保険のライフハック

保険の賢い利用方法

保険というものは私たちの生活を守るものである一方で家計における大きな支出となる「保険料」の支払いが必要となります。本当に必要な保険を利用して、不要な保険にはなるべく入らないというのが基本です。ここでは保険の賢い利用方法、活用方法、ちょっとお得な情報を発信していきます。

自動車保険の契約者と記名被保険者の違いと保険料節約方法

2016/08/15 更新

signing-the-contract-1512122自動車保険の契約をするときに保険契約を結ぶ人として「契約者(保険契約者)」と「記名被保険者」という二人の名前が出てきます。この二つは一般的には同一となることが多いですが、必ずしも同一である必要はありません。

さらに言えば、その自動車の所有者も存在するわけです。今回はそんなわかりづらく混同しやすい自動車保険における契約者と記名被保険者の違い。また、保険契約をするときにだれを契約者にだれを記名被保険者にすればいいのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック,自動車保険

配偶者控除(扶養控除)の廃止と夫婦控除の新設に関するポイントのまとめ

2017/05/14 更新

gold-ring-1-1424764専業主婦における103万円の壁や130万円の壁、2016年からは106万円の壁の新設といったように労働における「壁」は確かに存在します。これらの壁を超えて働こうとすると所得税・住民税や社会保険料などの負担が発生することでの不利益や所得の逆転現象が発生することになります。

こうした問題を解決し、女性の労働にとってより中立な税制とするために、配偶者控除の廃止が議論されています。一時は2017年1月から配偶者控除を廃止して夫婦控除を設立という話がありましたが、自民税調は2017年からの改正を断念したようです。

ただ、そうはいっても今後もこうした配偶者控除の廃止や夫婦控除については議論され続けるはずです。この記事では、配偶者控除の問題点や配偶者控除による影響、夫婦控除の仕組みなどを紹介していきます。

続きを読む

仕事術,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

自動車保険の等級を家族間で引き継いで保険料を節約する方法

2017/02/18 更新

succeed自動車保険を利用するときに重要な等級。事故無く過ごしてきた方は保険の等級もかなり高くなっているのではないかと思います。そんな自動車保険の等級は実は家族間であれば引き継ぐことができます。

たとえば、高齢でもう自動車に乗らなくなった、あるいは子供が新しく(初めて)自動車を購入したというような場合には、等級の引継ぎをすることで自動車保険の保険料をかなり安く節約することも可能です。

年間の自動車保険がトータルで5万円以上安くなるということもザラですので、ぜひとも検討してみてください。

続きを読む

保険のライフハック,自動車保険

フリーランス・個人事業主になると税金や社会保険の扶養から外れる?フリーランス妻の税金と社会保険

2016/08/05 更新

hokensyou最近では、インターネットを利用してお仕事を受託することも簡単になってきています。そのため、夫の扶養内でパートやアルバイトとして働くのではなく、フリーランスとしてネットでお仕事を受託するという方も増えているようです。

そんな時に気になるのが、フリーランス妻として夫の扶養に入ったままで仕事をすることができるのか?という点です。今回はサラリーマンの夫がいる家庭で妻がフリーランス(個人事業主)として働く場合の税金や健康保険や年金に関する基本を紹介します。

続きを読む

仕事術,保険のライフハック,健康保険,公的保険・年金,節税・税金のライフハック,経営者・個人事業主とお金

マイナス金利が学資保険などの貯蓄性保険に与える影響

2017/09/19 更新

calculator-3-13061052016年1月の日銀によるマイナス金利政策は、長期金利などの下落を呼び、長期国債の利回りもマイナス金利に沈んでいます。こうしたマイナス金利政策によって普通預金や定期預金などの金利も大きく下がりましたが、学資保険などの貯蓄性の保険にとっても他人事ではありません。

特に、これから学資保険・こども保険などの貯蓄性の保険に加入しようと考えている方は要注意です。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,学資保険,教育費

車両保険の必要性。メリット、デメリットと保険料の節約術

2018/10/16 更新

car-accident-1446905自動車保険(任意保険)については自動車を運転する人ならだれもが加入しておきたい保険です。その一方で自動車保険に加入する人が悩むのが、保険に「車両保険を付けるか付けないか?」「つけるとしても免責金額や補償内容をどうするか?」というところだと思います。

今回はそんな自動車保険の「車両保険」について、その必要性や加入するメリットやデメリットのほか、加入するのであれば考えておきたい上手な加入方法や保険料節約方法をまとめます。

続きを読む

保険のライフハック,自動車保険

自動車保険に加入や更新するときに抑えておきたい補償の選び方と入り方

2018/10/16 更新

alarm-positron-2-1315968自動車を初めて購入した、これから自動車を購入するという方にとって必ず必要になるのが自動車保険です。自動車保険には法律による最低限の被害者補償を目的とした強制保険である自賠責保険と、民間の保険会社が提供する任意保険との2種類があります。

自動車事故において万が一死亡や後遺障害事故となった場合には億単位の賠償が必要です。一方で自賠責保険の補償額は死亡で3000万円、後遺障害で4000万円までしか補償されません。差額分を考えると、任意保険も必須となります。

今回はそんな自動車保険(任意保険)に初めて加入する方や更新する方向けに自動車保険の賢い入り方をわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

保険のライフハック,自動車保険

年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法

2019/08/29 更新

airport-frankfurt-1467847海外旅行などで病気やケガをすると大変な治療費がかかるということはご存知の方も多いかと思います。そんな海外旅行時の病気やケガなどの諸費用を補償してくれる保険が「海外旅行傷害保険」です。この海外旅行傷害保険は損害保険会社などでも受け付けていますが、クレジットカードに付帯保険としてプラスされていることが多い保険です。

今回はそんな海外旅行傷害保険をクレジットカードを複数持つことによって補償内容を積み上げていき、より充実した保障にする方法を紹介していきます。

続きを読む

クレジットカードのライフハック,保険のライフハック,旅行や宿泊をお得にする,火災保険・損害保険

親に仕送りをしていれば別居でも扶養控除で節税できる

2018/06/15 更新

helping-hands-1314226扶養している親族がいる場合に受けられる税金控除が「扶養控除」です。扶養控除は配偶者以外の扶養親族と生計を一にしている場合、一定の金額を課税所得から差し引くことができる所得控除の一種です。

16歳以上19歳未満、あるいは23歳以上70歳未満は一般扶養親族として38万円、70歳以上の親族は老人扶養親族として48万円(同居の場合は58万円)の控除を受けることができるようになっています(所得税)。条件を満たしていればサラリーマンの場合、年末調整の書類に書くだけで受けられる控除ですので忘れないようにしましょう。

続きを読む

ライフプラン,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック,老後

それも保険で補償される!意外と知らない日常生活で利用できる火災保険(総合保険)

2017/09/14 更新

日常生活をしていていろいろな損害を被ることってあると思います。不注意や事故で家具や家電などを壊してしまったり、住まいの設備を壊してしまったということもあるでしょう。場合によっては他人をケガさせたり、他人の物を壊してしまい損害賠償の責任を負うこともあるかと思います。

そんなときは、自分が加入している保険を確認してみましょう。多くの方は実は上記で挙げた損害の大半は多少の自己負担があるとしても保険でカバーされていることが多いのです。

自分で損を被ったけど、後から考えたら保険で修理・対応できたのに!というケースは思った以上の多いはずですよ。今回はそんな日常生活のトラブルで利用可能な保険を紹介します。

続きを読む

保険のライフハック,火災保険・損害保険

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP