おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Tポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめ

tpoint共通ポイントの代名詞ともいえるTポイント。色々なお店で貯めたり使ったりすることができる共通ポイントプログラムです。一昔前は共通ポイントといえばTポイントくらいしかありませんでしたが、近年ではPonta、楽天ポイント、dポイントといったように数多くのポイントが登場しています。

今回はそんな共通ポイントの中でも代表ともいえるTポイントを賢く、効率的に貯めるための方法をまとめていきます。

なお、共通ポイントについてざっと理解したいのなら「共通ポイント(Tポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイント)の比較と活用方法」の記事でまとめています。

スポンサーリンク

加盟店の多さが最大の魅力のTポイント

共通ポイントの草分け的存在のTポイント。なんといっても、ポイントを貯めることができるお店やサービスが多いというのが魅力です。

TSUTAYA(レンタルビデオ)やファミリーマート(コンビニ)、エネオス(ガソリンスタンド)、ウェルシア(ドラッグストア)Yahoo関連のサービス(オンラインショッピングモール)など各ジャンルで多くの企業が参加しています。

小規模な小売店などもTポイントに加盟しているケースも最近ではよく見かけるようになりました。

 

何はともあれTポイントカードを作ろう

Tポイントを貯めるにはまずはTポイントカードを作る必要があります。大きく、クレジット機能なしの単純なポイントカードとクレジットカード一体型のカードの2種類があり、それぞれでカードをゲットする方法が違います。

 

クレジット機能なしの単純なTポイントカードを作る方法

TSUTAYA(レンタルビデオ)、ドトールコーヒー、エネオス、ウェルシアなどでTポイントのカードをもらえます。
ちなみに、TSUTAYAに関してはレンタル機能付き、機能なしの2種類のカードがあります。TSUTAYAでのレンタルを利用するつもりが無いならレンタル機能なしのポイントカードをもらいましょう。

ちなみに、いずれのケースでもTポイントカードは無料でもらうことができます。

 

クレジット機能付きのTポイントカードを作る場合

クレジットカード機能にTポイントカードとしての機能がプラスされたカードがいくつか発行されています。

 ・YJカード(Yahoo!Japnaカード)
YahooとTポイントの提携クレジットカード。年会費無料でクレジット利用で100円につき1ポイント(1%)のポイント還元があるのがお得です。もちろん、Tポイント加盟店での提示でもポイントが貯まります。ちなみに、後述もしますがYahooショッピングでの買い物で利用すると2%分がTポイント還元されます。
ちなみに、今ならカード作成ですぐに使える3000ポイント(Tポイント)とその後の登録+1度以上の利用でもれなく4000ポイント(合計7000Tポイント)がもらえるキャンペーンも実施中です。
>>Yahoo!Japanカード公式ホームページ

 

・ファミマTポイントカード
ファミリーカードとTポイントが提携したクレジットカードです。カードの発行はポケットカードで年会費は無料。ファミリーマートでの利用がお得になります。注意点として初期設定がリボ払いになっているので、利用する人は解除しましょう。
リボ払いについては「実は危険なリボ払いの注意点」をご覧ください。
>>ファミマTカード公式ホームページ

 

・Tカードプラス
TSUTAYAレンタルの会員証としての機能もあるクレジットカードです。年会費は無料ですが、1度もカード払いの利用が無い場合は翌年500円(税別)の年会費が発生します。クレジットカードとしてのポイント還元率は0.5%なのでポイント水準としては一般的といった内容です。TSUTAYAの利用が無いならあまり持つ価値は無いかもしれません。

 

Tポイントをより効率的に貯める方法

Tポイントを効率的に貯める方法としての基本は「加盟店で買い物をする時に提示する」というものです。通常は還元率0.5%程度のポイントが貯まるようになっています。ちなみにこの還元率は、他の共通ポイントと比較するとやや低めとなっています。
Pontaや楽天ポイント、dポイントなどはおおよそ1%程度の還元率が設定されていることも多いというのが現状です。

その一方でTポイントは圧倒的な提携店の数が魅力です。Pontaや楽天ポイント、dポイントなどと比べるとTポイントを貯めたり使ったりすることができるお店の数は圧倒的に多いため、貯め易さでは群を抜いています。

 

Yahooショッピングやロハコで貯める

Yahooショッピングはオンラインショッピングモールです。最近では特にポイント施策に取り組んでおり、Yahooショッピングでは全員毎日5倍ポイント(5%還元)に加えて、5の付く日はさらに4倍ポイント(4%還元)となり購入額の9%もポイントを貯めることができます。Yahooプレミアム会員だとさらに4倍(4%)で13%が還元もちろん、貯まるポイントはTポイントになります。
ちなみに、前述のYahoo!Japanカードで決済すればさらに2%で合計15%還元!

ポイントの還元率で考えるとライバルと言える楽天市場(楽天ポイント)と比較してもかなり充実していると言えるでしょう。普段は楽天で買い物をすることが多いという方も多いかもしれませんがTポイントを効率的に貯めるという観点からは還元率が高いです。

ロハコはYahooと事務用品通販のASKULが提携して作った個人用のネットショップです。日用品を中心に幅広い品ぞろえがあり、素早い配送も魅力です。ロハコもYashooショッピング同様に毎日ポイント5倍(5%還元)です。さらにYahooのプレミアム会員(有料)だとさらに4%がプラスされますのでこちらも9%のポイント還元率になります。

ポイント還元を含めると多くの日用品がネット最安値になることが多いので、こちらもぜひ活用したいところです。

ちなみに、Yahooプレミアム会員は月額324円の有料サービスです。Yahooの利用状況によって(?)は数カ月無料で使える場合もあるそうです。一度確認してみることをお勧めします。
ちなみに、Yahooやロハコで324円の元を取るには月に8100円以上のお買い物をすればOK。

Yahooプレミアム会員になるとポイント以外にもYahooオークションに出品できるほか、動画や漫画に関するサービスが利用できるなどの特典もあります。

>>Yahoo!プレミアム会員の公式ホームページ

 

ネットショッピングはTモール経由で買う

TモールはTポイントユーザー専用のショッピングモールです。こちら経由で通販サイトで購入すると通常よりも0.5%~1.0%ほど多くのTポイントをもらうことができます。ちなみに、前述のYahooショッピングもTモール経由だと+0.5%のTポイントを受け取ることができます。

 

Tクーポン・お得情報メールを受信してコツコツポイントを貯める

Tクーポン・お得情報メールはTポイントのサイトから会員情報(メールアドレス)を登録することで受信できるようになります。メールの中には「クリックインセンティブ(メール中の広告クリックでTポイントがもらえる)」や「アンケート(回答でTポイントがもらえる)」といった趣旨のメールも届きます。

PRの広告メールが嫌いという方にはお勧めしません。

 

新生銀行の利用でTポイントを貯める

新生銀行ではイーネットのATMを利用(入出金)することで1回当たり15ポイントもらうことができます(要エントリー)。
毎月2回までしかポイントはもらえませんが、普段から新生銀行を利用している方にとってはボーナス的に受け取れるポイントとなります。

ちなみに新生銀行はイーネットに限らずセブン銀行ATMやメガバンクATMなどをATM手数料無料で利用することができる銀行で、振込手数料も月1回~10回無料という非常に使い勝手の良い銀行です。詳しくは「新生銀行の特徴や評判」なども御覧ください。

ATM入出金以外にも下記のような取引でポイントが貯まります。
・10万円以上の振込がある(25ポイント/回 月2回まで)
・新規の自動引き落とし設定で100ポイント(ガス、水道、電気、携帯電話など)
・月末の預金残高10万円を1口として最高1万ポイントの抽選

といったように、もろもろTポイントが貯まる施策が行われております。こちらが手数料を払うことなくTポイントを貯めることができるのでこれはかなり魅力でしょう。

>>新生銀行公式ホームページはこちら

 

Tポイントの賢い使い方

貯めるだけではなく、ポイントは使うことも大切です。Tポイントを上手に賢く活用する方法を紹介していきます。

 

Tポイントを現金化する

レートは約85%と決して高くありませんが、ジャパンネット銀行+Yahooウォレットの登録で実はTポイントは現金化をすることも可能です。詳しくは「Tポイントを現金に換金。Tポイント現金化サービスのメリット、デメリット」の記事でも紹介していますが、正直レートがネックだと思います。

 

ふるさと納税でTポイントを使う

ふるさと納税は、お住まい以外の自治体に寄付をすることです。最小2000円の自己負担で寄付が可能になる上、自治体からは寄付額に応じたお礼の品がもらえるとあって、年々人気が高まっています。

この寄付において多くの自治体は「Yahoo!公金払い」というサービスを利用しています。このYahoo!公金払いではクレジットカードによる支払の他、Tポイントによる支払いも受け付けています。しっかり1Tポイント=1円で扱ってくれるので、まとまったTポイントの使い道としてはかなりピッタリの方法だと考えられます。

なお、ふるさと納税について詳しく知りたい方は「ふるさと納税で特産品・特典をもらって得をする」の記事を参考にしてください。

 

以上、Tポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめでした。国内最大の共通ポイントをぜひご活用ください。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP