おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードのWEB明細のデメリットとリスク

receiptクレジットカードを作ると、月々の利用明細をメールやWEBサイトでの確認(WEB明細・電子化・ペーパレス化)への切り替えを勧められます。そうするとポイントが多少加算されるなどの小さな特典も得られることが多いです。

しかしながらクレジットカードの利用管理という点からはこうしたサービス利用はお勧めできない場合があります。今回は便利なはずのWEB明細のデメリットやリスクを紹介していきます。

スポンサーリンク

WEB明細にするデメリットとは?

WEB明細というのは、クレジットカードの利用履歴などをクレジットカード会社の専用サイトで確認することができるサービスです。インターネットでもいつでも利用履歴を確認できるというメリットはあります。大いに利用するべきです。

従来は請求明細書のような紙ベースの明細書を「郵送」で送っていたものを電子化・ペーパレスかすることでエコでもありますし、クレジットカード業者にとっても郵送等によるコストを削減できます。

そのため、多くのカード会社では積極的にWEB明細(電子化・ペーパレス化)を勧めています。

 

カードの利用額を確認しなくなる

しかし、カード会社によってはWEB明細のみで紙の利用履歴を発行しないように選択することができ、そうすると一定の特典が得られるというケースもあります。しかしながら、利用履歴の確認をWEBに一本化すると月々の利用額、利用履歴を確認しなくなる傾向が強くなります

紙の利用履歴だと届いたタイミングで封を開けて確認するでしょうが、WEB明細は便利ですが、自分から確認しようと思わないと中々みません。
もちろん、毎週のように確認しているという方はいいのでしょうが、そうでない方は注意が必要です。

 

ついつい使いすぎてしまう…

明細を確認しないようになってしまうとどうしても、使いすぎてしまいます。利用履歴などを確認して、「あー、今月は使いすぎたなー」と反省する機会が得られないからです。確認しないまま、いつの間にか銀行口座から引き落とされていくら使ったのか把握しないまま、利用額だけが膨らんでしまうということがあります。

これがクレジットカード利用の怖いところです。

 

クレジットカード不正利用などの被害に気が付きにくい

クレジットカードは不正利用された時にはちゃんとカード会社が補償してくれます。しかしながら、こうした不正利用を見つけるにはしっかりと明細を確認する必要があります。
あからさまの不正利用はクレジットカード会社も水際対策していますが、最終的には利用者がしっかりとチェックすることが必要です。

不正利用については60日以内であれば補償してもらえますが、それを過ぎた分は補償されません。毎月の利用の明細はしっかりとチェックして、身に覚えがない利用が無いかをしっかりと確認しましょう。

特に怖いのは「普段使っていないクレジットカードが不正利用された場合」でしょう。
そうした場合は被害にあっていること自体に気づけない可能い性もあります。

 

さいごに。ちゃんと管理できればWEB明細は便利

WEB明細オンリーではなく、紙の利用明細ももらうべきという理由を説明してきましたが、WEB明細だけでもしっかりと管理できているならそれでもOKです。ただし、そうした管理をしない方も多く、そういう方は紙の利用明細を受け取って、そこだけはしっかりと確認するようにすることが大切です。

また、保有しているカードが多いと言う方は、「マネーフォワード」などのツールを活用するのも一つの手です。あらかじめ登録しておけば、カードの利用などを一つの画面で管理することができるので、チェックしやすいですし、不正利用にも気づきやすくなります。

参考:無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP