おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

なかなか貯金ができない家計へ贈る 3つの貯金ポイント

収入が少ないわけじゃないのになぜかお金が貯まらないという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方にお勧めの3つの貯金のためにおさえておきたいポイントについてまとめていきます。基本は「天引き」「予算化」「特別勘定」の3つです。
なかなか貯金が貯まらないという方はぜひお試しください。

スポンサーリンク

ぜひともはじめたい積立定期預金(天引き預金)

まず、最初のポイントは「天引き」「先取り」です。毎月の収入(お給料)の中で生活して余った分を貯金しようというのは大抵の場合うまくいきません。どうしてもお金に余裕があれば使ってしまうものです。
また、予算化もしにくくなります。

代表的な方法としては

・財形貯蓄を利用する方法
勤務先に財形があれば、利用することで給料天引きで貯金ができます。運用上のメリットはさほどおおきくありませんが、給料天引きで強制貯金ができるというのは魅力かもしれません。詳しくは「」でも解説しているのでこちらもご覧ください。

・積立貯金・積立預金を活用する方法
給料振込先の銀行などを利用して積立貯金(預金)を行うという方法です。あらかじめ申し込みが必要になりますが、必要なタイミングで自動的に定期預金にしてくれます。
なお、給料振込先の銀行で積み立てを利用すると、万が一使いすぎたときには「口座貸越」といって定期預金に預けている額の一定割合までを借りることができます。
そのため、結果的に貯金できているようで普通預金がマイナス(口座貸越利用中)とならないように注意してください。積立貯金については「貯金のはじめは積立から「積立貯金の始め方」」でも詳しく説明しているのでこちらもご覧ください。

・自動入金サービスをりようしてネット銀行などに預金を移動する方法
いくつかのネット銀行では「自動入金サービス」というものを行っています。これは登録した銀行から定期的なタイミングで○○万円(指定額)を別の銀行に移動させるというサービスです。上手に利用すれば、金利の高いネット銀行などに貯蓄用として資金を動かすこともできます。

自動入金サービスについては「銀行の自動入金サービスの特徴と比較、上手な活用方法のまとめ」で実施している銀行等をまとめているので参考にしてください。

 

支出の予算化をしておく

次に大切なのは支出を予算化して、それに収める努力をするということです。
毎月の収入のうち、一定額を貯金(積立預金)するのであれば残りの金額で生活をしていくことになるわけですが、その中でも「食費」「光熱費」「生活必需品の購入」「理美容費」「保険料」「住居費」「交通費」といった具合にしっかりと予算組みをしておきます。

クレジットカードを使わないという家計の場合はあらかじめ予算別に封筒を用意しておきその中にお金を入れてその範囲で使うようにするという点も挙げられますね。

逆に、クレジットカードを利用している場合は、こうした費用の種類ごとの管理が難しくなりますのでカードを利用するごとにメモをとったり履歴を残すなどしてしっかりと支出を管理します。

 

特別勘定の概念を作っておく

生活費の予算組みで難しいのは、冠婚葬祭やお付き合い、年に数度の旅行、子供の学校の入学金といった具合に、月々の管理はできない費用です。こうした費用を月々の生活費という範囲に入れておくと月々の節約状況などがわかりにくくなります。

そこで、こうした費用について「特別勘定(名前は何でもいいです)」といった形で別口で管理するようにします。たとえば、生活費は月々15万円で5万円を特別勘定に入れておきます。この特別勘定のお金については月々の決算ではなく、1年くらいの期間で必要になる時期や予算を考えた上で使用するようにします。

このようにすれば、月々の純粋な生活費という部分と冠婚葬祭や特別な費用を別々に管理することができます。

 

いかがでしょうか?最近ではスマートフォンのアプリなどで家計簿なども比較的簡単に管理できるソフトも増えています。こうしたものも活用しながら家計管理をやりながら、しっかりと貯金を増やしていきましょう。

 

以上、なかなか貯金ができない家計へ贈る 3つの貯金ポイントでした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP