公的保険・年金

公的な保険制度や年金制度の活用方法

日本は世界的に見ても「公的」な保険制度が充実している国です。国民皆保険に代表される健康保険制度はその代表ともいえます。ここでは、知らなきゃ損する公的な保険制度や年金制度などの利用法歩や活用方法、上手に使うためのテクニックなどを発信していきます。

以下の子カテゴリーもご参照ください。

iDeCoは年金と一時金のどちらで受け取るのがお得?受け取り方で税金が変わる

2018/02/15 更新

ideco-logo個人型確定拠出年金(iDeCo)はその高い節税効果などが人気です。2017年1月からは加入対象が大幅に拡大することも受けて、加入を検討している方も多いのではないでしょうか?加入のメリットやデメリットを知らせる情報は多いですが、それと同じくらい大切なのが年金の受取の方法です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)については、受け取り方法を選択でき、その方法によって受け取り時にかかる税金が変わってきます。上手な受け取りをすることでより節税効果を高めることが可能です。

続きを読む

401K・確定拠出年金,ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,老後

年金加入期間が25年から10年へと短縮され得する人、損する人

2019/08/18 更新

shrink65歳から老齢基礎年金(いわゆる年金)を受け取るには原則として25年間(300か月)の年金の納付が必要でした。この年金を受け取るために年金保険料を納めなければならない期間のことを受給資格期間と呼んでいます。25年間(300か月)という基準を納付していないなどの理由で満たしていない場合、年金の給付を受けることができません。いわゆる無年金者となります。

そうした年金の受給資格期間が平成29年(2017年)8月1日より25年間(300か月)から10年間(120か月)に変更されました。

今回はそうした年金の受給資格期間が変更される理由やその背景、制度変更によって得をする人や損をする人について紹介していきます。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

国民健康保険料が高すぎる理由と保険料節約の方法

2018/02/21 更新

hokensyouサラリーマンを辞めて求職中の方、自営業やフリーランスの方などが支払っている国民健康保険料。請求額を見てびっくりという方も多いです。なぜ国民健康保険料はそんなに高いのか?今回はその理由を説明していきます。

また、高い高い国民健康保険料(国民健康保険税)を節約する方法についても併せて紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック,健康保険,公的保険・年金,節税・税金のライフハック

雇用保険のしくみや加入条件、計算方法、失業保険や育児給付、介護給付の仕組み

2017/03/14 更新

company_white_kigyou雇用保険というのは労働保険の一種で、正社員はもちろんですが、アルバイトやパートであっても一定の条件を満たしている人は必ず加入させなければならない保険となっています。雇用保険に入っているかいないかで、何らかの理由で退職をしたときはもちろんですが、妊娠・出産をしたときなども大きな影響があります。

今回はそんな雇用保険についてサラリーマンはもちろん、アルバイトやパートでも知っておきたい基本を紹介していきます。

続きを読む

ライフプラン,仕事術,保険のライフハック,公的保険・年金,妊娠・出産・育児とお金,給料・ボーナスの活用術,退職・転職

個人型確定拠出年金の愛称がiDeCo(イデコ)に決定

2017/07/29 更新

ideco-logo節税対策として人気の高まっている個人型確定拠出年金ですが、こちらの愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定したそうです。最初にその名前を聞いたときは「は?」と思いましたが、きっとこれからは色々な発行物などで個人型DCなどとは書かれずにiDeCoと書かれるようになるんでしょうね……。

今回はそんな2016年9月16日に愛称が決まったiDeCo(イデコ)について説明していきたいと思います。

続きを読む

401K・確定拠出年金,マネーニュース・キャンペーン情報,保険のライフハック,公的保険・年金

定年前(50歳代)の人でも個人型確定拠出年金(iDeCo)を上手に活用する方法

2018/02/24 更新

teinen_slowlife個人型確定拠出年金は掛金所得控除、運用益非課税などの税メリットを活用しながら老後の年金資産を積み上げていくのに大変有利な制度となっています。

そのため、活用できるのは比較的若い人と考える方も多いかもしれません。そのため、もう自分は50歳代だから……、という理由で確定拠出年金に加入をしないと決めている人もいるかもしれませんが、それはもったいないです。

運用という部分を除いたとしても「掛金の全額所得控除」というのは実は結構大きかったりします。今回はそんな定年前(50歳代)の人が上手に確定拠出年金を活用する方法を紹介していきましょう。

続きを読む

401K・確定拠出年金,ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,老後,退職・転職

年金の第3号被保険者制度の問題点とその廃止議論についてのまとめ

2019/08/19 更新

chokin_kakeibo年金制度においていわゆる専業主婦や一定の収入以下のパート主婦は「第3号被保険者」という被保険者に区分されます。この第3号被保険者制度は専業主婦優遇であるとして廃止や改正の動きもあります。

ただ、現状としての第3号被保険者制度は確かにいわゆる主婦をしている女性にとって有利な制度となっています。

今回はそんな第3号被保険者制度にはどのような制度上の問題があるのか?また、廃止議論はどのように進んでいるのか?などをわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金

配偶者控除(扶養控除)の廃止と夫婦控除の新設に関するポイントのまとめ

2017/05/14 更新

gold-ring-1-1424764専業主婦における103万円の壁や130万円の壁、2016年からは106万円の壁の新設といったように労働における「壁」は確かに存在します。これらの壁を超えて働こうとすると所得税・住民税や社会保険料などの負担が発生することでの不利益や所得の逆転現象が発生することになります。

こうした問題を解決し、女性の労働にとってより中立な税制とするために、配偶者控除の廃止が議論されています。一時は2017年1月から配偶者控除を廃止して夫婦控除を設立という話がありましたが、自民税調は2017年からの改正を断念したようです。

ただ、そうはいっても今後もこうした配偶者控除の廃止や夫婦控除については議論され続けるはずです。この記事では、配偶者控除の問題点や配偶者控除による影響、夫婦控除の仕組みなどを紹介していきます。

続きを読む

仕事術,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

フリーランス・個人事業主になると税金や社会保険の扶養から外れる?フリーランス妻の税金と社会保険

2016/08/05 更新

hokensyou最近では、インターネットを利用してお仕事を受託することも簡単になってきています。そのため、夫の扶養内でパートやアルバイトとして働くのではなく、フリーランスとしてネットでお仕事を受託するという方も増えているようです。

そんな時に気になるのが、フリーランス妻として夫の扶養に入ったままで仕事をすることができるのか?という点です。今回はサラリーマンの夫がいる家庭で妻がフリーランス(個人事業主)として働く場合の税金や健康保険や年金に関する基本を紹介します。

続きを読む

仕事術,保険のライフハック,健康保険,公的保険・年金,節税・税金のライフハック,経営者・個人事業主とお金

親に仕送りをしていれば別居でも扶養控除で節税できる

2018/06/15 更新

helping-hands-1314226扶養している親族がいる場合に受けられる税金控除が「扶養控除」です。扶養控除は配偶者以外の扶養親族と生計を一にしている場合、一定の金額を課税所得から差し引くことができる所得控除の一種です。

16歳以上19歳未満、あるいは23歳以上70歳未満は一般扶養親族として38万円、70歳以上の親族は老人扶養親族として48万円(同居の場合は58万円)の控除を受けることができるようになっています(所得税)。条件を満たしていればサラリーマンの場合、年末調整の書類に書くだけで受けられる控除ですので忘れないようにしましょう。

続きを読む

ライフプラン,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,老後

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP