おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

自動リボ払いとは何か?すべての支払いが自動でリボ払いで知らないうちに借金

creditcardクレジットカードの利用において注意したいものの一つにクレジットカード各社が提供している自動リボというサービスがあります。

自動リボ(自動リボ払い)というのはクレジットカードでの買い物がすべてリボ払い(リボルビング払い)になるというものです。

たとえば、お店で「一回払いで」といったとしても、決済はすべてリボ払いになります。仕組みを理解した上で利用するのであればいいですが、基本的には超危険な借金製造決済方法です。

カード会社もあの手この手で、勧誘してきます。場合によっては意外と知らない間に勝手に自動リボ払い設定になっていて、知らない間に借金をしていたというようなケースもあるようです。今回はそんな自動リボ払いの注意点について紹介していきます。

スポンサーリンク

知らない間にリボ払いになってる??リボ払いとは?

実は、リボ払いという支払い方法は、カード会社にとって「とっても儲かる」仕組みなんです。

実は危険なリボ払い。借金地獄への入り口となる危険なカード払い
2019-08-13 09:46
クレジットカードを使うとき、「リボ払い」にしていませんか? リボ払い(正確にはリボルビング払い)というのは、クレジットカードの支払い方法としてかなり問題があります。もし、あな
リンク

上記の記事でも指摘している通り、リボ払いという決済手段はユーザーにとって便利そうで、かなりの間、高い金利を支払わなければならないことになるような支払い方法です。

  • 金利は高め(15%程度)
  • 毎月の返済は少額の一定額でOK

となることで、リボ残高(未返済残高)が膨らみ、その膨らんだ残高に対して年率換算で15%程度の手数料がかかるわけです。

カード会社からすれば、長い間、手数料(金利)をたくさん受け取れるため、リボ払いをしてもらえるというのは儲かることになるわけです。

一方、ユーザーから見ればその分、高い金利を支払うことになります……。

 

自動リボ払いとは何か?

自動リボ払いというのは、設定をしているとすべての決済が自動的にリボ払いになるというサービスです。全部の支払いがリボ払いになるので「全リボ」と呼ばれることもあります。

クレジットカード会社各社はサービス名称こそ違いますが、そのほとんどが類似のサービスを提供しています。

自動リボの設定をしていると、クレジットカードでの支払いが、たとえ店頭で1回払いや分割払いを選択したとしても自動でリボ払い決済に切り替わるようになっています。

 

自動リボにメリットはあるの?

月々の支払金額が固定化されるという、わかりやすさはメリットです。

クレジットカード会社は以下のようにPRすることが多いですね!

  • 毎月の支払いを一定にできるので資金管理しやすい
  • 1回払いで!と言ってもリボ払いにできてスマート
  • さらに、カード会社が色々な特典をご用意!

こうした全リボサービスを利用すれば、ポイントが通常よりもたくさんたまったり、付帯保険が強化されたり、年会費が無料や割引になったり、キャンペーンの抽選口数が増えたりします。

このようなキャンペーン的なメリットはあるものの、それを抜きにした場合、冒頭でも書いたように、高額な手数料が発生することになりますので、おすすめできるものではありません。

 

自動リボ払いサービスへの切り替えを促す会社が多い

自動リボ払いは、すべてのカード決済を自動的にリボ払いにしてしまうというサービスです。

各カード会社とも、利便性などを謳って誘導するほか、ポイントや年会費などの特典を用いて誘導することもあります。

ほかにも、利用者がわかりにくいように、あの手この手で自動リボ払いへ誘導しています。

キャンペーンに登録したつもりが、自動リボの登録もセットになっていて、気が付かないうちに決済が全部リボ払いになっていた。なんて話はよく聞きます。クレジットカード会社のキャンペーンに参加するときは応募条件とかをちゃんとチェックしましょうね。

 

よく聞く知らない間に自動リボ払いになった例

カード会社が勝手にお客さんのカード決済を自動リボに切り替えることはありませんが、以下のようなケースなどが、知らないうちにリボ払いになっていたという話です。

  • 作ったクレジットカードが、リボ払い専用だった
  • 海外での利用に関しては自動リボ払いの設定になっていた
  • ポイントがもらえるからという理由で手続きしたら自動リボ払いになっていた

どことは言いませんが、いろいろポイントキャンペーンなどを行う某カード会社に自動リボ誘導のトラップが多いような気がします。

カードのポイントキャンペーンの応募条件に自動リボ払いへの変更が入っているといった感じでしょうか。で、応募すれば自動リボにすることに同意するようになっているというものです。

特に、クレジットカードの明細をWEB明細にしている方は特に気づきにくいと思います。こうしたこともあるので個人的には可能な限り明細は郵送方式にしています。

WEB明細については「クレジットカードのWEB明細のデメリットとリスク」でも記事を書いていますのでご確認ください。

 

自動リボ払いで知らないうちに借金を背負うケースも

怖い話として、自動リボになっていることに気が付かなかった(あるいはよくわかっていなかった)人で知らないうちに大きな借金をしてしまい大変な目に遭うという話も聞きます。

  1. 知らないうちに自動リボ
  2. 毎月普通に買い物をする
  3. 明細をチェックせず知らないうちにリボ払いの残高が積みあがる
  4. 利用限度額の上限(リボ天)にまで達してカードが使えなくなる
  5. 未返済残高100万円みたいな驚きの借金に気づく

こんな話です。勝手に借金とはいっても自分でお買い物をしてきた積み上げなのですが、こんな怖い話も聞きます。

こうした自動リボへの登録に気づかずに、また明細も確認しないなどで、知らないうちにリボ払いの残高(未返済額)が積みあがっていく、

そして、後から多額の借金の存在に気が付いた。という話をよく耳にします。

正直、もうリボ払い地獄状態になってしまった場合には、返済するという選択しかありません。そのようなケースで多額の返済が必要になった場合については「リボ払い地獄に陥った人が早く返済するためのコツと方法」の記事をご覧ください。

 

クレジットカード会社各社の自動リボサービス

自動リボ払いサービスについてはクレジットカード各社が用意しています。以下のようなサービスがあります。

  • JCB(スマリボ)
  • 三井住友カード(マイペイすリボ)
  • 楽天カード(自動リボ)
  • イオンカード(リボ変更サービス「全リボ」)
  • ポケットカード(ショッピングリボ宣言)
  • セゾンカード(リボ宣言)
  • ライフカード(AUTOリボ)
  • MUFGカード(楽Pay(らくペイ))

こんな感じで各カード会社では自動リボサービスを提供しています。

 

自動リボ払いのキャンペーンの活用法はある?

自動リボ登録で○○というキャンペーンの中には確かにお得なものもあります。

  • 年会費割引
  • ポイント還元率のアップ

などが代表的ですね。

一般的には実質1回払いとすることでリボ払い手数料をゼロにするというテクニックがありますので、それを活用することで実質的な負担はゼロ(あるいは少額)で、特典だけを享受するという方法があります。

たとえば、三井住友カードではマイペイすリボ登録で年会費割引やポイント還元2倍といった仕組みがあります。

マイペイすリボの利用で年会費の割引&ポイント2倍にするテクニック(三井住友カード)
2019-11-30 09:27
正直言って誰にでも推奨できるテクニックというわけではないということをまずは断っておきます。マイペイすリボは、大手カード会社である三井住友カードが提供している自動リボ払いサービスの名
リンク

馬鹿正直にリボ払いをすると損をしますが、支払い方法や繰り上げ返済などを活用すれば、お得に活用することもできます。

ただ、それはある程度しっかりとリボ払いの仕組みを熟知している必要があります。カード会社によってルールが違ったりもします。

詳しくは「リボ払い専用クレジットカードの上手な活用法」などのコンテンツでもまとめています。

ただ、同じ自動リボ(リボ専用カード)であっても、カード会社によってルール(初回払いの手数料計算方法)などが異なります。

こうした方法はクレジットカードの決済方法や支払い方法に関するルールを熟知した上で実行するべきです。

 

以上、知らないうちに借金?自動リボ払いにご注意というお話でした。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP