クレジットカードでカード破産しないための鉄則

クレジットカードはとっても便利なシステムです。現金を持ち歩く必要はありませんし、買い物金額などに応じてのポイント制度も魅力的です。

一方で、クレジットカードで無理な買い物を続けてカードの支払いができなくなる、いわゆるカード破産という話も聞き、怖いと思っている方もいるのではないでしょうか?

今回はクレジットカードでカード破産しないために押さえておくべき、いつくかのポイントを解説していきます。

スポンサーリンク

カード破産とはどんな状況なのか?

カード破産というのはクレジットカードを使いすぎることで、最終的な支払が困難となり、返済できなくなることです。

 

クレジットカードの支払い回数とローン意識

クレジットカードにおける1回払い(マンスリークリア)の場合、カード利用額は借金というよりも、買い掛け(いわゆるツケ)とほぼ同じです。

1回払いの利用であり、かつその利用額が普段の収入内に収まっているというのであれば、クレジットカードで借金が増えるなんてことは基本ありません。

問題になるのが、分割払いやリボ払いなどの複数回支払いを選択しているケースです。

特にリボ払いについては「実は危険な「リボ払い」。リボ払いカードの問題点」でもその危険性を説明しているとおり、ローンとして極悪な仕様(高金利&長期返済)になっています。

日常的に、クレジットカードの支払いにおいて分割払い・リボ払いを選択しているという方は借金をしているという意識を強く持たなければなりません

 

クレジットカードのカード破産の実態と事例

クレジットカードの利用で破産にまで至る、あるいはそれに近いような状態になるにはいくつかのステップがあります。

基本的に「収入を上回る支出となった段階」から厳しくなっています。

良い借金と悪い借金」でも説明していますが、「日常の支払い額>収入」となった状況で家系的には破綻しています。遅かれ早かれ破綻します。

それをクレジットカードの分割払いやリボ払いという後払い(借金)を使うことで遅らせいるにすぎないわけです。

そうして分割払い、リボ払いを続けていくことでどんどん返済額が膨らんでいき、最終的にパンクしてしまうというのがカード破産の実態です。

 

クレジットカードでカード破産しないための鉄則

クレジットカードは怖い」と考えていてカードを作ろうか迷っている方も、現在クレジットカードを利用していて、使いすぎやで心配な方もぜひご一読ください。

クレジットカードのカード破産というのは、使い過ぎが原因です。カード払いは打ち出の小槌ではなく、借金をして物やサービスを買っているという意識を持たなくてはなりません。

  1. カードでの買い物は借金だと考える
  2. 毎月の自由になるお金を把握する
  3. 毎月のカードでの決済金額を把握する

これによって、上手にクレジットカードと付き合っていきましょう。

 

まずは、家計の状況を知ることが大切

クレジットカードで買い物してよい金額を把握しましょう。家計はそれぞれで異なります。自分を知ることが大切です。

2019年 家計管理に役立つおすすめ無料家計簿アプリの比較
2019-03-31 10:59
節約や家計管理において重要といわれている家計簿。多くの節約本や節約術でも家計簿をつけることがとても大切だと説かれていることが多いです。その一方で家計簿についての意識調査によると、男
リンク

上記のような家計簿アプリを利用してもいいですし、それは面倒だという方は月々の収入と支出くらいは管理しておき、1か月にクレジットカードで買い物していい上限額を決めておきましょう。

 

原則1回払いのみでカード決済をする

それに加えて、分割払いやリボ払いは使わないようにします。

分割払いやリボ払いの金利はそもそも高いですし、家計が苦しいという状況であれば負担を先送りするだけです。

特別な買い物でどうしても必要という場合は仕方ないかもしれませんが、普段の買い物で分割払いを使用しているというのであれば、すでにあなたの家計における収入の許容を超えた形で買い物をしていることになり、カード破産に片足を突っ込んでいる状況です。

どうしてもクレジットカードだと使いすぎてしまうという方は、クレジットカードをやめて「デビットカード」に切り替えるという方法もありです。デビットカードはクレジットカードと同じようにカード決済ができますが、支払いはその都度「銀行口座の残高」から行われます。

ですので、預金残高を超える買い物はできません。どうしてもクレジットカードを持つと使いすぎてしまうという方はこちらの利用もご検討ください。

デビットカードを徹底比較、ネット銀行のブランドデビットのスペックを比較
2019-08-03 07:02
最近はネット銀行を中心にブランドデビットカードを強化しています。従来はただ決済さえできればいいというカードが多かったのですが、近年ではポイント還元やキャッシュバック、外貨決済といっ
リンク

 

クレジットカードの利用状況を把握する

毎月予想以上にカード会社から請求額が来て驚くという方は、カードでの買い物している金額はをメモするなどして今月どのくらいの金額をカード払いで使っているのかを把握するようにしましょう。

前述の家計簿アプリなどでもクレジットカード会社と連携すれば、月の途中でも利用状況等を管理することができます。

 

クレジットカードの持ちすぎは良くない?

カード破産が心配、家計の状況があまり芳しくないのであれば、クレジットカードの持ちすぎは控えるようにしましょう。

クレジットカードの利用経験があまりない方や、金融に関する知識があまりないというのであれば、お得だからといって無暗にクレジットカードをたくさん保有するのではなく、メインカードとサブカード程度くらいが良いのではないでしょうか。

一方で、「利用シーン別に活用できる提携クレジットカードたち」でも紹介しているように、クレジットカードは利用シーンや用途によって様々に特化したカードもあります。うまく管理と使い分けができるのであれば、その限りではありません。

 

すでにカード破産に近い状況の人はどうすればいい?

現状ですでにカードの支払いが厳しくカード破産に近い状況の人(分割払い・リボ払いの残高が大きい人)はどうするべきでしょうか。

ケースバイケースではありますが、大きく以下の対策があります。

  • 低利のローンに借り換えをして返済する
  • 債務整理を行う

 

低利のローンに借り換えをして返済する

クレジットカードの金利は高いので、別の低利のローンへの借り換えを第一に考えるべきです。そのうえで、月々の支出を見直して家計を改善していきましょう。

カードローンやリボ払いをより金利の低いローンに借り換えするコツと方法、注意点
2018-11-27 18:47
何らかの理由で抱えてしまった借金やリボ払い残高などを高い金利を払って返済し続けているという方もいらっしゃるかもしれません。 借金・ローンにおける「金利」というのはお金を借りる
リンク

 

債務整理を行う

「収入<日常的な支出」となっているような場合は、抜本的な対応が必要となります。債務整理というと自己破産を思い浮かべる方も多いですが、債務返済の一時的な停止などの相談ができるケースもあります。こうした状況なら早めの対策をとらないと傷口が広がるばかりです。

借金の債務整理の基本と3つの債務整理方法、それぞれのメリット、デメリット
2017-09-15 15:18
借金でどうしようもなくなったというときの解決方法が債務整理です。債務整理というと自己破産を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、自己破産は債務整理の中でも最も重いもので、これ以外に
リンク

 

正しい知識と節度をもってクレジットカードを使おう

クレジットカードは、特性や特徴を理解したうえで計画的な利用が欠かせません。

便利な道具である反面、使い方を間違えてしまうとカード破産という最悪の事態に突き進んでいく可能性だってあります。

当ブログでは、カード破産に限らず、クレジットカードに関する様々な情報を「お得なクレジットカード活用術」のカテゴリで発信しています。

クレジットカードの活用方法や正しい知識を身に着ける上で、ご活用いただければ幸いです。

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP