おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

個人型確定拠出年金(iDeCO)のおすすめ証券会社を徹底比較。楽天証券かSBI証券しかない結果に。

rakuten401k2017年1月より利用可能な範囲も広がる個人型確定拠出年金。制度自体は節税メリットなどが強い制度ですが、正直言って利用できる証券会社といえばSBI証券だけという状況でした(他は手数料が高すぎる)。そんな状況に対して2016年9月にいよいよ、SBI証券のライバルともいえる楽天証券が個人型確定拠出年金への参加を表明しました。

今回はそんな楽天証券の個人型確定拠出年金(401k)についての詳細情報と、ライバルとなるSBI証券とのサービス内容を比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

ネット証券の参入で手数料やサービスの競争を期待しています。

まず、楽天証券が個人型確定拠出年金(401k)に参加するということは非常に大きなことだと思います。

401kに関してはネット証券最大手のSBI証券がすでに何年も前からサービスを提供していました。SBI証券の手数料自体は他の銀行と比べて決して高くはありませんが、ライバル関係にある大手ネット証券の楽天証券が参入することによって適切な競争が起こることは間違いないと思います。

特に今回の発表では、従来の最安値であったSBI証券の手数料水準よりも、楽天証券の手数料の方が安く設定してることからSBI証券側も何らかの対応策をとってくるのではないかとも期待しています。

 

401kを始めるにあたって金融機関比較のポイント

まず、個人型確定拠出年金(iDeCo)で金融機関を選ぶときのポイントはそもそもdこにあるのかを理解しましょう。大きくは「運用に係る手数料」と「運用商品のラインナップの二つです。

 

1)iDeCo運用に係る手数料

iDeCoの運用については下記の3つの手数料がかかります。内、(1)と(2)についてば固定なのでどの証券会社を選んでも同じです。

一方の(3)の部分は金融機関によって大きな差があります。仮に月間475円の差が20年も続けば11万円以上の差を生むことになります。

1)国民年金基金連合会への手数料(103円/月)
2)事務委託金融機関(信託銀行)への手数料(64円/月)
3)運営管理機関(証券会社)への手数料(0~450円/月)
合計:167円~617円

なるべくコストが安い証券会社を選びましょう。ちなみに、後でシミュレーションしますが、こうした手数料の差は一回一回は小さくても20年、30年と長期運用となるとその差の部分が複利効果によって差がついていき、最終的にはとんどもない差になってしまいます。

 

2)運用商品のラインナップ

確定拠出年金における主な運用商品は投資信託となります。この投資信託はどんなラインナップなのか?ローコストなファンドが用意されているのも重要です。

 

個人型確定拠出年金の証券会社・銀行比較

それではより具体的に金融機関を比較していきたいと思います。まずは前述のとおり個人型確定拠出年金の口座を開設する証券会社や銀行などのによる差は「管理運営機関による手数料」と取扱商品としましたので、まずはその手数料と取扱商品数を見ていきましょう。

証券会社・銀行 運営管理機関手数料 取扱商品数
SBI証券 0円~324円
資産残高50万円以上で手数料無料
64本(3本)
楽天証券 0円~203円
資産残高10万円以上で手数料無料。
口座開設から1年間は手数料無料
27本(1本)
野村證券 283円 19本(1本)
ゆうちょ銀行 370円 19本(8本)
三菱東京UFJ銀行 378円 24本(7本)
十八銀行 450円 7本(1本)

手数料を見ると楽天証券が圧倒的に強いです。資産10万円で手数料無料になり、さらに1年は無料になるので、月額9000円以上の掛け金を払うようにすれば実質的に無料です。

投信(ファンド)の扱いについてはSBI証券が強いですね。こちらは圧倒的です。一方で手数料が高いのに十八銀行(長崎の地銀)はひどいですね…。ゆうちょ銀行も本数は多いですが、半数がゆうちょ銀行の預金となっています……。

 

取扱商品の質にも差がある

また、もっと詳しく見ていくと少し恐ろしいことがわかります。

証券会社・銀行 商品タイプ ファンド名 信託報酬
SBI証券 日経225 ニッセイ日経インデックスファンド 0.27%
楽天証券 日経225 たわらノーロード日経225 0.2106%
野村證券 日経225 日経225インデックスファンド 0.21%
ゆうちょ銀行 TOPIX TOPIXインデックスF 0.56%
三菱東京UFJ銀行 TOPIX 三菱UFJ トピックスオープンDC 0.70%
十八銀行 日経225 日経225ノーロードオープン 0.864%

上記は各社が扱っている国内株の標準投資対象として人気の高いTOPIXまたは日経225(日経平均株価)に連動するように作られているファンドです。

注目は「信託報酬」という部分です。信託報酬というのは投資信託の運用にかかる手数料で信託財産(ファンド運用資産)から自動的に引かれます。この信託報酬が高いほど運用リターンは小さくなります。

せっかく投資するなら信託報酬が安いファンドがおすすめです。

と見たとき証券会社と銀行との間では圧倒的な差がありますね。楽天証券のたわらノーロード日経225と十八銀行の日経225ノーロードオープンとでは同じ投資対象なのに手数料が4倍以上も違います

 

iDeCoの手数料と運用商品の差でどれほどの違いが出るのか?

じゃあ、手数料と運用商品の差でどれくらい違いが出るのかを見てみましょう。

1)楽天証券
月額掛金:2万円(月額手数料167円)
運用商品:たわらノーロード日経225(信託報酬0.2106%)

2)十八銀行
月額掛金:2万円(月額手数料617円)
運用商品:日経225ノーロードオープン(信託報酬0.864%)

日経平均のリターンは年3%として運用期間は30年間とします。すごく計算面倒に思うかもしれませんが「エクセル関数を使って資産運用やローンの金利を計算する財務関数」で紹介したFV関数を使えば一発です。

というわけでExcelの結果の画像を載せます。月額手数料と信託報酬の差だけでなんと130万円も差がつくという驚きの結果になりました。

ちなみに差の内訳は手数料の差が約100万円、利回り(信託報酬)による差が約30万円くらいになります。どっちも全く馬鹿にできない数字ですよ。1か月単位で見たらそんなに大きな差じゃなくても複利で運用されることによってその差は格段に広がっていくわけです。

 

総合的には楽天証券とSBI証券の比較になる

以上の手数料や取扱商品(ファンド)などの条件を比較すると、個人型確定拠出年金(iDeCo)を始めるのであれば証券会社、それも楽天証券かSBI証券のネット証券が圧倒的に有利だということがわかるかと思います。

特に地銀系は地雷だと思います。

もしも、地銀に個人型確定拠出年金の口座を作ってしまったのであれば早々に移管(管理運営機関の切り替え)を行うことをお勧めいたします。

 

楽天証券とSBI証券との詳細比較

それぞれの個人型確定拠出年金(iDeCo)のサービスをもう少し細かく掘り下げてみていきたいと思います。

楽天証券の401k SBI証券の401k
加入手数料
(移管手数料)
無料 1,080円
2017年3月までは無料キャンペーン実施中。
運用手数料 0円~324円
年金残高が10万円以上で無料。さらに開始から1年間は手数料無料。
0円~491円
年金残高が50万円以上で無料。ややハードルが高い。
取扱投資信託 27本 64本
取扱ファンドの種類 国内株式(5)
国際株式(5)
国内債券(2)
国際債券(4)
バランス型(4)
国内REIT(2)
国際REIT(1)
コモディティ型(1)
国内株式(14)
国際株式(13)
国内債券(2)
国際債券(8)
国内REIT(3)
国際REIT(3)
バランス型(16)
コモディティ型(2)

手数料面ではやや楽天証券が有利ですが、年金資産が50万円を超えた場合のコスト差は無くなります。取り扱いファンド単体を見るとSBI証券のほうがラインナップ自体は豊富です。

ただし、実際の取扱ファンドとそのコストで見てみると両者でさほど差はそこまで大きくないといえそうです。

 

楽天証券の401kがお勧めな人

これから個人型確定拠出年金を始める人にとっては10万円という比較的達成しやすい金額から始めることができます。

nenkin2017

上記の表を見ていただくとわかりますが、2017年1月から加入可能になる公務員やサラリーマン(企業年金あり)の方は月々の積立金額があまり大きくありません。そのため、SBI証券の運用管理手数料無料条件(残高50万円)を満たすにはフル掛金でも3年半ほどかかってしまいます。

一方で10万円から無料にできる楽天証券の個人型確定拠出年金は1年目から10万円という運用管理手数料無料条件を満たせます。

また、投資信託のところでも紹介した、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは「世界の株と債券にバランス投資ができる積立投資信託 セゾン投信の「グローバルバランスファンド」」でも紹介しているように、これ一本で世界の株式市場に投資ができるように設計されているファンドです。面倒な資産配分などは考えたくないという方には大変お勧めできる投資信託となっています。

>>楽天証券の401k公式ホームページはこちら

 

SBI証券の401kがお勧めな人

手数料面では楽天証券にやや負けている感じは否めません。

これから少額で401kを始めたいというのであればやはり楽天証券の方が手数料面で魅力的です。一歩で個人事業主(第1号被保険者)の方なら1年の上限掛金は81.6万円もあるので、SBI証券でも運用管理手数料無料条件を1年目で達成できます。

また、楽天証券がサービスを介したのは2016年からでSBI証券はずっと前から運営しているので経験値が豊富というのは安心材料になるかと思います。

最後のファンドの種類ですがSBI証券はそれぞれのアセットクラス(国内株、海外株、債券などの種類)別のファンドではローコストなファンドがそろっています。

取扱ファンド(投資信託)の本数をみると楽天証券を圧倒するレベルとなっていますので、相場や状況を見ながら機動的に運用商品を切り替えていきたいという方はSBI証券の方が魅力といえるかもしれません。

確定拠出年金の場合、スイッチング(売買)の手数料はゼロですし、そこで利益が出ても課税されないので有利です。

>>SBI証券の401k公式ホームページはこちら

 

以上、個人型確定拠出年金に楽天証券も参入。SBI証券の401kと比較をしてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP