おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

オリエンタルランドの株主優待制度の活用術とお得にディズニーリゾートに入場するコツ

olcyutaiディズニーリゾートの1dayパスポートは年々値上がりしており、2016年現在では7400円(大人)です。そんな高いディズニーリゾートの入場券(パスポート)を手に入れる方法の一つが、ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドの株主になるということです。

今回はそんなオリエンタルランドの株主優待制度の基本や優待券(パスポート)のお得度をその他入場方法との比較を通じて検証していきます。また、株主優待投資の効率についても併せて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

オリエンタルランドの株主優待制度の基本

オリエンタルランド(4661)は米国のウォルトディズニーカンパニーとライセンス契約を結び、日本のディズニーランドやディズニーシー、ディズニーホテルなど(東京ディズニーリゾート)を運営している会社です。
株主優待には積極的で、3月・9月末の株主に対して持ち株数に応じて、「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」いずれかのパークで利用可能な1dayパスポートを提供しています。

100株以上(3月のみ):1枚
400株以上(3月・9月):1枚
800株以上(3月・9月):2枚
1200株以上(3月・9月):3枚
1600株以上(3月・9月):4枚
2000株以上(3月・9月):5枚
2400株以上(3月・9月):6枚

となっています。

株主優待投資効率だけを考えるなら100株保有で3月に1枚だけもらうというのが最高効率になりますね。

<<長期株主向け優待制度>>

3年以上の株主に対しては、5年ごとのディズニーリゾートアニバーサリーイヤーは100株以上の株主に対して2枚(35周年)、4枚(40周年)の追加優待を発行すると発表しています。

 

ディズニーランド・シーに格安で入場する方法のまとめ

まずは、優待制度のことを説明する前に現在のディズニーリゾートの入場に関する料金についてまとめていきたいと思います。ディズニーリゾートの1dayパスポートの価格は以下の通りです。

1day 2day 3day 4day
大人(18歳-) 7400円 13200円 17800円 22400円
中人(12-17歳) 6400円 11600円 15500円 19400円
小人(4-11歳) 4800円 8600円 11500円 14400円

※3歳以下は無料。

2day以上のパスポートを購入すれば割引になります。価格を見るとやっぱりお高めですね。ちなみにこの価格(正規価格)よりも安く入場する方法はないのでしょうか?

 

金券ショップ・オークションで購入

優待券を売るという項目でも紹介しますが、ディズニーリゾートのパスポート(金券)がバーコード方式となり「使用済み・未使用」の区別が傍目でつかないため、取り扱いが激減しています。

売っていないこともないのですが、100%確実に使えるかどうかはバーコードを通してみないとわからないという怖さがあります。よほど信頼できる相手でないと少し怖いです。

 

JCBのポイント交換で入手する

JCBカード(クレジットカード)をご利用中の方はJCBのポイント(OkiDokiポイント)と交換することでも1dayパスポートを受け取れます。
1300ポイントで1dayパスポートと交換できます。JCBのポイントは1ポイントあたりの価値がおよそ5円(商品券交換時)なので約6500円相当のポイントで通常価格7400円のチケットがもらえるわけです。

JCBカードを利用してポイントを貯めている方はこうした使い方も有効ですね。

 

ホテルとのセットプランを利用する

遠方からディズニーリゾートに遊びに行く人はパスポートと宿泊券がセットになったホテルプランなどを利用するのも一つの手だと思います。

>>楽天トラベル
>>じゃらんネット

 

優待券目当てでオリエンタルランド株を買うのはお得?

最高効率の100株で考えると2016年9月5日終値が6,244円ということを考えると624400円の投資で年1枚の優待券がもらえるということになります。
優待券(1dayパスポート)の価値を7000円程度と考えると1.12%程度の優待利回りということになります。

配当は35円配当なので3500円なので0.56%。合算して考えても1.7%程度ということになります。

効率性だけを考えたら必ずしも魅力的とは言えないかもしれませんが、家族が一人100株ずつ持っていれば、年1回は家族でディズニーランドやディズニーシーに遊びに行けるということを考えたら決して悪くないと思います。

その一方で、自分では利用するかどうかわからないという方にはあまりお勧めできません。

 

金券ショップやオークションで売りにくい

一昔前まで、オリエンタルランドの株主優待券は金券ショップでも高値で売却できる人気の優待券でした。
ディズニーリゾートでは入場ゲートを2012年にパンチ式からバーコード読み取り式に変更しました。このおかげでeチケットなどの販売が可能になったわけですが、優待券からすると「使用済みか未使用かの判断が外見からわからない」という問題が生じることになりました。

結果として多くの金券ショップが同株主優待券の取り扱いをやめています。

どうしても売りたい場合は「優待券を届いたままの状態にしておくこと」です。オリエンタルランドの株主優待券は封筒に封緘された状態になっているのでそのままの状態なら未使用であるとの主張が通りやすいです。

ネットオークションなどでも販売はされているようですが、あなたは正直者でも、取引相手からはもしかしたら詐欺かも?と疑われる可能性はありますので評価が少ないようなケースでは入札が入りにくいかもしれません。

 

オリエンタルランドの株主優待については、日本でも屈指の人気を誇るテーマパークの入場券(しかも高い!)ということもあって、人気の高い優待銘柄となっています。

投資効率として魅力的か?と問われたら数年前と比較して大きく株価が上昇したこともあってうまみはあまりないかもしれません。ただ、今後もディズニーリゾートは伸びると考えたうえで、優待券を自分自身で使えるという方にとっては魅力的といえるかもしれません。

なお、まだ証券会社に口座を持っていない人は「株主優待を目的とした証券会社の選び方とお勧めのネット証券」も参考にしていただくと幸いです。

 

以上、オリエンタルランドの株主優待制度の活用術とお得にディズニーリゾートに入場するコツを紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP