おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードでカード破産しないための鉄則

クレジットカードはとっても便利なシステムです。現金を持ち歩く必要はありませんし、買い物金額などに応じてのポイント制度も魅力的です。一方で、クレジットカードで無理な買い物を続けてカードの支払いができなくなる、いわゆるカード破産という話も聞き、怖いと思っている方もいるのではないでしょうか?今回はクレジットカードでカード破産しないために押さえておくべき、いつくかのポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

クレジットカードの支払い回数とローン意識

クレジットカードにおける1回払い(マンスリークリア)の場合、カード利用額は借金というよりも、買い掛け(いわゆるツケ)とほぼ同じです。1回払いの利用であり、かつその利用額が普段の収入内に収まっているというのであれば、クレジットカードで借金が増えるなんてことは基本ありません。

問題になるのが、分割払いやリボ払いなどの複数回支払いを選択しているケースです。
特にリボ払いについては「実は危険な「リボ払い」。リボ払いカードの問題点」でもその危険性を説明しているとおり、ローンとして極悪な仕様になっています。

日常的に、クレジットカードの支払いにおいて分割払い・リボ払いを選択しているという方は借金をしているという意識を強く持たなければなりません

 

原則1回払いのみでカード決済をする

分割払いやリボ払いでしか買い物ができないのに、カードで商品を買うというのは、例外中の例外にするべきです。普段の買い物で分割払いを使用しているというのであれば、すでにあなたの家計における収入の許容を超えた形で買い物をしていることになります。
クレジットカードにおける支払いは原則一回払いを守るようにします

 

カードの使用金額をまとめておく

毎月予想以上にカード会社から請求額が来て驚くという方は、カードでの買い物している金額はをメモするなどして今月どのくらいの金額をカード払いで使っているのかを把握するようにしましょう。

最近ではカード会社のオンラインサービスでWEB上で使用状況を確認できるようになっていますが、複数のクレジットカードを使い分けているようなケースでは把握が難しいので、携帯電話やスマートフォンなどのメモ機能やアプリなどを使ってクレジットカード使用額をメモする習慣をつけましょう。

 

クレジットカードは2枚まで

クレジットカードの使用枚数は2枚程度に抑えましょう。カードで失敗した人の話を聞くと、かなり多くの枚数のクレジットカードを保有・使用しており、それにより使用金額などが分かりにくくなっていたといいます。
使用するクレジットカードは2枚を目途にするでも紹介したとおり、カード破産リスクを下げるという意味でも、所有(使用)するカードは2枚にとどめましょう。

 

使い過ぎを防ぐ工夫をしよう

いずれの場合にしても、クレジットカードのカード破産というのは、使い過ぎが原因です。カード払いは打ち出の小槌ではなく、借金をして物やサービスを買っているという意識を持たなくてはなりません。

  1. カードでの買い物は借金だと考える
  2. 毎月の自由になるお金を把握する
  3. 毎月のカードでの決済金額を把握する

これによって、上手にクレジットカードと付き合っていきましょう。

なお、筆者はクレジットカード利用推進派です。ユーザーという立場でみた場合、クレジットカードのポイント制度や付帯サービスは魅力的ですし、現金を持ち歩かなくていいのも大変快適です。

要は使い方なのです。「利用シーン別に活用できる提携クレジットカードたち」では実際に、クレジットカードを使うことで得ができる場面を紹介しています。クレジットカードとは賢くお得につきあうようにしましょう。

また、どうしてもクレジットカードだと使いすぎてしまうという方は、クレジットカードをやめて「デビットカード」に切り替えるという方法もありです。デビットカードはクレジットカードと同じようにカード決済ができますが、支払いはその都度「銀行口座の残高」から行われます。

ですので、預金残高を超える買い物はできません。どうしてもクレジットカードを持つと使いすぎてしまうという方はこちらの利用もご検討ください。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP