ファミペイ(FamiPay)の活用方法。公共料金や税払いも可能なスマホ決済

コンビニのファミリーマートが運営するスマホ決済サービスのファミペイ(FamiPay)が登場しました。専用のスマホアプリに残高をチャージしてバーコード(QRコード)を提示してお買い物ができるアプリとなっています。

決済可能な場所はファミリーマートとKaemaというネット通販サイトです。ここでは、そんな新しいスマホ決済サービスのファミペイの活用方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

決済アプリのファミペイとは?ファミペイとFamiPayの違い

こちらのアプリはファミリーカードの会員カードとしての機能と、コード決済サービスが一つになったアプリです。

会員アプリ(ポイントカード)としては「ファミペイ」、決済機能としては「FamiPay(電子マネー)」というように使い分けています。

ファミペイのアプリを開くと、最初の画面はポイントカードの画面となります。今は「Tポイント」「dポイント」「楽天ポイント」の3つのポイントから自由に選択できます。

その項目に「FamiPayを使う」という項目がありますが、ここをオンにすると、FamiPay(スマホ決済)を利用することになります。

なので、ファミペイでポイントを貯めて、実際の支払いはFamiPayでなくて、別のクレジットカードや電子マネー、他のQRコード決済で支払うことも可能です(二度手間ですが)。

  • バーコード決済「FamiPay」による便利でかんたんなお買い物を実現
  • おすすめ商品のクーポンを会員属性や購買履歴などの条件をもとに配信
  • スタンプ対象商品購入により、スタンプが自動的に貯まり、全て貯まるとクーポンやゲーム挑戦権をプレゼント
  • お買い物内容をスマホで確認できる「電子レシート」機能を搭載
  • ネット通販「Kaema(カエマ)」との連携
  • 「FamiPay回数券」でお得にお買い物
  • dポイント、楽天スーパーポイント、Tポイントとのアプリ連携

 

ファミペイの使い方

アプリをインストールして、SMS認証等を行い会員登録を行うことで利用できるようになります。

ポイントを貯めることができますが、Tポイント、dポイント、楽天ポイントのいずれかと連携させます。同時に貯めることはできませんが、複数登録しておいて切り替えることは可能です。

いつもはTポイントを貯めるけど、今日はdポイントのキャンペーンがあるからdポイントを貯めるといった具合ですね。複数選べるのは意外と便利だったりします。

また、クーポンなども利用できます。

 

頻繁にポイントカードと連携したキャンペーンを実施

ファミリーマートは比較的頻繁に、ファミペイのポイントカード提示のキャンペーンをやっています。Tポイントカードの提示で○○%還元、dポイントカードの提示で○○%還元、楽天ポイントカードの提示で○○%還元といった具合です。

いずれも各ポイントカードをファミペイに登録しておけば簡単に参戦できます。

 

FamiPayの使い方

つづいては、スマホ決済サービス(コード決済)としてのFamiPayです。

アプリ起動画面の「FamiPayを使う」をオンにすることで決済にFamiPay残高を利用することができます。

 

FamiPayへのチャージの方法とクレカチャージのやり方

要事前チャージとなっており、に残高を加算するには店頭での現金チャージまたはファミマTカード(クレジットカード)を使ってチャージ可能となっています。

現金チャージは店頭で店員さんに申し出る形。ファミマTカードはアプリにクレカを登録して利用します。ファミマTカード経由だとチャージで0.5%分のポイントが貯まるので、現金チャージよりも少しだけお得です。

ファミマTカード(クレジットカード)については以下の記事で詳しく紹介しています。

ファミマTカードのメリット、デメリット。ファミマがお得でも実はリボ専用カード。
2017-10-06 23:55
コンビニエンスストアのファミリーマートをよく使っている人にとってお勧めなクレジットカードの代表格として挙げられるのが「ファミマTカード」。ファミリーマートでは昔から共通ポイントであ
リンク

 

FamiPayでの決済ポイント還元

決済時にはポイント還元があります。

200円につき1円分のFamiPayボーナス(0.5%還元)となっています。また、収納代行などの支払いは1件10円分のFamiPayボーナス(一律)となっています。

 

公共料金・料金収納の支払いにも使える

FamiPayは公共料金や収納代行などの支払いにも使えるようです。

FamiPayで支払いができないものの一例として公式サイトでは以下のようなものが挙げられています。

  • 一部の収納代行のお支払い
  • Famiポート商材(各種代金のお支払、Famiパス、寄付、海外送金サービス、貸付金の返済等)
  • 各種電子マネーへのチャージ
  • コピー・FAXの支払い

公共料金や税金の支払いは収納代行になりますが、その“一部の”に含まれるか微妙でしたが、Twitterで固定資産税が払えたというツイートがあり、今のところは支払いができるようです。

 

POSAカードも購入可能

ファミリーマートで販売さえているAmazonギフト券JCBプレモといったPOSAカード(Point Of Sales Activation)もFamiPayで購入できるようです。

公共料金や収納代行の支払いがないという方はファミペイのサービス開始キャンペーン(15%還元)を使ってこれらを購入するのも手ですね。

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP