おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードやカードローンの在籍確認の意味と電話での確認内容

クレジットカードやカードローン、キャッシングなどの申し込みをすると行われることが多いのが「在籍確認」です。在籍確認というのは、勤務先などとして登録した会社などに本人が本当にいるかどうか(在籍しているかどうか)を確認するための電話確認です。

クレジットカード、カードローンなどにおいては重要な審査項目の一つとされています。今回はそんな在籍確認について、実際にどんなことが確認されるのか?また、職場にクレジットカードやカードローンを申し込みしたことがばれてしまうか?といった疑問や、在籍確認時の注意点などをまとめていきます。

スポンサーリンク

そもそも在籍確認・電話確認とは何か?

在籍確認はクレジットやカードローンなどを申し込みした時に、その人が本当にその会社に在籍しているのかどうかをチェックするための電話連絡です。

クレジットカードやカードローンなどの申し込みをするときに、その会社には本当は勤務していないのに、嘘の情報を申告する人がいます。そうした虚偽の申告ではないかということを確認するわけです。

 

在籍確認はどのようにして行われる?

在籍確認については、勤務先として登録した電話番号に対して、電話をして「○○さん(申し込み者の名前)はいらっしゃいますか?」といった形で電話をかけてきます。
電話を変わってもらい、本人であることが確認できたらOKとなります。

なお、会社によっては生年月日や住所などを尋ねられることがあります。基本的にはそれだけで在籍確認は終了です。

 

在籍確認が会社にかかってくると何か問題はあるの?

最近ではクレジットカードやカードローンを利用する人も少なくないので、そうした電話がかかってきても特に問題はないと思います。

その一方で在籍確認の電話を通じてカードローン(借金)をしようとしていることが会社や同僚にばれてしまうのではないか?という不安を覚える方もいらっしゃるかもしれません。

一方で消費者金融などの場合はそうしたことを配慮しており、会社名(プロミス、アイフルなど)を名乗ることはなく、個人名で電話をかけてくれますので、在籍確認だけで会社や同僚に借金がばれるということはないでしょう。

また、在籍確認においてあなたが、カードローンやキャッシングなどの申し込みをしているということを電話口で応対した人に話すということは絶対にありません。

さらに言えば、在籍確認の電話をしてくるのはカードローンやキャッシングなどの消費者金融(借金)だけでなく、クレジットカードの申し込みでもかかってきます。なので、心配な方は同僚や会社に「クレジットカードの申し込みの件で在籍確認があるかもしれない」と言っておけば問題ないでしょう。

在籍確認を心配している方も多いようですが、神経質になる必要はないと思います。

 

外出などで電話に出ることができなかったら審査に落ちる?

外出していたり、その日がたまたまお休みだったという場合で、本人が電話に出ることができなかった場合はどうなるのでしょうか?

基本的には電話に出ることができなくても、在籍していることがわかりさえすればOKです。在籍確認をする人は、そのあたりをしっかりと心得ているので、賢い聞き方をしています。なので、普段は営業などで外出していて電話を取ることができないという場合も心配する必要はありません。

その一方で、近年は個人情報に対する管理が厳しくなっており、まったく問い合わせに応じてくれないケースなどは確認ができず審査に通らないということもあるようです。

そのため、規模が大きい会社で働いている場合などは自分につながりやすい部署への電話番号にしておくなどの工夫をするのもよいでしょう。

 

それでも心配な方は申し込みの時に相談しておく

それでも在籍確認の電話が怖いという人は、申し込みをするときに事前に相談しておくのも手です。

・男性(女性)に電話をかけてほしい
・電話をかけるのは○時以降にしてほしい
・個人名で電話してきてほしい or 会社名で電話してきてほしい

といった具合です。嘘をつくことはできませんが、在籍確認についてはデリケートな問題であるということは先方もわかっているはずなので、ある程度は対応してくれます。

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP