おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

楽天ANAマイレージクラブカードのメリット、デメリット。普通のANAカードとの違いは?

楽天カードが発行しているクレジットカードに「楽天ANAマイレージクラブカード」というものがあります。楽天のクレジットカードに全日空(ANA)の会員カードであるANAマイレージクラブカード(AMC)の機能が付帯したカードとなっています。

今回はこの楽天ANAマイレージクラブカードについて通常の楽天カードやANAカードとの違いや年会費等のスペック、お得な使い方や注意点などをまとめていきます。

楽天ANAマイレージクラブカード公式ホームページ

スポンサーリンク

楽天ANAマイレージクラブカードの基本スペック

まずは、楽天ANAマイレージクラブカードの基本スペックは以下の通りとなります。

年会費 500円+税
(初年度無料+年1回の利用で次年度以降も無料)
カードブランド JCB、MasterCard、Visa
ポイント還元
(楽天スーパーポイントコース)
100円の利用額につき1楽天ポイント
ポイント還元
(ANAマイルコース)
200円の利用額につき1マイル
たまるポイント 楽天ポイント
または
ANAマイル
その他の特典 楽天カード(一般カード)と同様

一般的な楽天カードとの違いは以下の通りです。

  • 年会費が完全無料じゃない
  • ポイントを貯めるにあたってANAマイルコースが選べる
  • AMCの会員証として使える
楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ
2015-05-11 21:02
国内のオンラインショッピングモールの最大級の「楽天市場」。会員数は2015年3月末時点で9977万人と日本のショッピングモールの中でも最大規模のモールです。そんな楽天市場をよく利用
リンク

楽天カードの楽天市場でのお買い物特典はすべて適用されます(一般カード扱い)。

そのため、スーパーポイントアッププログラムでの楽天カード特典はもちろん、ポンカンキャンペーンの適用対象にもなります。

楽天市場のスーパーポイントアッププログラム(SPU)の攻略方法と注意点
2016-04-15 17:58
2016年1月から楽天市場がYahoo!ショッピングのポイント5倍などのキャンペーンに対抗して始めたポイントキャンペーンが「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」です。従来の
リンク
楽天市場のポンカンキャンペーンの基本と攻略方法
2017-02-18 08:33
大手インターネットショッピングモールの楽天市場kは様々なキャンペーンを実施していますが、今回紹介するポンカンキャンペーンは、ところどころでルールが少し変わりながらも、ながーく続いて
リンク

 

年会費が完全無料じゃない

この点は少し弱いところといえそうです。ただ、他のANAマイレージクラブカード付きのクレジットカードと比較すると年会費は安いです。また、無料条件が厳しくない(年1回でも使えばOK)はかなり良心的といえるでしょう。

実質年会費無料と呼ばれるカードですね。

 

ポイントを貯めるにあたってANAマイルコースが選べる

月間の利用金額200円(税込)に対して1マイルが貯まります。マイル還元率は0.5%となります。
いわゆるANAカードの場合は年会費は必要になりますが、1%程度のマイル還元率があるので、それらと比較するとやや弱いといえそうです。

ANAのマイルが貯まるANAカードとその選び方、おすすめクレカを比較
2016-04-23 06:31
 ANA(全日空)のマイルを貯めたいと考える方の多くにとって重要なアイテムとなるのがANAが発行しているクレ時とtカード「ANAカード」です。ANAカードを持つことで普段のお買い物
リンク

ちなみにそもそも論ですが、楽天ポイントは2ポイント→1ANAマイルでの交換ができるようになっています。つまり、楽天ANAマイレージクラブカードでない、普通の楽天カードでも100円で1ポイント貯まる楽天ポイントをANAマイルに移行するというのであればまったく同じレートということになりますね。

 

楽天ANAマイレージクラブカードとANAカードの違い

少しややこしいのですが、ANAのクレジットカードであるANAカードとは違います。ANA会員については実は以下のように分かれています。

AMC会員
(ANAマイレージクラブカード会員)
ANAマイレージクラブカードの保有者。未成年者でもOK
ANAカード会員 ANAカード(クレジットカード)の本会員または家族会員が対象。
ANAプレミアムメンバー
(上級会員)
年間の獲得プレミアムポイントが一定以上の会員
ブロンズ:3万プレミアムポイント
プラチナ:5万プレミアムポイント
ダイヤモンド:10万プレミアムポイント
詳しくは「こちら」でも紹介しています。

今回の楽天ANAマイレージクラブカードは、一番上のAMC会員という形になります。

AMC会員とANAカード会員の違いは何か?といわれるとANA便搭乗時のフライトマイルの獲得額や貯めたANAマイルをANAスカイコインに交換するときの交換レートなどに違いがあります。
詳しく比較すると以下のようになります。

年会費 入会・継続ボーナス 搭乗ボーナス ANAスカイコイン交換(5万マイル)
楽天ANAマイレージクラブカード 無料~500円(※1) なし なし 60000コイン(1.2倍)
ANA VISA Suicaカード 751円~2,000円
(初年度無料)(※2)
1000マイル 10%アップ 75000コイン(1.5倍)
ANA VISAワイドゴールドカード 14,000円 2000マイル 25%アップ 80000コイン(1.6倍)

※1:年1回以上のカード利用で年会費無料
※2:マイペイすリボの登録で年会費が751円に割引

マイペイすリボの利用で年会費の割引&ポイント2倍にするテクニック(三井住友カード)
2016-04-11 15:44
正直言って誰にでも推奨できるテクニックというわけではないということをまずは断っておきます。マイペイすリボは、大手カード会社である三井住友カードが提供している自動リボ払いサービスの名
リンク

入会ボーナスや継続ボーナスに加えてANAの飛行機に乗ったときには搭乗ボーナスマイルももらえるようになっているのは大きな違いといえそうですね。

 

楽天ANAマイレージクラブカードが向いている人はどんな人?

正直言うと、クレジットカードを使いこなしている人にとっては、楽天ANAマイレージクラブカードはあまりメリットがるとは言えません。なぜなら「楽天カード+別のカード」で代替ができるからです。

楽天カードの特典に魅力を感じるうえにANAのマイルを貯めたいというのであれば、あえて楽天ANAマイレージクラブカードを一つ作るよりも、「楽天カード(一般)」+「ANA VISAカード」を作るほうが、ANA VISAカードの入会ボーナスや搭乗ボーナスなどを考えるとお得です。

751円の年会費を考えても、ANAカードなら入会・継続だけで1000マイルもらえるので、1マイルの価値を2円だとしても差し引き1200円分以上は得ができる計算になります。

 

なので、クレジットカードを使って極限まで得をしたいというような方にはあまりおすすめできないクレジットカードなのかなぁと思います。

楽天カード公式ホームページ

ANA VISAカード公式ホームページ

 

クレジットカードは一枚あれば十分という方におすすめ

一方でクレジットカードの利用頻度はそこまで高くないけど、お得なクレジットカードが一枚ほしい(そしてANAの飛行機に乗る機会がある)という人に向いているといえそうです。

年会費がかかるといっても年1回使えばOKということで、ANAカードを作って年会費を払うほどじゃないけど飛行機に乗ることもあるという方には財布の中のカードを減らすという意味でもお勧めできそうです。

実際に、私の親戚におすすめのクレジットカードについて聞かれたときにいろいろ説明したら、なんだかんだでこの楽天ANAマイレージクラブカードに落ち着きました。

楽天ANAマイレージクラブカード公式ホームページ

 

以上、楽天ANAマイレージクラブカードについて紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP