おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

楽天ペイのメリット、デメリット。現金・カードも持ち歩き不要なアプリ決済

rakuten-pay楽天ペイはスマートフォンを使ってクレジットカードを使わずに決済することができるユーザー向けアプリです。楽天スマートペイ対応のお店で利用可能なモバイル決済になります。加盟店ならスマートフォンだけあれば簡単に、また安心に決済をすることができます。さらに追加でポイントが貯まるという特典もあるので上手に活用したいところですね。

今回はそんな楽天ペイをユーザーとして利用する場合のメリットやデメリットについてまとめていきます。

スポンサーリンク

楽天ペイとは何か?

楽天は「楽天スマートペイ」というモバイル決済システムを店舗向けに提供しています。

モバイル決済システムとは、ネット回線と専用端末を使ってクレジットカード決済を行えるようにするシステムです。導入するのはお店(加盟店)となりますが、一般的なクレジットカード決済契約を結ぶよりは初期費用などを抑えることが可能です。

楽天ペイはこの楽天スマートペイの加盟店においてクレジットカードを直接買うことなく、スマホアプリを通じてクレジットカード決済ができるというシステムです。

 

楽天ペイの登録

楽天ペイは楽天IDと紐づけをして利用します。楽天の会員情報としてクレジットカードを登録し、登録したクレジットカードまたは、紐づけした楽天IDの楽天ポイント(楽天スーパーポイント)を利用して決済をします。

楽天IDにクレジットカード情報をすでに登録している場合には、楽天ペイのアプリをインストールして、ログインそして利用するカードを選択するという流れになります。

ただし、楽天カード以外のクレジットカードの場合はVisaまたはMasterCardブランドのみ登録可能となっています。個人的にはポイント還元率も高い楽天カードがおすすめです。

楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ
2015-05-11 21:02
国内のオンラインショッピングモールの最大級の「楽天市場」。会員数は2015年3月末時点で9977万人と日本のショッピングモールの中でも最大規模のモールです。そんな楽天市場をよく利用
リンク

楽天カード公式ホームページはこちら

 

楽天ペイをお店で利用する方法

お店での支払いをするときは「楽天ペイで支払いたい」を伝える必要があります。その上で、「バーコード提示払い」「QRペイ」または「セルフペイ」という支払い方法を選択する必要があります。なお、店舗によっては特定の支払い方法が利用できないお店もあります。

個人的にはミスが少なそうということを考えるとバーコード提示払いかQRペイを使ったほうがよさそうです。

 

1)バーコード提示払い

楽天ペイのアプリ上で表示したバーコードをお店で読み取ってもらって支払いを完了させることができる方法です。ローソンなどのコンビニで利用することができる支払方法です。

 

2)QRペイ

店舗側(お店)の端末に表示されたQRコードを楽天ペイアプリのカメラで読み込んで決済をする方法になります。お店側が端末をあなたのところまで持ってくるか、あなた自身がそこ(レジなど)に行く必要があります。小売店のようにレジに直接行く場合はこのQRペイが便利ですね。

 

3)セルフペイ

セルフペイは楽天ペイの画面上でGPSを利用して近隣の楽天ペイ利用可能店舗が表示されます。その上で、該当する店舗を選び、あなたが金額を入力して決済をする形になります。
支払い後に完了画面を店員さんに見せる必要があります。

 

楽天ペイのメリット

利用者としてのメリットは一つとして「ボーナスポイントが貯まる」ということが挙げられます。また、アプリだけで決済を完了させるためハード的な制限が少ないのもメリットといえそうです。

 

楽天ペイ決済なら0.5%相当の楽天ポイントが貯まる

楽天ペイでの決済をすると0.5%相当のポイントをもらうことができます。
このポイントは楽天ペイで登録しているクレジットカード利用のポイントとは別にもらえます

そのため、楽天ペイを使って楽天カードで支払いをした場合は以下のように二重にポイントがもらえることになります。このボーナスは大きいですね。

楽天ペイのボーナスポイント:0.5%
楽天カードのクレジットカード利用ポイント:1.0%
合計:1.5%

楽天カードでの支払いなら1.5%分の楽天スーパーポイントがもらえるといことになります。他社カード利用なら0.5%分の楽天ポイントと、使用したクレジットカードのポイントがもらえるということになります。

 

楽天ポイントでの支払いもできる

支払いはクレジットカード以外に「楽天ポイント(期間限定ポイントを含む)」が可能となっています。
楽天ポイントが貯まっている人は支払いにポイント払いもできるというのは大きなメリットといえそうです。

楽天ポイント(楽天スーパーポイント)の貯め方と使い方、活用方法などのまとめ
2016-04-08 18:24
楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は、国内最大級のオンラインショッピングモールである「楽天市場」におけるポイントプログラムです。楽天経済圏とも呼ばれることがある、インターネット上
リンク

 

スマホだけで決済ができる。

楽天ペイは物理的なプラスチックカードやICカードを必要としない決済手段です。楽天ペイが利用可能なお店なら、現金だけでなくカードすら持ち歩く必要がなくお買い物ができるわけです。もちろん加盟店に限られてはしますが……。

 

ハード(スマホ機種)としての制限が少ない

楽天ペイはアプリを使って決済を完了させます。おサイフケータイやApple Payのようにスマホに埋め込まれたチップ(Felica)を使って通信は行いません。そのため、アプリの起動要件さえ満たしていれば古いスマホでも導入できます。

名前が似ているのでついつい比較してしまいますが、Apple PayはiPhone7以降出ないと利用できないのとは大きな違いがありますね。

 

 

楽天ペイのデメリット

楽天ペイはあくまでもスマホのインターネットを利用して決済するというシステムです。利用料金自体は無料ですが、接続にはパケット通信が発生します。また、楽天スマートペイ自体がお世辞にも普及しているとは言えないため、利用可能店舗が少ないというのもデメリットといえそうです。

 

利用可能な店舗が少ないけど……

最大のデメリットといえるのがこの部分です。

Apple PayのようにQUICPAYiDといったすでに普及している既存の電子マネーのシステムを利用しているわけではなく、楽天ペイはあくまでも楽天スマートペイというモバイル決済サービスを導入しているお店(加盟店)でしか利用できません。

ただ、2017年8月1日からは全国のローソンで楽天ペイが利用できるようになるなど利用店舗が拡大してきております。

また、楽天の決済サービスである「楽天スマートペイ」は小規模店舗でも導入しやすい設計になっているので、今後普及すれば小さなお店でも利用ができるようになるかもしれません。

 

ECサイトでの対応も進めているようで、楽天ペイは今後により期待したいサービスといえそうです。

以上、楽天ペイのメリット、デメリットをまとめました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP