おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2019年10月からのお買い物がお得なクレジットカード、キャッシュレス決済

2019年10月より消費税が増税されますが、同時に国のキャッシュレス・ポイント還元事業が始まります。また、クレジットカード各社やキャッシュレス決済サービス各社も、この還元事業を手掛かりとして顧客獲得のためにキャンペーンを実施する予定です。

結果として、消費税増税後のほうが実はお買い物がお得になるなんてことも珍しくありません。今回は2019年10月からのお買い物が確実にお得になるキャンペーンを実施する予定のクレジットカードや電子マネー、スマホ決済サービスなどのキャッシュレスを紹介していきます。

スポンサーリンク

2019年10月1日以降、国のポイント還元事業とキャッシュレス各社のキャンペーンは併用できる

国のキャッシュレス・ポイント還元事業の基本を分かりやすく解説
2019-09-22 03:32
2019年10月1日より、キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)がスタートします。これは消費税増税に伴う国の消費喚起策&キャッシュレス推進策で、対象のお店でキャ
リンク

国のキャッシュレス・ポイント還元事業については上記の記事でも紹介していますが、中小事業者のお店では国の負担によるポイント還元(割引)が行われます。

  • 中小事業者:5%還元
  • チェーン店:2%還元

すべての事業者ではなく、事前に登録された事業者となりますが、対象店ではクレジットカードや電子マネー、スマホ決済といったキャッシュレス決済で2%、5%お得にお買い物ができるわけです。

これ以外にも、各クレジットカード会社やスマホ決済サービスの事業者は10月以降で様々なお得なキャンペーンを実施します。こうしたキャンペーンは国の施策と“併用可能”となっているものが多く二重に得ができます。

うまく活用すれば、かなりお得なのでキャッシュレスとこれまでは無縁だったという方も、これを機会にぜひ活用してみましょう。

 

2019年10月以降のキャッシュレス決済各社のお得なキャンペーンのまとめ

まずは、一覧で見ていきたいと思います。楽天ペイのキャンペーンをのぞき、すべて国のキャッシュレス・ポイント還元事業の還元と併用できますので、対象店では+2%または+5%の還元が受けられます。

事業者 対象決済 還元 期間
JCBカード 指定のJCBカードをApplePay、GooglePayに登録して決済する 20%還元
(上限1万円まで)
2019年12月15日まで
三井住友カード 三井住友カードを新規に発行してカード決済する 20%還元
(上限8000円まで)
2019年12月27日まで
PayPay PayPay残高払い、ヤフーカード払いで決済をする 5%還元
(上限1000円/月)
未定
d払い d払いで支払いをする 20%還元
(上限3000円まで)
2019年10月14日まで
Origami Pay Origami Payで支払いをする(金融機関払い) 3%還元
(3000円まで)
未定
楽天ペイ 楽天ペイで支払い 国の還元事業の対象店、非対象店を問わず、5%還元になるように還元 2019年12月2日まで
LINE Pay LINE Payの支払い 対象加盟店で5%または10%のボーナス 2019年10月18日~31日まで

20%還元が利用できるJCBカードや三井住友カードのキャンペーンが大きいです。JCBカードはスマホ決済(QUICPay)が対象で、三井住友カードはクレジットカード決済と利用の幅が大きいのが特徴的です。

基本的にはこの2つのキャンペーンを活用しつつ、他のお得なスマホ決済があればそれを活用するという方法がおすすめです。

 

JCBカードの20%還元キャンペーン

期間:2019年12月15日まで
決済方法QUICPay
還元上限:1万円(カード1枚当たり)

対象のJCBカードをApplePayまたはGooglePayに登録をしてスマホ決済することで還元対象となります。登録するとQUICPayとして使えます。

  • JCB一般カード
  • JCBゴールドカード
  • JCB CARD W
  • ANA JCBカード
  • JALカード(JCB)
  • リクルートカード(JCB)

などが対象です。楽天カード(JCB)やヤフーカード(JCB)などはJCBブランドですが発行会社が違うので対象外となります。

カード1枚あたり5万円(1万円還元)となるので、複数枚作ればカードの数だけ対象です。

JCB CARD W、ANA JCB、JAL JCB、リクルートカードで4枚作れば、20万円(4万円還元)まで還元されます。

JCBカード公式ホームページはこちら

 

三井住友カードの新規作成で20% & キャッシュバック

期間:2019年12月15日まで
決済方法:カード払い
還元上限:8,000円(カード1枚当たり)

新規に三井住友カードの指定カードを作成し、アプリ(Vpass)に登録することで対象となります。対象となるのは以下のカードで“新規作成”が必要となります。

  • 三井住友デビュープラスカード
  • 三井住友クラシックカード
  • 三井住友アミティエカード
  • 三井住友プライムゴールドカード
  • 三井住友ゴールドカード
  • 三井住友プラチナカード

カード一枚当たり4万円(8,000円還元)までが対象となります。ただし、同時に新規カード作成で4,000円キャッシュバックもありますので、これも加味すると4万円利用で1万2千円還元(実質30%還元)となります。

なお、上記のクレジットカードはいずれも1枚までしか保有できないので、一人一回ということになります。

三井住友カード公式ホームページはこちら

 

PayPayは残高払い、ヤフーカード払いで5%還元

期間:2019年11月30日まで
決済方法:PayPay残高払い/ヤフーカード払い
還元上限:1,000円(月間)

スマホ決済のPayPayは2019年10月以降は残高払いまたはヤフーカード払いで5%還元となります(まちかどPayPay)。ただし、少し複雑です。

  • 消費者還元事業対象店(5%):+5%還元
  • 消費者還元事業対象店(2%):+1.5%還元
  • 消費者還元事業非対象店:+1.5%還元

と、還元率が異なります。5%還元となるのは消費者還元事業対象店舗(5%)のお店だけです。他のお店は1.5%還元です。

PayPayは小規模店に強いというところの裏返しといえるかもしれません。

高額の還元はありませんが、2019年10月5日は1日限りの20%還元が行われるように、時折実施されるキャンペーンが魅力的です。PayPayはクレジットカード決済に対応していない中小飲食店などでも導入が進んでいるので、持っておくと便利であることは間違いありません。

Yahoo!ショッピングを利用する人は、お買い物でPayPayボーナスも付きますので、Yahooショッピングを活用されている方、ソフトバンク、ヤフーモバイルを使っている方はお得度が高いと思います。

不定期なキャンペーンも魅力的なので、使えるようにだけはしておくといいでしょう。

スマホ決済のPayPayの使い方と評判。メリット、デメリットを紹介
2019-10-03 01:55
スマートフォン決済サービスのPayPay(ペイペイ)はYahoo!JAPANとソフトバンクが共同出資している決済サービスです。 QRコードを読み込むことで決済ができるサービス
リンク

PayPay公式ホームページ(iOS)

PayPay公式ホームページ(Android)

 

d払いは20%還元を実施

期間:2019年10月14日まで
決済方法:d払い
還元上限:3000ポイントまで(1回1000ポイントまで)

ドコモのd払いです。10月14日まで1回5000円決済までの20%還元(1000pt還元)の高い割引率のキャンペーンをやっています。

還元率の割に上限が低いところが残念ですが、店舗を選ばないのでうまく活用していきたいところですね。

ちなみにd払いは街のお店だけでなく、ネット決済でも利用できます。

d払いとドコモ払いの活用術。ポイントやキャンペーン、利用限度額のまとめ
2019-07-16 14:03
d払い(旧:dケータイ払いプラス)とは、2015年12月にドコモが始めた決済サービス(決済代行サービス)の一つです。dアカウントを通じて行う決済手段でネットショッピングなどにおいて
リンク

 

Origami Payで3%還元(その場でキャッシュバック)

期間:未定
決済方法:銀行口座払い
還元上限:3000円まで

還元自体は小さいですが、その場でキャッシュバックされる点が強みです。国の消費者還元事業分についてもその場での割引となりますので、非常に分かりやすいです。

  • 非対象店:3%オフ
  • 2%対象店:5%オフ
  • 5%対象店:8%オフ

なお、3%割引は銀行口座からの支払い限定で、クレジットカード払いにしている方は1%割引となります。

 

楽天ペイ どのお店でも対象なのが嬉しい5%還元

期間:2019年12月2日まで
決済方法:楽天ペイ
還元上限:3000ポイント

楽天ペイは少し変わった還元キャンペーンです。楽天ペイが使えるお店なら、どのお店でも消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)のポイント付与分を含めて5%還元となります。

  • 非対象店:5%還元
  • 2%対象店:3%還元
  • 5%対象店:0%還元

となるわけです。5%還元のお店で使うと損ですけど、非対象店(スーパーや家電量販店など)なら5%還元になるという仕組みですね。PayPayと逆のパターンになります。

楽天ペイのメリット、デメリット。現金・カードも持ち歩き不要なアプリ決済
2019-06-05 05:25
楽天ペイはスマートフォンを使ってクレジットカードを使わずに決済することができるユーザー向けアプリです。楽天スマートペイ対応のお店で利用可能なモバイル決済になります。加盟店ならスマー
リンク

 

LINE Pay 対象店舗限定で5%または10%還元

期間:2019年10月18日~31日まで
決済方法:LINE Pay
還元上限:1000円相当のLINE Payボーナス

期間が18日~なのでご注意。スーパー、ドラッグストアの対象加盟店での利用で5%または10%の還元です。キャンペーンページを確認する限りはスーパーは10%、ドラッグストアは5%還元になりそうな感じです。

別途マイカラー特典(0.5%~2.0%還元)もありますので最高12%還元ですね。対象店舗はキャッシュレス・ポイント還元事業の対象外なので、用途を限定しての利用に価値がありそうです。

LINE Payの使い方ガイド。仕組み、チャージ方法、決済方法、本人確認などの基本を解説
2019-10-03 01:18
LINE Pay(ラインペイ)はメッセンジャーアプリのLINEが提供している決済サービスです。LINEの友達同士でお金を送金したり、あるいはLINE Pay対応のお店での決済に利用
リンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP