:チャージ時
  • 返金時の取り扱い:残高
  • 最短発行:2週間程度

 

・NEO Money(ネオ・マネー)

ネオ・マネーはクレディセゾンの海外プリペイドカード。13歳以上で日本に住んでいる人ならだれでも作れる海外専用のVISAプリペイドカードです。なお、銀聯ブランドも選択可能です。中国に行くなら銀聯ですね。

あらかじめ日本国内で日本円でチャージしておき、海外のVISA加盟店での直接決済や対応ATMを使って現地通貨として引きだすことができます。盗難や紛失時の保障があるのもうれしいです。

  • チャージ時の通貨:日本円
  • 適用される為替レート:買い物時や現地ATMで現地通貨出金時
  • 返金時の取り扱い:残高(日本円)
  • 最短発行:即日

 

どの海外プリペイドカードがいいの?

為替コストを考えれば「マネパカード」が最も有利。

ほぼ市場取引レートに近い水準での取引ができるので、現地両替はもちろん、クレジットカードなどの利用よりも低い為替手数料で利用できるのが魅力です。その他の保証面なども優れているので、海外旅行に行くまで2週間程度の猶予があるならこのカードの利用をお勧めします。

>>Manepa Card公式ホームページ

 

また、子供の海外旅行や長期の留学などの時のお勧めは「MoneyT Global」です。現地トラベルデスクのサポートはありがたいですし、お金の管理(チャージなど)を両親ができ利用履歴が安否確認になるというのは、嬉しいです。

前述のマネパカードは送金手段としては利用できません。

>>MoneyT Global公式ホームページ

 

プリペイドカードがあれば海外旅行にクレジットカードはいらない?

為替コストに限ってみれば、マネパカードは最高クラスにお得です。

ただ、サービスのトータル面でいえば、海外専用プリペイドカードよりも海外旅行に強いクレジットカードの方が圧倒的に上です。そうしたことも考えると海外用プリペイドカードがあればクレジットカードはいらないとも言えません。

海外旅行におすすめのクレジットカードを徹底比較!保険や特典、ブランドはどれを選ぶ?
2019-08-21 18:00
海外旅行にはクレジットカードを持っていくことを強くお勧めします。 お買い物が便利になる、お得になるというのは勿論ですが、海外旅行傷害保険などの保険、空港でのラウンジ利用、手荷
リンク

なので、クレジットカードは不要というよりは、未成年者の方のようにクレジットカードを持つことができない人向けのサービスであるといえそうです。

以上、海外旅行や出張で使える海外プリペイドカードの種類と選び方、活用のポイントを紹介しました。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP