おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

年会費1905円のゴールドカード。MUFGカードゴールドのサービス内容とメリット、デメリット。

ゴールドカードというとステイタスや各種サービスは充実しているけど年会費が高額という印象をお持ちの方が多いかもしれません。実際にそれはその通りで、ゴールドカードというと年会費が1万円以上かかるというカードが大半です。

その一方でMUFGカードゴールド(三菱UFJニコス)は年会費がわずか1,905円という一般カード(プロパーカード)並みの手数料で利用することができるゴールドカードです。ごく一般的(?)なゴールドカードと比較すると、一部サービス内容は落ちるところもありますが、コスパの良いゴールドカードが欲しいという方には最適な一枚となっています。

今回はそんな安い年会費で持てるMUFGカードゴールドの特徴やそのメリット、デメリットなどを詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

MUFGカードゴールドの基本スペック

まずはMUFGカードゴールドの年会費やポイント、保障(付帯保険)などの基本サービスをみていきましょう。

年会費 1905円(税別)
初年度無料・家族会員無料
カードブランド VISA、MasterCard、JCB
ポイント還元率 0.4%~0.5%
※指定月は1.5倍
※前年ショッピング金額に応じて10%~20%ボーナスポイント
たまるポイント グローバルポイント
(1000円利用につき1ポイント)
貯めたポイントの使い道 キャッシュバック
nanacoポイント
楽天スーパーポイント
Pontaポイント
Tポイント
Suicaポイント
WAONポイント
dポイント
au WALLETポイント
ビックポイント(ビックカメラ)
ヨドバシカメラ
JALマイル
ユナイテッド航空マイル
ポイント有効期限 獲得月より2年間
国内旅行傷害保険 利用付帯
海外旅行傷害保険 自動付帯(2000万円)
2年目以降は前年の利用金額が年20万円以下なら最高100万円の保障にダウン
ショッピング保険 90日間補償

クレジットカードとしてのスペックはほぼ標準的といえます。たまるポイント還元率は、一般的な水準です。
貯めたポイント(グローバルポイント)の交換先が多岐にわたるというのは使いやすそうです。

 

MUFGカードゴールドのメリットは、まさしくゴールドカードなデザイン性

最大のメリットといえそうなところは年会費が1905円という割安な価格にも関わらずしっかりとゴールドカードのようなカードフェイス(デザイン)をしていることが大きな魅力といえます。正直、ゴールドカードの中にはゴールドでもデザイン性がいまいちなカードも少なくないです。

そんな中でMUFGカードゴールドは大手金融機関のロゴがあるというところもあるかもしれませんが、しっかりとゴールドカードっぽいデザインになっています。

ちなみに、少し古い調査ですが2011年にクレディセゾンが行った調査によると

  1. 他人のクレジットカードの色を確認したことがある人:82%
  2. クレジットカードのランクで相手に持っていた印象が変わると回答:内35%
  3. (ゴールドカードを持っていない人)ゴールドカードを持ちたいと思いますか?:73%
  4. (女性限定)男性がゴールドカードを持っていたら魅力に影響を与える:64%
  5. (女性限定)クレジットカードがもっと気になる相手はだれですか?:恋人(36%)

以上のような調査が行われたそうです。カードの色くらいで……と思う人もいらっしゃるでしょうが、見ている人はいるというのがクレジットカードの色なのでしょう。

そういった意味でMUFGカードゴールドは1万円~数万円といった高い年会費をださずにゴールドカードが手軽に持てるクレジットカードといえるでしょう。

 

一方でサービス面は一般カードに毛が生えた程度

一方でクレジットカードとしてのベネフィット部分は本格的なゴールドカードと比べたら弱いところもあります。
以下は日本を代表するクレジットカードである三井住友VISA・ゴールドカードとMUFGカードゴールドの、ゴールドカードならでは部分を比較した表です。

MUFGカードゴールド 三井住友VISAゴールドカード
年会費 1905円 10000円
空港ラウンジサービス
(国内線)
なし 主要空港のラウンジが利用可能
国内旅行傷害保険 最高2000万円(利用付帯) 最大5000万円
(自動付帯は1000万円まで)
海外旅行傷害保険 最大100万円(前年利用が20万円未満)
最大2000万円(前年20万円以上利用)
最大5000万円
(自動付帯は1000万円まで)

空港ラウンジサービスについては、MUFGカードゴールドは国内線非対応です。一方で三井住友VISAゴールドカードの場合は国内線利用時のラウンジもたいていの空港に対応しています。
旅行時の旅行傷害保険についても三井住友VISAゴールドカードの方が保障内容は手厚くなっていますね。

言い換えれば、差としてはこの程度です。
空港ラウンジについては、以下でも説明しているように、そもそもゴールドカードラウンジ自体がそんなにすごいというものではありません。

空港ラウンジの違い。ゴールドカードラウンジと航空会社ラウンジを徹底比較
2016-05-28 19:40
空港ラウンジというのは飛行機に乗る人が出発前の時間をゆっくり過ごすための施設です。この空港ラウンジには大きくクレジットカード会社が運営している「ゴールドカードラウンジ」と、飛行機を
リンク

どちらかというと、航空会社ラウンジを使ったほうがよっぽどリラックスできますし優雅です。

また、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険といった付帯保険に関しては「年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法」でも紹介しているように年会費無料のクレジットカードを複数枚組み合わせるなどしていけば、ある程度の金額まではカバーできます。

 

そう考えるとMUFGカードゴールドは、とりあえず一枚はゴールドカードを持っておきたいというニーズに対して的確に応えてくれるクレジットカードなのだと思います。審査基準は18歳以上(学生除く)であば申し込み可能なので審査のハードルもさほど高くありません。

社会人として、初めてのゴールドカードとして一枚財布の中に忍ばせておくと、役立つかもしれません。

MUFGカードゴールド公式ホームページ

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP