おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

dポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめ。

2016/10/14最終更新   ポイントサービス

d_pointドコモの共通ポイントであるdポイントは2015年12月にスタートした新しい共通ポイントです。共通ポイントとしては先駆けて、Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイントなどのポイントがありますが、モバイル業界の巨人であるNTTドコモがドコモのポイントであった「ドコモポイント」をグレードアップして参入しました。

ドコモユーザーにとって特典の多いdポイントの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点などを分かり易くまとめていきます。なお、共通ポイントについてざっと理解したいのなら「共通ポイント(Tポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイント)の比較と活用方法」の記事でまとめています。

スポンサーリンク

ゼロからわかるdポイント

まずは、dポイントの基本的な特徴を抑えていきましょう。

基本的にdポイントを貯めるユーザーというのはNTTドコモのユーザーという方が多いかと思います。もちろん、他のキャリアを利用している人でも貯めることができますが、ドコモを利用している人向けの特典が多いと言えます。
実際のところdポイントは使えるお店が少ないので、余ったポイントをドコモの利用料金(通信料)や機種変更時の費用に充てるということができるとい使い道があるドコモユーザーにお勧めです。

 

1)ドコモポイントとの違いは?

ドコモポイントはこれまで携帯電話やスマートフォンなどの機種変更やドコモの商品購入など使い道が相当限定されていましたが、dポイントとなることで、これまでも利用に加え、ドコモの月額料金の支払の他、dポイント加盟店で1P=1円として利用可能になっています。

また、ポイント交換としての機能もあり、同じ共通ポイントである「Pontaポイント」にも交換できるほか、JALのマイル(マイレージ)と交換することも可能です。

 

2)dポイントを貯めるにはどうすればいいの?

dポイントカードは、ドコモショップの他、ローソン、マクドナルドなどで無料で手に入れることができます。ドコモユーザーの方はマイドコモのID(dアカウント)とdポイントのIDを紐づけておきましょう。ドコモユーザーでない方は、dアカウントから新しくIDを取得しましょう。

お店の利用で貯めるには100円につき1ポイント(還元率1%)が貯まります。また、一部の店舗では還元率2倍、3倍キャンペーンなども行っていますので上手に活用しましょう。他の共通ポイントよりもポイント還元率アップのイベントが多いので、細かくチェックして利用するとお得なポイントとなっています。

 

3)dポイントの提携店舗は?

正直言って、dポイントを使えるお店はTポイントなどと比べると少ないです。

・高島屋(最大3%還元!)
・ローソン
・一部のオンラインショップ
・オリックスレンタカー
・エネオス
・マクドナルド
・伊達の牛タン本舗
・イオンシネマ

などです。Pontaポイントと提携しているので、事実上Pontaポイント提携店でもポイントが使えることになります。

 

dポイントをもっとお得に貯める方法

ここでは、共通ポイントdポイントをもっと沢山、もっとお得に貯めるための方法を紹介していきます。

 

ゲームに参加してdポイントを貯める

dポイントではサイト上で携帯電話(スマートフォン)で参加可能なポイントが貰えるゲームなどを実施しています。毎日利用すれば数ポイント単位にはなりますが、こつこつdポイントを貯めることができます。

 

アンケートに答えてdポイントを貯める

dポイントクラブアンケートはアンケートに回答することでポイントが貯まるアンケートサービスです。

 

dケータイ払いプラスでポイント二重取り

ドコモの携帯電話料金の支払いと合算して商品を購入できる、ドコモのケータイ払い。中でもdケータイ払いプラス加盟店は100円の利用ごとに1ポイントが貯まります。土曜日なら5倍です。
さらにこの支払い分は携帯電話料金として請求されるので、携帯電話料金をクレジットカード払いにしていればその分にもさらにポイントがもらえるという二重取りが可能になっています。

ただ「ドコモの携帯電話料金をdカードで支払ってはいけない理由」でも紹介しているようにdカード(クレジットカード)での携帯電話料金はポイント付与の対象外になるので、dカード以外のポイント還元率が高いクレジットカーで携帯料金を払うようにすることが重要です。

 

やはりdカード(クレジットカードはあったほうがいい)

dポイントを貯めるにはdポイントカードを作るだけでも貯めることができます。

ただ、積極的にdポイントを貯めるのであれば、クレジットカード一体型のdポイントカードである「dカード / dカードGold」を持っておくのがお勧めです。
電子マネーの「iD」も一緒になっているので、たとえば、ローソンでのお買い物でiD決済をすれば、dカードのポイント(1%)+dポイントの提示ポイント(1%)と二重にポイントが貯まります。

dカードのiDで決済をすればdカードの提示(ポイントカード提示)がなくても自動的に加算されるのも面倒がなくていいです。

 

dカードを作るならdカードゴールドが圧倒的にお得

さらにいえば、dカード(クレジットカード)には年会費無料のdカードと、年会費が1万円(税別)のdカードGoldがあります。

ドコモの携帯電話等を利用しているという前提ですが、年会費を考えてもdカードGoldの方が普通のdカードよりもお得です。

詳しいメリットについては「dカードゴールド(旧:DCMX gold)はドコモのヘビーユーザーはメリットいっぱいのカード」でも紹介していますが、

・年に1回でもiDを使えば3000円分のポイントプレゼント(夫婦なら6000P)
・ドコモの利用料金の10%がポイント還元

などがあります。仮に家族で月に1万円の携帯電話料金を払っていれば6000ポイント+1000ポイント×12ヶ月=18000ポイントものdポイントを貯めることができるわけです。これは非常にお得です!

>>dカードGoldの公式ホームページはこちら

 

なお、ドコモの携帯電話や光インターネットを利用していないという方は年会費無料のdカードの方で十分だと思います。なお、前述の年1度のiD利用でポイントが貰えるキャンペーンは通常のdカード会員でも500ポイントはもらえます。

 

ドコモユーザー限定。歩いてポイントを貯める

こちらはドコモユーザー限定です。NTTドコモは「歩いておトク」というアプリを提供しています。こちら月額300円(税別)のサービスですが、一日平均7000歩ほど歩けば500ポイントほどdポイントで戻ってくるそうです。

実際に私も試してみた結果を「歩くだけでポイントがもらえるドコモの「歩いておトク」を実際に試してみた。」でもまとめています。

 

dポイントのキャンペーンを活用する

dポイントは共通ポイントの中でも比較的キャンペーンを多数展開しています。
たとえば、「dポイントがポイント交換レートを25%UPキャンペーン実施中」といったポイント交換に関するものもあれば、ローソンなどのdポイント提携店でのポイント獲得率アップさせるようなキャンペーンも展開しています。

 

dポイントのお得な使い方

ポイントは貯めるだけでは意味はなく、使ってこそ価値を生み出すものです。
dポイントは1ポイント=1円としてポイント加盟店で利用したり、ドコモの携帯電話料金に充当したりすることができます。

 

ローソンでポイントと交換して商品を買う

dポイント使い道としてレートという使い方で考えた場合にはこちらがお得です。それはローソンのロッピーで発券できるお試し引換券を利用するというものです。

ローソンでPontaポイント・dポイントを使えば格安で商品が買える。お試し引換券活用術。」でも紹介していますが、ローソンではloppi端末でお試し引換券をdポイントで発券できます。

通常に商品を買うよりもお得なポイント消費で商品が購入できるので、1ポイント当たりの価値を大きく高めることもできます。上手に活用したいところですね。

 

以上、dポイントの貯め方と使い方、活用方法などについてまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP