おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

スーパーでのお買い物がお得になるクレジットカード比較

食料品や日用品といった毎日のお買い物で使うことになるスーパー。そんなスーパーでのお買い物もクレジットカードを活用して上手に、お得に利用しましょう。

スーパーでのお買い物はポイントカードや提携しているクレジットカードでお買い物をすればポイント優待や値引きといった形で特典を提供しているところも少なくありません。今回はそんなスーパーでのカード払いについて、代表的なスーパーマーケットの特典や割引サービスなどを比較していきます。

スポンサーリンク

スーパーマーケットではカード優待日を上手に活用しよう

スーパーマーケットでは特定の日をご優待デーなどの名称で、5%オフといった割引を行うことが多いようです。そうした特売日を上手に活用してまとめ買いをするのがスーパー系のクレジットカードで得をする方法といえそうです。

東京を中心によく利用されているスーパーを例にみてみましょう。
提携しているクレジットカードを使えば下記のようなカード優待デーがあります。

  1. 西友(5日、20日は5%オフ)
  2. ライフ(7日、17日、27日は2.5%ポイント還元)
  3. イトーヨーカドー(8日、18日、28日は5%オフ)
  4. イオン・ダイエー・マックスバリュ(20日、30日は5%オフ)

このように、通常よりも大きな割引が期待できる優待デーを上手に活用しましょう。それぞれのスーパーでは上記のように優待日が異なっているので、生活圏内に複数のスーパーがあるときはそれぞれのクレジットカードを持っておいて、優待が使えるお店を使うという手もありますね。

仮に上記の4つのスーパー(グループ)の場合、5日、7日、8日、17日、18日、20日、27日、28日、30日でひと月に9日(1/3程度)は優待デーがある計算になりますので、お店を変えて買い物すればお得に日用品や食料品を購入することができます。

 

代表的なスーパーと特典付きのクレジットカード

以下は売り上げ規模が大きく、優待が受けられるクレジットカード(提携あーど)を発行しているスーパーとその優待カードのまとめです。

 

西友・リヴィン・サニーのクレジットカード特典

基本的にウォルマートカードセゾン一択となるでしょう。特定日の5%オフのほか、それ以外の日でも3%オフになるので、西友をよく利用するというのであれば持たない理由はありません。

西友は都内にも店舗が多いため、利用する方は多いのではないでしょうか。

 

5%OFFの活用について

西友の5%OFFはセゾンカード全体が対象になりますので、SAISON CARDのロゴがあれば、ウォルマートカードセゾンでなくても5%オフになります(3%オフはウォルマートカードセゾンのみ)。

また、5%OFFの日のお買い物は割引にプラスしてセゾンカードの永久不滅ポイントも追加付与されます。

優待クレジットカード:ウォルマートカードセゾン
年会費:無料

 

ライフのクレジットカード特典

ライフでのお買い物がお得なクレジットカード。通常は200円につき1ポイントですが、毎月7のつく日は200円につき5ポイントと5倍ポイントになります。 1ポイント=1円としてライフのスーパーで使えます。還元率は0.5%~2.5%ということになりますね。

優待率でみると他社と比べて少し劣る感じです。

優待クレジットカード:LC JCBカード
年会費:無料

 

イトーヨーカドーのクレジットカード特典

全国のイトーヨーカドーの利用なら毎月8のつく日が5%オフになります。このほか、セブンイレブン、デニーズといったセブン&アイグループのお店は1.5%還元となります。

セブンカードプラス(クレジットカード)には電子マネーのnanacoも自動付帯しています。nanacoへのチャージでもポイントが付与されます(0.5%相当)。

 

セブンカードプラスとnanacoの使い分け

イトーヨーカドーでは、セブンカードプラスとnanaco(電子マネー)のどちらも利用することができます。どちらがお得かというと、実はnanaco払いのほうがお得です。

1)nanaco払い:100円につき1ポイント
2)セブンカードプラス払い:200円につき3ポイント

このようになるので、nanaco払いの方が不利です。ただし、セブンカードプラスの場合、セブンカードプラスを使ってnanacoにチャージをすれば200円につき1ポイントのポイントがたまります。

セブンカードプラスでチャージ イトーヨーカドーでお買い物 合計
nanaco払い 0.5% 1.0% 1.5%
クレジット払い 1.5% 1.5%

還元率は一緒です。その一方で注意したいのがポイント付与の単位です。nanacoは100円ごとですが、クレジット払いの場合は200円ごとです。この場合、nanacoは99円未満切り捨てで済みますが、クレジット払いだと199円未満切り捨てとなります。

ポイントの端数切捨ての影響は思った以上に大きい」でも紹介しているように、ポイントのつき方は、計算単位が小さいほうが有利なのでnanaco払いとするほうが還元率は同じでも最終的にもらえるポイント数は大きくなります。

優待クレジットカード:セブンカード・プラス
年会費:463円(税別)初年度無料
年5万円以上利用で次年度無料

 

イオン・ダイエー・マックスバリュのクレジットカード特典

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカードとイオン系の電子マネーWAONが付帯した1枚三役のクレジットカードです。イオンがお得なクレジットカードとして「買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせ」などでも紹介しました。

全国のイオングループならポイント2倍(1%還元)、このほか毎月20日、30日ならイオン・ダイエー・マックスバリュが5%オフになります。

 

イオンカードセレクトのWAONオートチャージ+WAON払い

最大級に得をする方法としてはイオンカードセレクトのオートチャージ機能を使って、20日、30日にWAON払いをすることですね。
チャージでイオンカードのきらめきポイント+5%オフ+WAONポイントといった形でトリプル特典となります。
参考:電子マネーWAONの活用方法やポイントの貯め方、お得情報のまとめ

優待クレジットカード:イオンカードセレクト
年会費:無料

 

アトレ(JR東)のクレジットカード特典

JR東日本系列の商業施設のアトレ内になるスーパーで優待。100円のお買い物に対して3ポイント(JREポイント)がたまります。また、年にアトレで5万円以上のお買い物をすればJREポイントが500ポイントもらえるため、実質的には年会費無料にできます。

優待クレジットカード:アトレビューSuicaカード
年会費:477円(税別) 初年度無料

 

Odakyu OXストアのクレジットカード特典

年に1回以上使えば年会費無料のクレジットカードです。小田急系列のスーパーのOdakyu OXストアがお得になります。
基本は200円につき1ポイントですが、月間の利用金額に応じて、ポイントが3倍(1.5%還元)、5倍(2.5%還元)となります。

優待クレジットカード:小田急カード
年会費:500円(税別)初年度無料/年1回利用で次年度無料

 

アピタ・ピアゴのクレジットカード特典

ユニー系列で東海地方を地盤とするアピタ・ピアゴです。いずれも同ユニーグループのクレジットカードであるUSCカードがお得になります。

アピタ:毎月19日、20日が感謝デーで5%オフになります。また、毎週日曜日はポイント2倍です。

ピアゴ:毎週金曜日が感謝デーで5%オフになります。また、毎週日曜日はポイント2倍です。

優待クレジットカード:UCSカード
年会費:無料

 

ゆめタウンのクレジットカード特典

西日本を地盤とするスーパーのゆめタウンで使えるクレジットカード。ゆめタウン、ゆめマートでの利用で100円につき1円(1%)のポイントが還元されます(500円ごとに値引き券発券)

還元率的に考えるとそこまでお得とは言えないですね。

優待クレジットカード:ゆめカード
年会費:無料

 

スーパーでのお買い物を上手にやりくりしてください

日付指定の優待は特定の日しか使えないという面倒さがありますが、上手に利用すれば少しだけお安く購入することができます。上手に近隣店の情報を収集して、お得に買い物をしましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP