おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

リボ払い地獄に陥った人が早く返済するためのコツと方法

creditcard_syakkinクレジットカードにおけるリボ払い(リボルビング払い)は、毎月の支払いを一定額にできたり、カード会社によってはリボ払い専用の特典があるなど便利な面もあります。その一方で、リボ払いの仕組みや高い利息(金利)を知らず高額なリボ残高になってから状況を理解して青ざめてしまうという方も少なくないようです。

今回はそんなリボ地獄から早く抜け出す為の方法や考え方について紹介していきます。

スポンサーリンク

リボ払いになっていること自体に気づかない人も…。

知らないうちに借金?自動リボ払いにご注意。勝手にリボ払いになっているかも!?」でも記事にしていますが、このサイトに何件かお問い合わせいただいた質問の中に、「知らないうちにリボ払いになっていた、さらに気づかない間に多額の残高が積みあがっておりどうしたらいいかわからない」といった内容のお問い合わせをいただいております。

また、「リボ払いということは理解していたけど、毎月の支払いである程度払っているつもりだったが、与信上限(いわゆるリボ天)になって残高に気づいた」と言う方もいらっしゃいました。

今回はそんなリボ払いの残高が高額となってしまった方に対しての問題解決策やアドバイスを紹介していきたいと思います。

 

リボ払いの残高の利率は高い

まず、リボ払いの残高に対してカード会社の多くは実質年率15.0%での手数料を課しているケースが大部分です。

ちなみに、仮に100万円のリボ払いの残高があり、返済中に全く追加でカード利用をしない場合、元金定額返済で毎月1万円(+利息で当初は約23000円の返済)のリボ返済の場合、100万円の残高がゼロになるのは100カ月(8年以上)後です。そしてその間の利息の合計は60万円を超えることになります。

途中でカードを利用すればさらに返済期間は伸びますし利息負担は大きくなります。100万円のリボ残高で1万円の元金返済の場合、月の利息は13000円ほどかかります。合計で23000円を支払いますが、実際に借金残高が減っているのは1万円分に過ぎません。

極端な話、この時カード払い(リボ払い)で1万円以上の買い物をした場合は、借金は永遠に減りません。永続的に利息をカード会社に支払い続けることになります。

このような支払いが猶予されていることで発生する借金の残高維持がリボ払いの怖いところです。リボ払いの怖さについては「実は危険な「リボ払い」。リボ払い利用の問題点」の記事でも詳しく説明しています。

 

早期返済が基本

以上から、リボ払いの残高が大きくなった人は「早期返済」をすることが何よりも重要になります。

 

1)預金や貯金から支払う

2016年1月の日銀によるマイナス金利設定で普通預金で得られる金利は0.001%が標準的になっています。一方でリボ払いの利息は15%。受け取る利息と支払う利息の差は15000倍になっています。

定期預金があれば解約してでも返済しましょう。最も万が一のために最低限のお金を手元に残しておくことは重要ですが、預金があれば優先的に返済するようにしましょう。

株式投資や投資信託のような運用に回しているお金も売って返済資金に充てましょう。今のご時世15%以上の確定利回りでノーリスク運用できている人なんて、ほぼいないはずです。

こうした借金返済と運用については「借金返済や繰上返済はノーリスクでハイリターンな運用と同じ。借金がある人は運用よりも返済を考えるべし。」でも説明していますが、昨今の金利情勢を考えるとますます、借金返済の効果は高まっていると言えるでしょう。

 

2)他から借りてでも返済する(借り換えローンや契約者貸付)

借金のための借金というと言葉が悪いように感じるかもしれませんが、リボ払いで既に高い借金残高を背負っている人は事実上の借り換えによってローン(借金)の総額は変わりませんが、利率引き下げによって負担を小さくできる場合があります。

 

カードローン(信用力があれば低金利でお金が借りられる)

もしもあなたがある程度信用のある職業についているような場合は借り換えローンが有効になる場合があります。たとえば、三菱東京UFJ銀行が行っている銀行カードローンは200万円以上の融資残高を設定できれば実質年率は「年7.1%~年9.6%」になります。

この金利差は有効です。仮に先ほどの例(100万円の残高で、月1万円の元金返済)において利率が15.0%から7.1%にまで小さくできれば利息負担は60万円超から30万円弱にまで減らすことがでいます。

実際には月々の返済額が小さくなるので、さらに積み上げて繰上返済していけばさらに負担を小さくすることができるはずです。

なお、すでにクレジットカードでリボ払いの残高が大きい場合、総量規制という貸金業法の規制によって信販系や消費者金融からの融資は難しくなっています。そのため、総量規制の対象外にある銀行カードローンを利用する必要があります。

 

生命保険などの保険でお金が借りられる契約者貸付

また、今生命保険に加入しているという方は解約するという手もありますが、「契約者貸付」を利用するという手もあります。これは保険の解約返戻金を限度に 有利子で保険会社がお金を貸してくれるというシステムです。金利はかかりますが、よほど保険が有利な時期に加入したケースでないなら金利は低いのでこうし た制度も活用しましょう。
参考:生命保険会社からお金を借りられると聞いたのですが本当ですか?

 

あまりお勧めできない。両親や友達、恋人などから借りること

また、あまり積極的にはお勧めしませんが、人間関係があるなら両親や友人などを頼るという手もあります。カードローンなどを利用するよりは低金利(場合によっては無金利)でお金を借りることができるかもしれません。

ただし、「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉もある通り、個人的にはあまりおすすめできるものではありません。
特に、あなたの状態が切羽詰まっているほど利用するべきではありません。

 

3)月々の返済額を可能な限り高める

毎月の返済額を5000円でもいいので高めていくことが重要です。
リボ払いに限らず、多くの借金に言えることですが、借金残高に対して月々の返済金額が小さいほど、月々の支払いに占める金利(手数料)の割合が大きくなります。

100万円(15.0%)を月々1万円の元金返済する場合、発生する利息は約13000円と元金を上回ります(返済比57%)。一方で月々の元金返済を1.5万円に増額した場合、発生する利息は13000円ですが、返済に占める比率は46%になります。

これは何を意味するかと言うと「元金返済のスピードが高まる」ということです。

先の例で月々の元金返済が1万円なら総利息負担は60万円を超えますが、元金返済を15000円にアップすると総利息負担額は42万円にまで減少します。

毎月は難しいというような場合は、一時増額返済(繰上返済)という方法も多くのケースで利用できます。毎月は無理という場合でも余裕があれば少しでも返済するようにすることで利息負担を小さくすることができます。

もちろん、そんなこと言っても現在がカツカツという方も多いかもしれません。そんな時だからこそ、当サイトの「節約術」などの記事もご活用いただいて、少しでもお金を増やして繰上返済を頑張りましょう。

 

4)月々のクレジットカード利用を「ボーナス一括払い」に変更する

そうはいっても毎月のクレジットカードの利用も減らせないという場合、ボーナス一括払いで買い物をすれば負担を先送りすることができます。

ボーナス一括払いの場合、実は金利手数料がかかりません。支払いはボーナス時期になりますので、利息を発生させずに支払いを繰り延べすることが可能です。数カ月とはいえ、無利息期間を作ることができるわけですので、その分の余裕を返済に回すことができます。

わずかな先送りに過ぎないかもしれませんが、利率の高いクレジットカードの手数料だからこそ効果的だと言えるでしょう。

ちなみに、ボーナス一括払いはボーナスをもらっていない人でも利用可能です。ただし、一部の店舗ではボーナス払いを受け付けていない店舗もあります。

 

5)債務整理をする

もうどうしようもないという状況になっている場合は債務整理を行うというのも一つの手です。債務整理というと自己破産を思い浮かべる方もいらっしゃいウますが、そこまで行かなくても、カード会社との話し合いによって利息の減免や支払いの延長といった対応が可能な場合もあります。

なお、こうした場合は何よりも早く相談することが大切です。完全に行き詰ってからではなく、余裕があるうちに行うことで先方も交渉のテーブルにのりやすくなります。

法テラスのように法律相談できる公的な場もあります。まずはそうした場を活用しましょう。

もちろん、債務整理は安易な気持ちで行うべきではありません。クレジットカードや各種ローンなどが今後当面は利用できなくなる「ブラック情報(事故情報)」はつきますので、今後不自由する面も出てくるでしょう。
ただ、現在の収支状況から見て返済がどうしようもならない状況であるならこうした決断をするのも一つの手だと思います。

 

以上、リボ払い地獄(リボ天・高額なリボ残高)になった人が早く返済するためのコツと方法を紹介しました。とにかく一刻も早い行動が実を結ぶことになるはずです。
年利15%の破壊力は大きいです、なるべく早く行動して少しでも出血を抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP