おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
保険のライフハック

保険の賢い利用方法

保険というものは私たちの生活を守るものである一方で家計における大きな支出となる「保険料」の支払いが必要となります。本当に必要な保険を利用して、不要な保険にはなるべく入らないというのが基本です。ここでは保険の賢い利用方法、活用方法、ちょっとお得な情報を発信していきます。

保険は解約率が高い?失効率の高さから見る保険で貯蓄・運用の難しさ

2019/08/22 更新

cancel老後のため、将来のためといったセールストークで個人年金保険や終身保険・養老保険などの営業を受けた経験がある方は多いのではないでしょうか?

確かに10年、20年と契約すればプラスになる上、預貯金などと比べ利回りもいい。保険会社が利回りを保証してくれるのだから、株や投資信託などよりも低リスク。そう考えて契約する方も多いようです。

しかしながら、長期の保険で途中解約のリスクがあります。それは生命保険の「失効率の高さ」を見るとかなりリスキーな運用であることが分かります。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金,生命保険

賃貸の火災保険は強制?必要?不要?更新する必要はあるの?

2019/08/21 更新

insurance賃貸住宅を借りると大抵の場合、火災保険への加入が義務付けられているはずです。この保険、賃貸住宅の場合には総合保険となっており、火災以外にも様々な事故が補償の対象となっています。

賃貸契約時には義務だからということで加入したけど、その後の契約更新のハガキが届いて、万単位の保険料を払うことに躊躇している方もいらっしゃるかもしれません。

今回は賃貸住宅に住んでいる方へ、そんな火災保険の補償内容や補償範囲、本当に更新する必要があるのか、ないのかについてまとめていきたいと思います。

続きを読む

不動産のライフハック,不動産の賃貸,保険のライフハック,火災保険・損害保険

自動車保険の事故あり係数と適用期間、自動車保険・車両保険節約の賢い考え方

2019/08/21 更新

car自動車保険の改正によって、自動車保険を使った場合に通常の等級ダウン以外にも「事故あり」等級が適用され割高な保険料がかかるようになりました。

この事故あり係数の導入によって、最高等級の人でも保険を使うと、翌年以降の保険料負担がかなり大きくなるようになりました。

今回はそんな自動車保険における「事故あり等級」の導入によって自動車保険をの使い方や補償内容について考えなければならいことをまとめていきたい思います。

続きを読む

保険のライフハック,自動車保険

来店型保険ショップの問題点と利用者が知っておくべき事実と活用方法

2019/08/21 更新

consultation日本全国のショッピングセンターや繁華街などで急速に増えている「来店型保険ショップ」。保険の相談ができ、中立的な立場でピッタリの保険を紹介することができるというのがウリです。急成長しているサービスですが、本当に利用者にとって最適な提案をしているのでしょうか?

今回は保険ショップを利用するメリット、デメリット、来店する前に知っておきたい来店型保険ショップのしくみを紹介します。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,医療保険,学資保険,生命保険

社会保険とは何か?会社員が加入する健康保険と年金制度をわかりやすく解説

2019/08/19 更新

statement新社会人の方も初給料をもらったことかと思います。その給料の控除項目の中に「社会保険料」という控除項目があって何万円ものお金が差し引かれていることに気付いた方も多いかと思います。

今回はこの社会保険とは一体どんなもので、なぜ給料から差し引かれるのか?そもそも、保険料となっているけど、どんな保険なのか?こうした謎を分かりやすく解説していきます。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金,節税・税金のライフハック

2014年~2016年にかけての年金制度の変更内容のまとめ

2019/08/19 更新

jn平成26年(2014年)の4月より年金機能強化法が施行され、厚生年金の受給等に関して改正が行われました。また、今後も平成27年10月、平成28年10月に多数の点が改正される予定となっています。

ここでは、今回そしてこれからの年金制度の変更について、主要かつ重要な部分の改正点、そのポイント、注意点などをまとめていきます。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

専業主婦なのに年金未納状態?手続き忘れなどを再確認

2019/08/19 更新

outstanding主婦(専業主婦)は社会保険においては「第3号被保険者」といって保険料を支払うことなく、国民年金を受けるとることができます。これは厚生年金(共済年金)被保険者の会社員(公務員)の配偶者が受けられる恩恵です。

配偶者の社会保険上の扶養に入っている状況(年収見込み130万円未満)であれば、第3号被保険者として国民年金保険料や健康保険料を支払う必要はありません。

ただ、時に注意したいのは、第3号被保険者だと思っていたら、そうじゃなかった……というケース。年金が未納状態だったり、健康保険料の追加の納付が必要になるケースもあります。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金

通勤や仕事で自転車を使うなら加入しておきたい自転車保険

2019/08/19 更新

bicycle最近、「自転車保険」という保険が脚光を浴びています。いわゆる「自動車保険」の自転車版のようなもので、自転車を利用している時の事故による怪我や相手への賠償等を保証するための損害保険です。

自転車事故による高額な賠償事例も出てきており、通勤・通学などで日常的に自転車を利用する方はぜひ活用しておきたい保険です。

なお、一部の自治体では自転車保険への加入を義務化する流れも出てきているようです。

今回はそんな自転車保険についてその特徴や加入するべきかどうかの必要性などについて紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック,火災保険・損害保険

社会保険の年収の壁に106万円の壁が登場。パートの働き方はどうするのがお得?

2019/08/19 更新

kabe2016年10月よりパートタイム労働者、アルバイトといった短時間労働者に対する厚生年金(社会保険)適用基準が緩和されました。パート主婦の社会保険の壁と言われていた年収130万円の壁とは別に、新たに106万円の壁と呼ばれるものが登場することになります。

現状は従業員501名超の大企業と申請した企業が対象となりますが、これによって、これまで社会保険に入りたくても入れなかった人たちがより入りやすくなります。

一方で配偶者や両親の扶養に入っている人などからすれば社会保険加入条件が緩和され、加入させられてしまうことで、かえって負担が増えるケースもあります。この記事では、主に働く側の目線から、社会保険の加入条件の緩和(106万円の壁)について紹介していきます。

続きを読む

仕事術,保険のライフハック,公的保険・年金

パート・アルバイトの社会保険。加入条件と入りたくない時の対応方法

2019/08/18 更新

jobパートやアルバイトとして働く中で「社会保険への加入の有無」というのは様々な影響がある要素です。社会保険というのは主に、厚生年金と健康保険の二つを指し、アルバイトやパートとして働く場合でも一定の条件を満たした場合、会社は加入させる義務があります。

保障が充実した社会保険に加入したいと考えているのに、なかなか会社が加入させてくれないというケースもあるでしょう。逆に、配偶者の扶養の関係上で入りたくない方など人それぞれかと思います。

今回はパートやアルバイトにおける社会保険加入の基本と、加入するべき人と加入するべきでない人の違い、加入しないで済む方法や、加入させてくれない会社に対する対応などをまとめます。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP