楽天モバイルの評判とメリット、デメリット。Rakuten UN-LIMITの2,980円を徹底検証

楽天モバイルは楽天市場でも有名な楽天の通信会社です。従来はドコモやauの回線を借りたMVNOサービスでしたが、第4の携帯キャリアとして2020年4月8日~はドコモやau、ソフトバンクに並ぶ独自の通信会社となります。

Rakuten UN-LIMIという2,980円(税別)のプランを打ち出しており、楽天回線エリア内なら通信量制限なし、楽天LINKアプリ利用なら通話料も無料となります。

当面は東京、大阪、名古屋の3大都市圏が中心のサービスとなりますが、ドコモやau、ソフトバンクと比較しても格安プランでの通信サービスを利用することができます。

ただいま先着300名様まで1年間無料のキャンペーンを実施中です。

楽天モバイル公式ホームページ

スポンサーリンク

楽天モバイルのUN-LIMITプランの特徴

楽天モバイルは2020年4月8日から自社の回線を利用した通信サービスを開始します。プランは「Rakuten UN-LIMIT」というプラン一つで、月額2,980円(税別)です。

楽天回線エリアならデータ通信は無制限、パートナーエリア(auローミングエリア)では月額5GBまでの高速通信が可能となっています。音声通話について、Rakuten Linkアプリからの発信であればかけ放題。アプリを使わない場合は20円/30秒です。

楽天回線エリアだけで利用する前提だと、ドコモやau、ソフトバンクなどのプランと比較してかなり割安となります。

一方で、楽天回線エリアは東京、大阪、名古屋の3エリアが中心でそれ以外の地域はau回線(パートナー回線)を利用することになり、こちらは月5GBまでとなっています(超過時は追加料金で利用可能)。

ざっくり特徴をまとめると以下のような点があります。

  • オンライン契約で3,000ポイント(8月31日までにSMS認証が必要)
  • 事務手数料3,300円分ポイントで還元(開通日の翌月末までにSMS認証が必要)
  • 月額2,980円が一年間無料(300万名まで)
  • 最低利用期間なし
  • 通話アプリRakuten Linkを使えば国内・海外電話かけ放題

ちなみにRakuten LinkはAndroid専用なのでiPhoneは対象外。

 

楽天モバイルの通信会社としてのスペック

東京・大阪・名古屋の楽天回線エリアなら2,980円で使い放題となります。なお楽天回線エリアは徐々に拡大しており、京都、神戸、広島、福岡、札幌などのエリアも一部が楽天回線対象エリアとなっています。

ただし、対象エリア内でも楽天回線の通信状況が悪く、au回線に切り替わった場合は5GBの制限付きです。回線状況は楽天モバイル提供のアプリで確認できるそうです。

また、東京・大阪・名古屋の三大都市以外では、前述のエリアの関係上、当面はau回線でつながれますので5GBまでしか使えません。当初は2GB制限でしたが、Rakuten UN-LIMIT 2.0にバージョンアップ後は5GB制限に拡大しています。また、制限後の速度は最大1Mbpsとなっており、そこそことなっています。

  • 月額料金:2,980円
  • 通話料金:Rakuten Linkを利用すればかけ放題
  • 通信料金:楽天回線内は無制限、それ以外は国内5GBまで無料(海外2GBまで)

このようになっており、料金に対してはハイスペックだと思います。楽天回線内がお得ですが、それ以外のエリアでもauのローミングで5GBまで無料なので決して悪くないでしょう。現状だと月額2,980円についても1年間は無料ですし、得でしかないですね(笑)

 

海外エリアでも月2GBまで無料

国内データ通信とは別に海外でも月に2GBまでのデータ通信が無料です。数日程度の海外旅行なら現地SIMを借りなくてもいけそうな感じがいいですね。

2GB超過後は128kbpsに制限されます。ちなみに楽天モバイルは楽天モバイルは一部のモバイルルーターにも対応していますし、テザリングもOKです。

 

対応機種。スマホ購入(購入サポートキャンペーンもあり)

楽天モバイルの対応機種は以下の通りです。iPhoneには現在のところ公式にサポートしていません

  • Rakuten Mini
  • OPPO A5 2020
  • arrows RX
  • AQUOS sense lite
  • OPPO Reno A
  • HUAWEI nova 5T
  • AQUOS sense3 plus
  • Xperia Ace
  • Galaxy A7
  • Galaxy S10
  • Galaxy Note10+

個人的に気になっているのはRakuten Miniですかね。お安いですし、サブ機としてはよさそうな気がします。

また、2020年8月にはOPPO A5 2020などはポイント還元を考えると実質無料以下で購入できるようになっています。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を契約した上、特定対象製品を購入した場合、最大20000円相当の楽天ポイントがプレゼントされるキャンペーンもやっています。

>> 対象製品+プランセット購入サポートキャンペーン

 

楽天モバイル契約者は楽天市場のSPUの対象

楽天市場では2016年よりポイントプログラムを拡充しており「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」をスタートしています。こちらの一環として「楽天モバイルユーザーは常時1%ポイントアップ」という特典が付与されています。1年間無料の特典を考えると、この特典だけを考えてもお得ですよね。

※SPUのポイントアップは2020年4月1日より2%UPから1%UPに特典がダウンしております。

 

300万名は1年間無料

なお、先着300万人は1年間の無料となっています。2年縛りもないので、とりあえず1年間無料で使ってみて、その後のことは後で考えるというのもアリです。不要なら解約すればいいだけです。

 

楽天モバイルの申込方法と特典

楽天モバイルについてどういう方にお勧めなのかをまとめていきます。
基本的には楽天市場のヘビーユーザーの方にはお勧めですが、それ以外の使い方や活用方法としてまとめていきたいと思います。

  1. Rakuten UN-LIMIT(月額2,980円)が1年間無料(300万名)
  2. 事務手数料3,300円相当をポイント還元
  3. 3,000ポイント還元(オンライン申込限定)

この3つの特典があります。(3)のポイント還元が魅力ですので、楽天モバイルの店舗ではなくオンラインで申し込みをしましょう。

>>Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイルSIM) 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Rakuten UN-LIMIT(楽天モバイルSIM)
価格:3300円(税込、送料無料) (2020/3/4時点)

楽天で購入

 

以上、楽天モバイルと新サービスについて紹介しました。

同じカテゴリーの人気記事

【楽天モバイルの評判とメリット、デメリット。Rakuten UN-LIMITの2,980円を徹底検証】に興味があるのであれば、以下の記事もおすすめです

おすすめ記事

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP