おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

SPGやIHG、ヒルトンのポイント購入セールでさらにお得に購入する方法

年に数回、各ホテルグループは自社のポイントのセールをします。SPG(ポイント)、IHG(リワードポイント)などが代表的で、通常のバイポイント(ポイント購入)のレートよりも3~5割ほど値引きして販売します。

SPG(シェラトンやウェスティン、セントレジスなど)、IHG(インターコンチネンタルホテルや全日空ホテル、ANAクラウンプラザホテル)、ヒルトンなどの宿泊に利用できるポイントとなっています。また、SPGについてはスターポンとを高レートで航空会社のマイルにも交換できるため、間接的な“バイマイル”としても利用できます。

今回はそんなSPGやIHG、ヒルトンなどのポイント購入セールをさらにお得に購入する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

ホテルで使えるポイントは購入できる

ポイントを購入するというのは日本だとなかなかなじみがないものですが、海外では「Buy Points(バイポイント)」「Buy Miles(バイマイル)」といって結構頻繁に行われています。

代表的なのはホテルチェーンやエアラインのマイレージ(マイル)ですね。
いずれも1ポイント=1円といった定額的な価値ではなく、ホテルの無料宿泊や特典航空券(無料航空券)といった価値が算定しにくいポイントです。

こうしたホテルのポイントやマイルは使い方次第で価値が変わるので、ポイントの購入も使い方次第ではお得になる場合もあるわけですね。

  • ポイント(SPG/マリオット)
  • IHGリワードポイント
  • ヒルトン・オナーズポイント

などはいずれもポイントを販売しており、購入可能です。

※SPG/マリオットは2018年にポイントを統合しており、それ以降でポイント販売の実績がありません。

 

IHG、ヒルトンのポイント購入はセールがあるので活用したい

ホテルチェーンの中でもIHG(リワードポイント)は定期的なセールをすることでよく知られています。セール期間中は通常の販売価格よりも割引で購入できたり、購入額に応じてのボーナスポイントがもらえたりします。

基本的に、ホテルのポイントはこうしたポイントキャンペーンで購入するのがお得です。

 

IHGのリワードポイントの特徴とポイント購入

貯めたIHGポイントはインターコンチネンタル、クラウンプラザ、ホリデイインなどのホテルの無料宿泊と交換することができます。

ポイントの使い道としては基本的にはホテル宿泊となります。日本にはANAクラウンプラザホテルなどがあり、利用可能なホテルが幅広く地方都市にもホテルがあるため、国内メインの方でも使いやすいというのはメリットだといえそうです。一方でホテル宿泊をしない方にはあまりメリットはないですね。

IHGリワーズクラブに会員登録する特典とポイント活用術、上級会員になるコツ
2017-08-18 10:41
IHGリワーズクラブとはイギリスに本部を置くIHG(Intercontinental Hotels Group:インターコンチネンタルホテルグループ)の会員プログラムです。日本国内
リンク

 

IHGポイントのボーナス割引セールと1ポイント価格

IHGのポイントは一度に購入するポイント数で単価が変動する仕組みになっています。

10000ポイントまで:1000ptあたり13.5ドル
11000ポイント以上:1000ptあたり12.5ドル
26000ポイント以上:1000ptあたり11.5ドル

というわけで、26000pt以上を購入するのが基本戦略となります。

さらに、IHGポイントのボーナス割引セールを活用しましょう。

IHGのリワードポイントの割引セールは、たとえば25000ポイント以上を購入すると100%のボーナス(5万ポイント付与)といったような形でセールが行われています。時々50%オフという形でのセールも実施されることがありますが、これまでの傾向からすると、一定ポイント以上の購入でボーナスポイント付与という形が多いです。

通常価格 50%オフセール単価
1ドル95円 1.09円 0.55円
1ドル100円 1.15円 0.58円
1ドル105円 1.21円 0.60円
1ドル110円 1.27円 0.63円
1ドル115円 1.32円 0.66円

 

ヒルトン・オナーズポイントの特徴とポイント購入

ヒルトン・オナーズポイントはヒルトンの会員(無料)がヒルトンのホテルに宿泊したりすることでたまるポイントとなっています。

貯めたポイントはヒルトンホテル、コンラッドホテルなどの無料宿泊に使えるほか、ポイント+現金の併用払いも可能となっています。また、エアラインのマイルとも交換できますが、交換レートはかなり悪いので、基本的にはヒルトン系列のホテルに宿泊する人用のポイントといえそうです。

ヒルトンHオナーズの仕組みや特典、上級会員になる方法のまとめ
2016-10-13 13:31
ヒルトンHオナーズは世界展開するヒルトンホテル&リゾートの会員制度となっています。登録料金は無料で年会費もかかりません。他のシティホテルと同様にエリートプログラム(上級会員)を採用
リンク

 

ヒルトン・オナーズポイントのボーナス割引セールと1ポイント価格

ヒルトンのオナーズポイントも購入可能です。価格は1ポイント=0.01USD(1セント)となっており、わかりやすいです。

ヒルトンのポイントも不定期ではありますが、セールを実施しています。これまでの最高は100%のボーナス(2倍付与)または購入価格の50%割引です。どちらも意味的には同じになりますが、ヒルトンポイントは年間購入数に8万ポイントまでという制限があります。
ボーナス分は含まれないため、100%ボーナス時は8万ポイント購入すれば16万ポイントが買えることになります。

通常価格 50%オフセール単価
1ドル95円 0.95円 0.48円
1ドル100円 1円 0.50円
1ドル105円 1.05円 0.53円
1ドル110円 1.1円 0.55円
1ドル115円 1.15円 0.58円

 

ホテルのポイントをさらにお得に購入する方法

さて、上記で紹介したホテルのポイントセールを“さらに活用する方法”を紹介していきたいと思います。

 

円高のタイミングで購入する

ホテルのポイントはドル建てで販売されます。円高になるほどお得に購入でき、円安になると割高になるという関係性になります。

今さら聞けない!円高と円安のしくみと私たちの生活への影響をわかりやすく解説
2017-11-24 14:35
円高、円安、ごく当たり前のようにニュースやテレビ、雑誌で取り上げられていますが、円高と円安ってどういうことか微妙に理解していない人も多いようです。 今回は外国為替における“円
リンク

どのホテルのポイントも年に数回はセールをやっているので、タイミングを上手に考えて円高のタイミングで購入するようにしましょう。

 

為替手数料を節約する

円高、円安はあくまでも“相場”になってしまいますが、ユーザー側で節約可能なものに為替手数料があります。
ホテルのポイントはSPGもIHGもヒルトンもすべて米ドル建てとなります。

普段円ベースで生活している私たちは円決済をすることになるはずなので、円と米ドルの間での為替手数料を支払う必要があります。クレジットカード払いの場合はカード会社によって微妙な差があります。

たとえばアメリカンエキスプレスの場合は基準レートの2%、JCBは1.6%、三井住友カードは1.63%、三菱UFJニコスは2.16%です。カード会社によって微妙な差があります。

 

ソニーバンクウォレット(デビットカード)で為替手数料を節約できる

ソニー銀行が発行しているデビットカード「ソニーバンクウォレット(VISAデビットカード)」は外貨預金として預けている通貨をそのまま決済することができます。ホテルのポイント購入はデビットカードでも購入できるので、こちらを利用すれば、為替手数料を一部節約できます(ドル預金の際の外貨手数料として1ドルあたり15銭がかかりますが、1ドル110円とした場合の手数料率は0.13%です)。

ソニー銀行からソニーバンクWALLET登場。外貨決済機能に強み!キャッシュバック率も高い
2016-03-31 20:42
ソニー銀行から年会費無料のVISAデビットカードであるソニーバンクWALLET(ソニーバンクウォレット)が新しく登場しました。 最近色々な銀行からブランドデビットカード(クレ
リンク

 

クレジットカードのポイントで得をする

為替手数料で少し得をするという話と複合的に絡んでしまうのがクレジットカードのポイントです。
クレジットカードでのショッピングでは通常ポイントが付与されます。

ホテルのポイント購入も基本的には対象となっています。ただし、還元率でみれば0.5%~1.0%程度となっており、為替手数料を考えると基本的には負けます。なので、

 

以上、SPGやIHG、ヒルトンのポイント購入セールでさらにお得に購入する方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP