おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
保険のライフハック

保険の賢い利用方法

保険というものは私たちの生活を守るものである一方で家計における大きな支出となる「保険料」の支払いが必要となります。本当に必要な保険を利用して、不要な保険にはなるべく入らないというのが基本です。ここでは保険の賢い利用方法、活用方法、ちょっとお得な情報を発信していきます。

国民年金の免除や猶予、未納における納付・後納・追納と必要性

2014年1月30日

aid国民年金は日本における老後や高度障害などを保障するための公的保険制度の一つです。日本に住む20歳以上の方が加入する基礎年金です。この国民年金を未納している場合、将来の年金額の減額だけでなく、場合によっては年金が支給されない・障害を負った場合に障害年金がおりないという事態もありえます。

今回は国民年金の未納や猶予における事後の納付・後納・追納とそれぞれを行う必要性に関してまとめていきます。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

定額個人年金のリスク。見えない個人年金のリスクを知る

2013年10月11日

pension個人年金が人気です。特に最近では運用のリスクを加入者が負わない定額個人年金が人気を集めているようです。銀行預金などの金利がほとんどつかない中、相対的に利回りの高い個人年金で老後資金を準備しようという動きなのでしょう。しかしながら、一見リスクの小さそうな定額タイプの個人年金。ここに隠れているリスクを見ていきましょう。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

生命保険の生前特約(リビングニーズ特約)と相続税の注意点

2013年10月9日

live生命保険には「リビングニーズ特約」という特約が通常付与されます。これは生前特約ともよばれ余命告知された場合などに生命保険金を死亡する前に受け取ることができるという特約です。受け取った保険金で生活費や治療費の足し、最後の贅沢などに使うことができます。しかしながら、これは受け取り方によっては税負担が発生するケースもありますので受け取る金額については慎重に考える必要があります。

続きを読む

保険のライフハック,生命保険,相続・遺言,贈与税・相続税

老後資金に必要なお金とそれを貯めるための方法。2000万円は本当に必要なのか?

2013年10月4日

aging老後に必要なお金ということについて漠然とした不安を持っている方も多いかと思いますが、実際どの程度を自分自身で準備しなければいけないか?ということについて正しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

老後について考える際は、まず自分の老後にどのくらいの資金が必要になるのかを把握して、それに対して備えることが大切です。

金融庁は「人生100年時代を見据えた資産運用を促す報告書」を取りまとめており、その中で夫婦で2000万円の金融資産の取り崩しが必要になるという試算をまとめて物議を醸し出しています。

本当に2000万円必要なのか?そんなお金を現役時代に何とかすることができるのか?そんな老後に必要なお金について詳しく紹介していきます。

続きを読む

ライフプラン,公的保険・年金,老後

学資保険で知っておくべきリスク。インフレリスクと途中解約リスクを考えて加入しよう

2013年10月3日

inflation子供の将来の教育費や学費のために小さいうちから学資保険にしっかりと入って教育費の積み立てをしていきたいという方も多いかと思います。今回は学資保険と国債や定期預金といった比較的安定的に運用可能な商品を比較しながら、学資保険で考えておきたい2つのリスク、「インフレリスク」と「途中解約リスク」についてまとめていきます。

学資保険は子どもの教育資金を積み立てる目的でよく利用される金融商品(保険商品)ですが、この二つのリスクを過小評価している人も少なくありません。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,学資保険,教育費

身近な金融機関 郵便局(ゆうちょ銀行・かんぽ生命)の活用方法

2013年9月18日

yuchoどこの町でも見かける「郵便局」。郵便局は郵便を出すだけでなく銀行や保険会社も兼ねている町の金融機関です。

この身近な金融機関である「郵便局(ゆうちょ銀行・かんぽ生命)」について、どんな利用ができるのかといった活用方法を解説します。また、民間の銀行や保険会社とどう違うのかという長所、短所も比較していきます。

続きを読む

保険のライフハック,銀行のライフハック,預金・貯金

相続税対策としての生命保険と非課税枠の活用とメリットと注意点

2013年9月2日

succeed相続税に対する課税強化が進められています。相続税というと控除等の関係によってお金持ち(資産家)に対する課税でしたが、2015年以降、基礎控除が縮小されて課税対象となる人が拡大しました。

それに伴って注目されているのが「生命保険」です。生命保険控除の活用によって資産を現金で残すよりも保険で残すほうが有利となる場合があります。今回は相続税対策に生命保険を使う長所とその注意点をまとめます。

続きを読む

保険のライフハック,生命保険,相続・遺言,節税・税金のライフハック,贈与税・相続税

海外旅行の治療費等をカバーする海外療養費制度と海外旅行傷害保険の違いと利用方法

2013年8月29日

sick海外旅行に行くときの不安の一つが現地での怪我や病気。健康保険などが使えないので全額負担となることから、海外旅行傷害保険などを始めとした民間保険に入ると言う方も多いようです。しかしながら、これ以外にも公的な医療保険からも保険を受け取れるのです。それが「海外療養費制度」。事前の準備が必要ですが、治療費の7割を後から負担してくれます。

今回はこの海外療養費の使い方と、注意点。その他民間の海外旅行傷害保険についてもまとめていきます。海外旅行に行く前にぜひご一読ください。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金,旅行や宿泊をお得にする

フラット35の団信(団体信用生命保険)は年齢・性別で加入方法を考えよう

2013年7月24日

flat35長期固定金利の住宅ローンとして人気のフラット35。このフラット35の特徴として団信(団体信用生命保険)への加入が「任意」という点に特徴があります。そのため、普通にフラット35を利用すると団信には加入しないことになります。フラット35は使いたいけど、団信には入りたいというかたはオプションで「機構団信」という団信に別途特約料を払うことで加入できます。

しかしながら、もしあなたが35歳未満であれば、団信を使わずに民間生命保険を使って自分オリジナルの団信を組んだ方がお得なとなる可能性が高いのです。

続きを読む

住宅ローンのライフハック,保険のライフハック,生命保険

ネット口座が当たり前となった現代の金融資産の情報管理と相続

2013年7月10日

moneyonlineネットバンクにネット証券、ネット生保と、多くの金融商品がネットで買える時代になりました。当然、金融資産の管理もネットで行う方が増えています。金融機関からの連絡もデジタル(ネット上)で行われることが増えて便利になったものの、怖いのが万が一の時の取り扱いです。

ペーパレス化された金融資産が遺族に知られないまま、となってしまうことも。そんなことにならないために、しっかりと記録を残しましょう。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,終活・生前整理,資産運用のライフハック,銀行のライフハック

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP