おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

証券会社を比較するポイントのまとめ。賢い証券会社の選び方。

kabuka株式投資や投資信託を購入する時、証券会社に口座を開設することになるかと思います。ただ、証券会社といってもたくさんの会社があります。

多くの人が名前を知っているであろう「野村證券」や「大和証券」といった大手証券会社。インターネットで「証券会社」と検索するとたくさんのネット証券(ネット専業証券)も引っかかってきますね。

今回はそんな中で、自分にあった証券会社をどのように比較・選べばいいのかをまとめていきます。証券会社って何?という初心者の方にもわかりやすく説明します。

スポンサーリンク

そもそも証券会社とは?

証券会社とは銀行と同じような金融機関の一つです。主に株式や投資信託、国債(債券)といったような投資商品を中心に扱っています。

最近では銀行でも投資信託などを取り扱ってはいますが、餅は餅屋というように、投資商品であれば証券会社の方が品揃えも豊富ですし、ネット証券に限れば手数料も安いです。

NISA(少額投資非課税制度)や最近話題となっている個人型確定拠出年金(iDeCo)についても証券会社で受け付けています。

資産運用や投資をしたいというのであれば、最低でも一つは口座を持っておきたいものです。

 

対面型証券会社とネット証券の違い

証券会社を大きく分けると、店舗や支店を持つ「対面型証券会社」と店舗を持たない「ネット証券(ネット専業証券)」という二つに区分することができます。

投資初心者の方は、まずは対面型証券会社で相談に乗ってもらいながら株や投資信託を買おうかな?と思うかもしれませんが、私個人的にはそれはお勧めしません。

理由は「銀行窓口、証券会社窓口で投資や資産運用、保険の相談をするのは大間違いな理由」でも紹介している通り、多くのケースで窓口の相談員は単なるセールスマンであるからです。これから資産運用でも始めようというのであれば、まずは自分で勉強して理解することが重要です。

何も、株や投資のプロになれというわけではありません。「投資の勉強をしたい方がまず読むべき金融と投資のおすすめ書籍・本の紹介」でも紹介している本を1冊、2冊読めばおおよそのことは分かるはずです。株の売買注文の出し方などは少しネットで検索すればいくらでも丁寧に説明された情報が出てきます。

さらに言えば、株取引や投資信託などは現物を目で見ないとわからないというものではありません。そもそも、株(上場株式)や投資信託は電子化されているので、そもそもの現物は存在しません。

後述しますが、窓口は手数料がバカ高いというのもネット証券を進める理由です。

 

初心者の方はまずは大手ネット証券がおすすめ

いや、いろいろ比較したりするの面倒だから……初心者だからいろいろ説明されてもよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方は、まずは大手の総合ネット証券を活用するのが手といえるでしょう。その上で、実際に利用してみれば、こうした特徴やこうしたサービスがあるのだということが分かってくるかと思います。

その時点で再度、自分にぴったりの証券会社を選ぶというのも手だと思います。

 

SBI証券

バランス型。ネット証券の口座数もNo1です。手数料もほどほど安く、取扱商品数も豊富です。サービス面もソツなくすべてこなしている印象です。基本的にダメなところがすくないネット証券といえます。
住信SBIネット銀行との連携があります。

>>SBI証券公式ホームページ

 

楽天証券

SBI証券と同じくバランス型です。トレードツールの「マーケットスピード」はトレーダーから高く評価されています。ファンドラップの「楽ラップ」を2016年からサービス開始。個人型確定拠出年金も利用でき、手数料は最安値です。
楽天銀行との連携があります。

>>楽天証券公式ホームぺージ

 

松井証券

ネット証券の中でも最も老舗といえる証券会社でネット証券の草分け的存在です。投資商品の種類などは少なめですが、シンプルな取引画面やツールでどちらかというと高齢者の方に人気が高いようです。手数料はSBI証券や楽天証券と比べるとやや高め。

>>松井証券公式ホームページ

 

続いては、しっかりと証券会社を比較して自分にぴったりの証券会社を選びたいという方向けの比較コンテンツです。

 

証券会社比較で重要なポイントは3つ

続いて、具体的な証券会社のスペックを比較するときのポイントを3つ紹介します。
それは「取扱商品」「手数料」「ツール・情報サービス」の3つです。

 

1)取り扱い商品

まずは、自分が売買したい投資商品を扱っているかが基準になります。当たり前ですね。

国内の株式については証券会社なので取り扱いはあるはずですが、外国株式や投資信託、債券(国債、社債、外債)、FX、CFD、先物取引、オプション取引といったように、証券会社が取り扱うことができる金融商品は多岐にわたります。

また、最近では「ファンドラップ(投資信託を使った投資おまかせサービス)」や「貸株サービス(保有株を証券会社にレンタルして貸株料が貰えるサービス)」などもあります。

こうしたサービスは証券会社によって取り扱いが異なるので、国内株の売買以外に興味がある投資商品があるという方はこの辺りも比較していく必要があります。

 

2)手数料

証券会社選びで最重要ともいえるのが「手数料」の比較です。「株式、投資信託、保険などの資産運用は徹底的に手数料を引き下げることを考えよう」でも紹介しているように手数料は投資のリターンを100%確実に悪化させる要因の一つです。手数料を下げれば下げた分だけリターンは確実に改善します。

そのため、手数料の安い証券会社を利用するというのは投資のリターンを引き上げるうえでも極めて重要なのです。

手数料については、売買代金などによって手数料が異なるため、一概にこの証券会社が安い!と決めることはできませんが、

ライブスター証券
SBI証券
楽天証券

などは比較的手数料が安い証券会社(ネット証券)だとされています。詳しい比較については「証券会社の手数料比較」といったページも参考にしてもらればと思います。

 

3)ツール・情報サービス

最後は付加サービスといえるものですね。たとえば、トレードツールやスマホアプリなどのサービス、投資ニュースや四季報、日経テレコン、株主優待情報などの投資情報の充実度などが挙げられます。

参考:大手ネット証券のスマホ株アプリを比較
参考:日経新聞の記事や過去記事の検索ができる日経テレコン

いずれも、ないと致命的というわけではなく、あるとよいなというサービスです。特に情報系のツールについては取引用というわけではなく、情報収集用の口座として口座を作って、情報収集のみを利用するといった使い方もできるので必須とは言えませんが、こうした情報サービスも証券会社によって違いがあるので、証券会社選びや比較の一つの参考になるかと思います。

 

用途別に証券会社を使い分けるのも一つの手

株取引などを中心に行うメインの証券会社を決めたら、特定の目的用に活用するサブの証券会社を作るのも一つの手です。

証券会社は差別化の一環として特定のジャンルや特定のサービスで強みがあるケースがあります。そうした各証券会社の「強いところ」を活用するようないいとこどりの使い方も一つの手だと思います。

 

IPO狙いで証券会社を選ぶポイント
株式投資の中でもここ数年人気が高いのがIPO(新規公開株)への投資です。勝率が高いうえ、利益幅も狙いやすいという事で人気化しています。多くは抽選となるため、当選確率を高めるための証券会社選びや複数持ちが確率アップのカギです。

 

立会外分売で手堅く儲ける方法と証券会社選び
立会外分売はIPOほどではありませんが、比較的手堅い上、投資するタイミングを計りやすい投資です。ネット証券だと取り扱える証券会社は少ないうえ、こちらも抽選となるケースが多いため、証券会社の複数持ちが確率アップとなります。

 

ロボアドを利用した資産運用の特徴とサービス比較
ロボアドはフィンテック(金融とITの融合)サービスの中でも資産運用系の注目技術です。分散投資と最適な資産配分をシステムによって提案してくれるサービスです。ファンドラップなどに活用されますが、配分提案をもとに、401k(個人型確定拠出年金)などの自分の資産配分に活用するといった手もあります。

 

証券会社のNISA口座の選び方・比較
少額投資非課税制度(NISA)は一人一口座しか持てません。証券会社によってはNISA口座利用者向けの優待サービスを提供しているところも多いので、NISAを利用するときはお得な証券会社で投資をするのが有効です。

 

個人型確定拠出年金(iDeCO)のおすすめ証券会社
所得控除などで税制面のお得が非常に大きい個人型確定拠出年金(iDeCo)。こちらも投信のラインナップやコストが安いネット証券がお勧めです。NISA同様に1か所しかiDeCoの口座は持てません。
特に、iDeCoは手数料が「定額」で発生するため始めた初期の手数料が重要です。

 

いかがでしょうか。証券会社の選び方のコツや比較のポイントをまとめてみました。みなさんの証券会社選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP