おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Tポイントを現金に換金。Tポイント現金化サービスのメリット、デメリット

tpoint色々なところで貯まるTポイント。なんだかんだで貯まっているけど、Tポイントの使い道がないと言う方もいらっしゃるようです。実際にはファミリーマートなどのコンビニで1ポイント1円として使えるなど多くのお店で現金と同じように使えるのですが、なんとなく言いだせないと言う方も少なくないようです。
必ずしも「お得」な方法とは言えませんが、Tポイントとして使うより多少割が悪くても「現金」にしたいという方にはオススメのサービスです。今回はこのTポイントの現金化サービスについてそのメリット、デメリットを踏まえて紹介していきます。

スポンサーリンク

Tポイント現金化とは?

Tポイントの現金化というと、怪しいサービスのように思われるかもしれませんが、ジャパンネット銀行というネット銀行とYahooが実施しているサービスです。
なお、利用するには「ジャパンネット銀行の口座(無料)」と「Yahooウォレットの登録(無料)」が必要になります。

 

1)YahooIDを取得し、Tポイントとひも付けをする
新規にYahooIDを作成するとTポイントとのひも付けができるようになります。以降はYahooショッピングなどでもTポイントを利用できるようになります。

 

2)Yahooウォレットに登録し、ジャパンネット銀行の口座とリンクする
ジャパンネット銀行に口座が無い方は、口座を作りましょう。ジャパンネット銀行について詳しくは「こちら」。口座開設後に、登録したYahooIDで「Yahooウォレット」に登録をします。

 

3)Yahooウォレット内の「Tポイント交換(現金)の重要事項」に同意
なお、申込は1000Tポイント以上で100ポイント単位となります。

 

4)交換したいポイント数を入力して申し込みをする
交換レートは85%です。1000Tポイントは850円となります。おおよそ2週間で登録されているジャパンネット銀行へ換金された現金が振り込まれます。

 

Tポイントを現金交換するメリット、デメリット

Tポイントが沢山貯まるような生活をしていて、普段の利用ではどうしても消化しきれないという方にとってはメリットがあるかもしれませんが、手数料として15%というのはちょっと高い気もしますよね。

メリット
・使っていないTポイントを現金に交換できる
・Tポイントでは使えないお店や買い物にも利用できる。

デメリット
・交換レートは85%と普通にTポイントを使えるなら割高な手数料
・交換されるまで約2週間かかる

 

普通に使えるなら買い物などで使う方がお得

まず、Tポイントが少額なら、普段の買い物で使ってしまう方が断然お得です。
基本は1ポイント1円として使えるわけですから、買い物をする時に「Tポイントで」といえばすんなり決済してくれます。

Tポイントを買い物の決済に使えるお店は「こちら」をご確認ください。
・ファミリーマート、スリーエフ(コンビニ)
・エネオス(ガソリンスタンド)
・Yahooショッピング(ネット通販)
・Yahooトラベル(旅行・ホテル)
・TSUTAYA(書籍、レンタルDVD)
・ドラッグイレブン(薬)
・エディオン(家電)

等様々な業種のお店で1ポイント1円として使えるわけですから、使える範囲であれば普通に使ってしまう方が圧倒的にお得です。

 

ふるさと納税で寄付代金として使うという手も

最近、人気が高まっているふるさと納税ですが、Yahoo!公金払いというサービスでふるさと納税を受け付けている自治体も多いです。このYahoo!公金払いはなんと、支払にTポイントを利用することができます。

ふるさと納税は翌年にはなりますが、住民税が安くなるという形で還付されるので事実上の現金化と同じです。こちらの場合は手数料も取られないので、魅力的かもしれません。

ふるさと納税については「ふるさと納税で特産品・特典をもらって得をする」の記事もご参照ください。

 

直接の換金・現金化はあまりお勧めできるものではありませんが、ふるさと納税などを使う方法は個人的にはお勧めです。

以上、Tポイントを現金に換金。Tポイント現金化サービスのメリット、デメリットという記事でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP